海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:帰らない日々/RESERVATION ROAD
2009年07月27日 (月) | 編集 |
帰らない日々 [DVD]帰らない日々 [DVD]
(2009/01/21)
ホアキン・フェニックスジェニファー・コネリー

商品詳細を見る


監督:テリー・ジョージ
出演:ホアキン・フェニックス、ジェニファー・コネリー、マーク・ラファロ他
小さな田舎町に住む大学教授のイーサン・ラーナー(ホアキン・フェニックス)は、美しい妻と2人の愛らしい子供達にも恵まれ幸せな日々を送っていた。
家族で息子ジョシュの屋外演奏会に出かけた帰り妹のエマがトイレに行きたいと言い出し、車をパーキングに止めた。その間にジュシュは捕まえた蛍を逃がしてあげようと植え込みの側にいた。

ドワイトは妻と離婚し週末だけを息子と過ごす日々を送っていた。息子と野球観戦に出かけた帰り、妻から約束の時間が過ぎているとうるさく電話が入っていたので帰りを急いでいた。運転中にも携帯電話が鳴り、一瞬携帯に目をやりわき見運転。そして対向車と衝突しそうになりハンドルを切る。だが車は植え込みの側にいたジョシュをはねてしまう。一瞬車を止めようとしたドワイトだったがそのまま逃げてしまった。

ジョシュはその場で即死。ラーナー一家の幸せな日々は一転してしまう。ひき逃げ事件として警察が捜査に乗り出したが、捜査はあまり進展せずイーサンは独自に弁護士を雇うことにした。弁護士事務所を訪れ担当の弁護士となった男は・・・・・・。





小さな町で起きた事故だったってこともあるのか、被害者家族と加害者家族の関わりに驚きを隠せない。そしてひき逃げ犯が明るみに出た後のこの2家族の衝撃の大きさが想像できそうだ。
息子の復讐をしようとした父イーサンに、犯人が言った言葉。その言葉を聞いてイーサンは去る。最愛の息子の命に値する罪とは・・・・。たった10年の刑期で済むと言うのだろうか・・・・。
あの子に会いたいと玄関前で泣き崩れるイーサンの姿が痛々しいラストだった。

今回のホアキン・フェニックスは大学教授という役柄なので今までとイメージが違いました。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。