海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:Dr.パルナサスの鏡/THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS
2010年02月05日 (金) | 編集 |
Dr.パルナサスの鏡 [DVD]Dr.パルナサスの鏡 [DVD]
(2010/07/02)
ヒース・レジャーコリン・ファレル

商品詳細を見る


監督・製作・脚本:テリー・ギリアム
出演:クリストファー・プラマー、ヒース・レジャー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル他


ギリアムワールド満載で大満足の作品でした。
もしかして「ドン・キ・ホーテ」の舞台セットやらもこっちに回った?完成してたらこんな感じに仕上がってたんじゃないのかしらって思ってしまうほど、ますます未完成のままの「ドン・キ・ホーテ」が見たくなってしまうほどの作品でした。
そして撮影途中で逝ってしまったヒース・レジャーの登場シーンが思っていたよりも多くてすごく嬉しかったです。
ヒースの登場はまだかまだかと思いながら見ていてやっとヒースの登場。首吊り男だ。
嬉しいやらこれがヒースの最後の作品になってしまったという悲しい複雑な思いが湧いてきた。そしてあっというまに3人の大俳優たちに入れ替わってしまうのではないかという不安やヒースの顔をしっかり脳裏に刻んでおきたいというあせりが交差していた。でもヒースの登場シーンは予想以上に多くて、これならトニー役をヒースひとりでこなした作品が完成していればどんなによかっただろうかという思いもしました。
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルというどなたも大俳優で好きな俳優さんたちなのにヒース・レジャーじゃないんですよね。かえってヒースの死が惜しくて惜しくて仕方なくなりました。
でも、こうしてギリアム&ヒース作品が完成し目にすることが出来たのも3人の大俳優さんたちのおかげなんですよね。3俳優さんの協力がなかったら、ギリアム作品またどうなる?ってことでしたものね。(笑)
ヒース、いい友達を持っていたものですね。よかった、よかった。もちろんジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルさんらが大俳優であるにもかかわらずあくまでもヒースの後を継いでの代役、自分のカラーを強く押し出さない演技あってのすばらしい完成作品となったことは間違いないでしょうね。だってジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルさんらが登場しても不思議と嬉しいなんて思わなかったですもの。どれだけヒースの雰囲気を出してくれてるってひたすらヒースの面影を追っていましたもの。

こんな風に書いていると私はヒース・レジャーの大ファンのように思われるかもしれませんが、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルさんらと好き度は同じ。たくさんいる好きな俳優さんのひとりと断っておきましょう。(笑)
まあでもこの作品でヒースを見るのを待ち望んでいたことには違いありません。ヒース作品の中でもやはり記憶の新しく強烈なキャラクターを演じた「ダークナイト」のジョーカー役、「ブロークバック・マウンテン」のジャック役がとっても気に入っているのもありますが、ヒース・レジャーのバイオグラフィー番組を見たことがかなり影響しているかもしれません。(ジョーカー役がすばらしかっただけに私には結構衝撃だった)ヒースは「ダークナイト」製作中、ほとんど眠れない状態だったこと。撮影外でもジョーカーのままだったこと。計り知れないほどの気力でジョーカー役に挑んでいたことがうかがえるののと同時にどれだけ張り詰めた気持ちでいたかもうかがえるものでした。そしてそんな精神状態のまま次なるこの作品に挑んでいたこと。そしてこの作品撮影中もほとんど眠れない状態だったこと。そして撮影休暇に自宅に戻り風邪薬を飲んでベットに横たわりそのまま帰らぬ人となってしまったこと。そしてまたヒースはプライベートでも家族と静かに暮らせる所に移りたいと思っていたことなどなど、ってな内容だったと思います。
俳優として頑張れば頑張るほどプライベートも侵害され、常に張り詰めた精神状態で心休まる暇さえなく、そして疲れきった体を休めるためにベットで眠りそのまま永遠の眠りについてしまったのであればほんとうにヒースがかわいそうでなりません。あれだけすばらしい演技を見せてくれるヒースがこんな状態だったなんて・・・・・。ハリウッドスターに付き物の自殺説や薬中毒説などいろんな憶測がありましたが、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルさんらとの友情を見る限りではヒースはいい奴だったと思ってもいいのではないかと思うのでした。28年という年月を全速力で生き抜いたと。(LAのワーナーブラザーズスタジオに展示してあるヒースが実際に着たジョーカーの衣装。何枚もあるうちの一枚なんだろうけれどもすごく貴重なものを見てきたようでいい想い出になりました)
そんなヒースへの想い&ユニークギリアム作品ですからね、見るの楽しみにしていましたよ。もう一度劇場で見たい、DVDが出たらもう1回でも2回でも見たいと思える満足な作品でした。

で、ストーリーの方は・・・
昔パルナサス博士と悪魔の交わした契約、「不死」の代償として博士の娘が16歳の誕生日を迎えると悪魔に差し出すというもの。娘ヴァレンティナの16歳の誕生日が迫ったある日、悪魔は再び博士の前に姿を現しゲームを仕掛けてくる。これまでも馬車引きのへんてこ劇場で博士の能力を生かしてユニークな見世物をしてきたのだが、子供たちを救う慈善団体のお金を汚してしまったトニーという男が加わり、客をまか不思議な鏡の世界へ導き、彼らの想像の世界を体験させ欲望に滅びるか理性の道を進むかってな天国か地獄を選ばせるもので勝負するのだが・・・・。5人先に・・・。ヴァレンティナを救うためにトニーは最後の5人目となるのだが・・・。


鏡の中の世界、これってディズニーワールドならぬギリアムワールド全開だ。うわ~、この舞台セットってすごくお金掛かってるだろうなぁって思いながらもギリアムの夢の世界へ招待されたようでとっても楽しかった。あの悪魔の顔の気球、ジュードが歩いていた長~い、長~い竹馬ってドンキのを再利用したのって思えたけれども?ドンキの撮影はもう完全になくなったのかしら?


最後の最後のおまけ。トニーの携帯の着信音。ヒースがどこかで生きているような心地よい響きでした。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
私はヒース・レジャーは「ロック・ユー!」でファンになりました!!
可愛くてかっこよくて。
あの映画そのものも大好きです。
そのあとも彼はいろんな映画に出演しましたね。
あの若さで演技派で、見るたび感心されられました。
でもはにかんだようなあの笑顔のヒース・レジャーがやっぱりいいな~~♪
「恋のからさわぎ」の高校生のヒースは最高でした。

「パルナサス~」は監督の情熱と、彼を慕ういい友達のお陰で見ることができました。
みんなに感謝感謝ですね・・
2010/02/14(Sun) 18:39 | URL  | anan #ncVW9ZjY[ 編集]
ananさん、こんにちは!
>「ロック・ユー!」でファンになりました
いいですよね、この作品。私もやっと感想書きましたです。からさわぎの方も次にでも感想書くつもりです。「チョコレート」もいいですよ~。
とにかくヒースの一番の魅力はあの笑顔ですよね。その笑顔がもう見れないと思うととても悲しいです。

>「パルナサス~」は監督の情熱
コメディアンである監督はいつも明るさを失わないところがすばらしいところですよね。よい作品が出来上がってホッとしましたです。(笑)

2010/02/15(Mon) 18:08 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。