海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コールドケース4 第74話「熱帯魚」/Saving Sammy
2010年10月16日 (土) | 編集 |
2003年、クリーニング店を営むハリス夫妻が自宅付近の自家用車内で銃で撃たれて死亡した。3年後の今も犯人は見つかっておらず、夫妻の娘は里親の元、自閉症の息子ブレンドは養護施設に預けられていた。その養護施設で仕事をするジョセフは、ブレンドに事件のことを聞くとかならず数字の羅列を発することに気付いた。そこでリリーとスコットがブレンドと会うようにセッティングする・・・
ブレンドと会ったリリーとスコットは、ブレンドの発する数字が車のメーターであることに気づき未解決事件は新たな展開を見せることに・・・。

姉はブレンドは自宅に居たと証言しているがブレンドも両親と一緒に車内にいて事件を目撃したのか?
ブレンドをいじめるいじめっ子の犯行か?姉のいや、ブレンドの犯行だったのかと捜査は揺れ動いていたが、ブレンドの証言が決め手となり犯人逮捕となったわけだが・・・・。

犯人はなんと姉が当時付き合っていたボーイフレンド。BFの両親は不仲でブレンドを中心にとっても仲のいいハリス一家をとってもうらやましく思っていた。ハリス一家と過ごす時間が彼の心の安らぎのようでもあったようだ。そんなハリス家がブレンドの転校を賭けてプランBを実行するが失敗に終わり、一家で引越しをすることになってしまった。それに腹を立てた彼が夫妻を殺害。どうして・・・・。
すごくうまくいっていたんだから結婚の約束をして高校卒業して彼女を追いかけて一家の元へ行くとか、そんな余裕はなかったんだろうか・・・。
姉はずっと弟の犯行だと思ってかばっていたが、その事実が明らかになったことだけは明るい。
頑張ったねブレンド。「ヴァレンズ刑事は誇りに思うよ。」この言葉とってもよかった。そしてスコットも頑張ったよね。スコットにはつらい過去の出来事、あの亡くなったスコットの彼女との出会いがあったからブレンドと同じ目線に立ちブレンドのメッセージを読み取ることができたのでしょうか・・・。

エンディングはそれぞれの映像シーンとCOLDPLAYの曲「In My Place」で。
これがなんともしっくりぴったりでそれぞれみんなを包み込むような優しいクリスの歌声がなんともなたまんないくらい素敵でした。もともと好きな曲でしたが、こんな映像シーンと一緒に聞くともっともっと素敵な曲に思えるもので、数多くある曲の中からこれを使おうと選曲するお仕事の方って素晴らしい才能ですよね。尊敬します。
コールドケースのエンディングで流れる曲ってセリフもかぶってないし曲と映像だけで見せてくるんですから、ここでCOLDPLAYの曲が使われるとはものすごく嬉しい!!エンディングにCOLDPLAYの曲どんどん聞きたい。とにかくとっても嬉しかったです。久しぶりに記事を書いてみようと私を動かしたくらいですからね。
そして、このシーズンはまだまだこの後のストーリーでもCOLDPLAYの曲が使われているみたいなので観るのがとても楽しみです。

静寂の世界静寂の世界
(2002/08/12)
コールドプレイ

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。