海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリズン ブレイク4 第10話「レジェンド」/The Legend
2009年10月19日 (月) | 編集 |
やっぱりベリックは・・・・・・・・。
マイケルの体調は・・・・・。スクレが・・・・。

プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX1 <初回生産限定版>プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX1 <初回生産限定版>
(2009/06/03)
ウェントワース・ミラードミニク・パーセル

商品詳細を見る
出会いはフォックスリバーのみんな。結構長い付き合いだったものだから今では大事な仲間のひとりとなっていたベリック。ちょいと癒し系キャラに成長していたそんなベリックが生きていることをわずかでも期待していたのだがやはりダメだった。(涙)
みんなは悲しみにくれていた。そんな時セルフがみんなに悲しんでばかりいないで作業を続けるように、そしてベリックの遺体は目立たないように取り扱うなんて言うから話が違うとスクレがキレてセルフに飛び掛る。それを止めに入ったのが息子のことで決着をつけ冷静に戻ったマホーン。手厚く葬れとセルフに一喝。やっぱり最近のチームはマホーンがいないとダメだ。マイケルはというと病気のせいか感情控えめなのだ。ってことでスクレらがベリックの遺品をまとめている間にマイケルとセルフはグレッチェンに会い残りのページをもらいに行きました。
ベリックは看守時代に警官になりたくって採用試験を何度も受けていたんですね。変装用に盗んだ警官服の時のバッチを頂いていました。囚人相手だからちょっとワル看守って雰囲気でしたが、あの最後の勇気は実は正義感の表れだったのでしょうね。涙・涙・涙・・・・。そんなベリックと一番関わりが長くよく知っていたのがスクレだったのですね。フォックスリバーでは看守と囚人と言う関係でしたが、SONAでは囚人同士、そしてティーバッグが火をつけ暴動のきっかけつくり、大混乱で踏みつけられて下敷きになってしまったスクレに手を差し伸べて助けてくれたのがベリックだったんですね。これはベリックの寂しがりやで甘えん坊の性格に心細さが手伝って(ベリックはティーバッグのように一匹で生きていけるタイプじゃない)知っている顔のスクレに手を差し伸べたんでしょうが、スクレにとっては命の恩人ですよね。こうして2人は寄り添ってSONAから脱出し、ベリックママの手助けで赤ん坊に会いに行って御用っとなってしまったのですね。出会いは看守と囚人でしたが、SONAを出てからはすっかり2人の間には絆が生まれていたんですね。
でもさ~、誰のせいでスクレはSONAに入ったんでしたっけ!!マイケルですよね。脱獄したマイケルはというと逃亡者と言う身でサラの復讐目的でウィスラーとグレチェンを追いかけていたんですよね。スクレのことほおっておいて。ひどいじゃないかマイケル!


グレッチェンから残りのページを頂いたマイケルは図面を完成させ隠されたメッセージを見つけた。それはビルの設計者デイヴィッド・ベイカーに会えと言うものだった。マイケルが会いに向かおうとするのだが倒れて病院行きとなってしまい代わりにマホーンが向かった。ベイカーはマホーンになかなか心を許してくれないでいた。そんな時スキュラの移動に戸惑った組織にもベイカーが必要になっていてお迎えの男達がやってきてしまった。何も聞きだすことが出来ず退散するしかなくなったマホーンにベイカー夫人が救いの手を差し伸べてくれた。鳥の本に書かれた記号の解説を書いた紙を渡してくれたのだった。

マホーンがベイカーを訪ねている間に、兄ちゃんとスクレはゲート社の地下通路で進める所まで進んでみたのだが、スクレが仕掛けられていた地雷を踏んでしまい身動きできなくなってしまった。偽ファイファーのオフィスにいたグレッチェンが地雷の解除に臨んでいたがマホーンがベイカーのところから持ち帰った解説によるとその地雷を解除すると警報機が鳴る仕掛けになっていることがわかり、地下で携帯も通じずマホーンが走って駆けつけ危機一髪のところで食い止めた。なんでスクレはこんな目ばかり遭うの!スクレはすごくマイケルを信頼しきっているいるようですが、痛い目に遭うのはスクレが多くないっすか!?

そしてマイケルはというと病院で検査を受け、先天性の腫瘍が大きくなってきていて切除の必要があると診断されました。病院で結果待ちをしていたところ警官が誰かを探しに来ていてヤパイと思ったマイケルは担当医を押し切り病院を抜け出してしまいました。ところで担当医はマイケルのこと知っているってLAの警官達より素晴らしいじゃないですか。
マイケルは明日にでも手術が必要な状態らしいとわかったのですが、スキュラ計画はいったいどうなるんでしょうか??


偽コール・ファイファーを続けるティーバッグは見事なトークでお仕事も順調。上司やお客様は満足だったようですが、ティーバッグのベリックへの追悼の言葉(自分とベリックを置き換えたり、作り話でしたが)のようでしたね。あれだけの話しをとっさにスラスラ自信たっぷり話せるティーバッグにはいつもながら脱帽ですが、あの涙も演技だったのでしょうか?う~ん、演技半分、本気半分ってことにしておきましょう。ティーバッグがベリックをふとっちょとあだ名で呼ぶ相手だったわけですからね。
そしてなんと受付ねえちゃんはセルフの仲間の捜査官だということがわかりました。なんか弱そうだし軽い感じの姉ちゃんだけに全然捜査官には見えなかったのでちょっとビックリ!コールがゲート社に来る1週間前に派遣会社から来たばかりの受付嬢だったわけですが、セルフはこのゲート社がスキュラに繋がる何かだと掴んでいたってことですか??マイケルらがこの計画を進めてから何日もたっていないだろうし、ティーバッグに再会して初めてマイケルはゲート社を知ったわけだしね。セルフはマイケルらに何か隠してる??


