海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴェロニカ・マーズ2 第32話「陪審員ヴェロニカ」
2009年08月26日 (水) | 編集 |
ヴェロニカ・マーズ 〈セカンド・シーズン〉 コレクターズ・ボックス1 [DVD]ヴェロニカ・マーズ 〈セカンド・シーズン〉 コレクターズ・ボックス1 [DVD]
(2009/09/16)
クリスティン・ベルエンリコ・コラントーニ

商品詳細を見る


今回もいろいろありましたね。
メグの様子を見ようと病室に入ったヴェロニカはメグのお腹にビックリ!ってところで前回終わりましたが、ダンカンはメグの妊娠のこと知りながらヴェロニカには内緒にしていたんですね。まあ言いづらいのはわかるけれども、二人の仲はギクシャク。そんな時メグが目を覚ましたと聞き二人で病室に忍び込む。メグは赤ん坊は両親にとっても厳しい施設に入れられること、そして自分にもしものことがあった時は赤ん坊を守って欲しいとヴェロニカに頼むのだった。
ヴェロニカにとっては気が重い一日が終わろうとしていたが、さらに陪審員義務の通知を受け取るという一日で終わった。
どうやらヴェロニカの住んでいる州では18歳で陪審員の義務があるんですね。普通の女子高生よりもはるかにしっかりしたヴェロニカですが、陪審員の中では一番若いにもかかわらず仕切り屋おじさんに陪審員長を押し付けられてしまう。でも日ごろの探偵業が役に立ち見事に委員長をやり抜きました。パパのちょっとした助けもありましたがさすがヴェロニカでした。


パパの方は保安官事務所からリリー殺害事件の裁判で証拠となるアーロンとリリーの映像が入ったビデオが盗まれてしまい、元保安官のパパに探偵としてではなく正式に捜査の依頼が。テープは警備万全の場所に保管されていたにもかかわらず盗まれると言う事態から事務所の人間から調べ始め意外な人物が・・・・。
ローガンも疑われるが、彼は逆に犯人から手に入れてしまい中身を見てしまう。観終わったローガンの目には涙が。父親と彼女とのこんなシーンはただでさえ傷ついているローガンにとっては辛すぎたのだろう。証拠のテープを消し去ってしまう。


ヴェロニカとパパにとって大変な週を過ごしたクリスマス休暇だったが、おまけにメグが亡くなるという大変ショックな年末を迎えていたヴェロニカの前にウォレスが現れた。全然連絡をくれなかったウォレスだったがヴェロニカの想いが通じたのか戻ってきてくれたようだ。ひとつだけでもいいことがあったヴェロニカだった。ウォレスとヴェロニカは姉弟AND親友のように年始を迎える姿が素敵に終わった。

っと今回はホッとするエンディングだったが、次回はダンカンが赤ん坊誘拐?ヴェロニカも容疑者?っとまたまたとんでもないことになりそうだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。