今日の出来事、次なる計画を話し合っていた頃、セルフがベリックの遺体と共にやってきた。
ベリックは棺に納められ静かに眠っていた。マホーンは警官バッチを棺に納め、みんなは最後のお別れをした。スクレはベリックママに悲しいお知らせをするのだった。ベリック、さようなら。

ところであの水道管の水漏れは大丈夫なんでしょうか?
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
ベリックのこと、本当に残念でしたよね。最初のうちはかなり、
長い間嫌いなキャラのひとりだったのですが、いつの間にか、
情が育って、今ではお気に入りキャラのひとりだったので、
本当に寂しいです。でも新入りローランドと違って、
死んだあともちゃんと棺に入って出てきたので、
棺おけは安物でも扱いはましだったと言うところでしょうか。

>痛い目に遭うのはスクレが多くないっすか
確かに…。この前のゲイと思われた番人の妻のときだけが、
唯一いい思いをしたときだと思います。でもスクレは、
何しろ根がいいヤツなので、きっとまた同じことが…。
次の犠牲がスクレでないことを祈っています。
2009/10/19(Mon) 19:39 | URL  | Anne #s9q1IrwY[ 編集]
Anneさん、こんにちは!
ベリック、嫌いキャラ→お気に入りキャラへ変わったですか!それは素晴らしい!Anneさんに愛されキャラに成長して最後を迎えるなんてベリックはきっと安らかな眠りについたことでしょう。
私はどちらでもなかったですが、やっぱりPBには欠かせないキャラでしたのでいなくなると寂しいです。PBで唯一嫌いなキャラはウィスラーかしら?あとの人はみなさん好きキャラってとこかな。(笑)

セルフのことだからGPSもハサミでチョキッと切れるケチったもののようでしたし、棺おけもケチったのでしょうね。

スクレはいい奴だけにかわいそうでなりません。だってもともとフォックスリバーに入っていた罪だってティー様と比べ物にならないくらいですものね。ティー様と比較すること自体間違っていますがね。(笑)
2009/10/19(Mon) 20:34 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
こんなところでどんどんべリックが英雄化されるとは、S1のころだった想像も付きませんでした。確かにあの囚人たちのおかげでさんざん苦労させられてお気の毒ではありましたが、ずっと刑務所にいてもあっさり囚人に刺されてしまうことだってありえるし、波乱万丈、でも思い出深い人生を送れたんじゃないかな?スクレを始めみんなに愛されてることもわかりましたから。

マイケルの病気、タイミング悪すぎ。
そしてどんどんマホーンが頼りになる存在になっています。そろそろマイケルの座を明け渡しでしょうか??
2009/10/19(Mon) 20:42 | URL  | Garoto #-[ 編集]
Garotoさん、こんにちは!
>あっさり囚人に刺されてしまうことだってありえる
それはありえますね。そう考えるとベリックの人生は後半はとても刺激的で充実していたかもしれませんね。それぞれの思い出シーン(ティー様までもが)まで入ってPBとは思えないしみじみした1話でしたね。

>マイケルの座
マホーンに渡すとあと2話位で完結してしまいそう。(笑)
しかしウィスラーの用意した図面は本当にスキュラへの近道だったのでしょうか?ウィスラーにどんな計画があったのか不思議でなりません。メンタルドクターやってないで一緒に苦労してほしいです。
TBありがとうございました。
2009/10/20(Tue) 08:50 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
立場は関係なく、絆の生まれる場所、フォックスリバー(笑)。
助けてもらって二人で逃げてきたスクレの気持ちはわかりますが、マイケル始め、ほかのみなさんは少々情に流されすぎでは…?思い出が美しすぎやしませんか?(笑)
私たちは、とんとんと進んで見えるスキュラ奪取計画が実は同志心を育む場だったのでしょうか?
でもそれだとローランドが浮かばれないので、やはり鍵はフォックスリバーですね。
>担当医はマイケルのこと知っているってLAの警官達より素晴らしい
なので、このドクターの診断は信じられるような気がしますね。
2009/10/21(Wed) 10:07 | URL  | カクテキ #4zcyvZFY[ 編集]
カクテキさん、こんにちは!
>思い出が美しすぎ
確かに!
あのティーバッグでさえですものね。
フォックスリバーの絆ってすごいんですね。どうりでローランドが疎外感を感じるはずです。2人の死についてもこれだけ扱いが違うんですからね。

あのドクターなら話せばわかってもらえそうなのでとりあえず現場はマホーンに任せて手術を優先した方がマイケルにとってはよさそうですよね。今のままでは反って足手まといになりかねないですからね。
TBありがとうございました。
2009/10/21(Wed) 11:17 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
マイケルの体調悪化は、元々視床下部にあったと思われる腫瘍が大きくなり始めたからだとか。 ドクターはできるだけ早く、明日にでも手術をしたほうがいいとすすめるが、スキュラの移動も明日に迫っている。さあ、どうする、マイケル? やっぱり脳腫瘍なのね。 サラの女...
2009/10/21(Wed) 10:14:35 |  ささくれた日々
なんとまあ人騒がせなお話なんでしょう。 簡単にスキュラが入手できないのは重々承知ですが それにしても、こんなにあれこれややこしくしな...
2009/10/19(Mon) 20:43:29 |  ドラマ日記 Pt.2
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。