海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BONES #16「地下の住民たち」
2006年10月22日 (日) | 編集 |
BONES ―骨は語る― DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版)BONES ―骨は語る― DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版)
(2008/04/25)
ジョナサン・アダムズミカエラ・コンリン

商品詳細を見る


ウィスコンシン通り・大聖堂の近くにある未使用の地下水路に続く坑道をワイヤーで降りていくブースとブレナンとザック。地下18メートル。地下は迷路になっているので現場に辿り着くにはこれが一番の近道とか。

現場に着いた3人が見たものは。死体に群がるたくさんのネズミ。それを追い払うためにブレナンがブースの銃借りてぶっ放す。
銃を使う度に報告書を書かなければならないと言うブース。そりゃそうでしょ。それもそうだけれどブレナンに貸すより自分でやりなよブース君。

死体は、落下の衝撃でバラバラ。女性で、膝から下が折れており、脊椎は圧迫骨折。ネズミは数日前から群がっている様子。靴と上着がない。

現場でブレナンは人影を見つけ後を追うが、暗闇で追うなとブースに止められる。
膝骨折の固定ピンから身元が判明。マーニー・ハンター、24歳。ドキュメント映画の監督。婚約者が捜索願を出していた。死後10日ほどたっており、ちょうど捜索願が出た頃と一致。足から12メートル落下頚骨が砕けていた。頭部の外傷は落下とは無関係のよう。通気シャフトを落ちる時に出来た外傷なのか?それとも死んでから投げ落とされたのか?

 先ずは捜索願を出した婚約者を事情聴取。彼は、彼女は没頭すると家に帰らないこともしばしば、そして「熱中すると時間はすぐ過ぎる」が口癖だったと言う。この数ヶ月は地下トンネルの撮影をしていたと言う。撮影も音響も1人でこなしスタッフはいなかったと言う。本人は出演しないと言う。
そして彼女の撮ったフィルムを観ていてブレナンが地下で見かけた男が映っているのを発見、そして一緒にいるの金髪の女性は保護施設で働くソーシャルワーカーのヘレンだと言う。

 さっそくヘレンに地下都市の市長ハロルド(フィルムに映っていた男)のところまで案内してもらう。マーニーは地下都市の住人達とうまくやっていた様子。彼に質問しているとブースはマーニーのビデオカメラや衣類が入った箱を発見。服には血がついている。で、FBIに連行することに。
 彼は元軍人で軍人時代のことが原因で罪を感じホームレスになってしまったようだ。
数日姿を現さないマーニーを心配して様子を見に行ったらネズミが群がっていたと言う。殺していないが自分が渡した贈り物のせいで彼女は死ぬことになっったと言う。彼女に警告したのにと・・・。取調室が耐えられなくって出て行こうとしてブースを殴って拘束。

 市長のハロルドがマーニーにプレゼントしたと思われる物を復元すると1778年陸運省が建造した貯蔵庫の印章であることが分かった。文字の意味は“宝”文化遺産保護のために造られた貯蔵庫、1900年初頭土石流で埋まってしまった貯蔵庫の可能性が出てきた。通貨・金塊・絵画・リンカーンの演説草稿まであるらしい。盗まれる前に早く見つけ出さなければいけないという所長。ジャックに一旦仕事つき返したが、それが分かったとたん大発見だと興奮気味。

 ブース&ブレナンはハロルドにマーニーに渡したプレゼントのことを聞き出そうとするが、ハロルドはマーニーは金髪女の領域に踏み込んだと言う。境界線まで案内するように言うが、彼は同じ過ちはゴメンだと言って案内を拒否。ハロルドが言う金髪女とはソーシャルワーカーのヘレンなのか?
ヘレンから話を聞くと撮影を断ったこと、そしてクライミングの二人のコーチが関わっていたことが分かった。
次にそのクライミングのコーチ二人から話を聞くとことに。しかし彼らは技術を教えたが地下のトンネルには行ったことがないと言う。一人はマーニーと親しかったと言う。しかし、婚約者がいるので別れたと。この二人なんだか怪しい。
今度は婚約者にマーニーの浮気のことを聞くが、彼は知っていて式も中止にしたが殺してないと言う。

 調べが進み、マーニーは別の古いトンネルで先のとがった物で頭部を殴られシャフトから突き落とされ殺されたことが分かってきた。

 真相が掴めないブース達は、やはりハロルドに境界線まで案内してもらうように説得。境界線を超えて調べると古い人骨を発見する。研究所に持ち帰って詳しく調べると南北戦争の時に北軍工兵隊のものと分かった。

 ブースとブレナンは編集前のテープ調べる。するとクライミングの二人のコーチも映っていた。地下に行ったことはないっと言っていたのはこれで嘘だと判明。すでに二人は姿を消していた。マーニーと宝の奪い合いで殺害に至ったのか?

 アンジェラは、ハロルドから金髪女の情報を聞き出し似顔絵を作成。出来上がった絵はヘンリー・レイバーンの絵。現存するものは少なく1793年の作品「エレノア・アーカート」で1862年に紛失、20万ドルの価値があるものらしい。ハロルドはこの絵をあの貯蔵庫で観た模様。

 アンジェラの3Dで地下トンネルを再現。こんなにたくさんの地下トンネルがあるとはちょっとビックリ。該当するトンネルに向かったブースとブレナン。またここでも銃ちょうだいのブレナン。仕方なく護身用だよと一つ渡すブース。するとなにやら音がする。応援を待たないで二人で踏み込む。するとあのクライミングのコーチ二人が宝を物色中。
やはり二人がマーニーを殺したのかと思ったが、デュークが殺し死体を捨てたことが分かった。
 ハロルドは釈放されもとの地下都市へと戻っていった。
所長は、お宝発見に大喜び・・・。


兵士としてお国のために働いてきたはずなのに心に大きな傷を残して地下の生活が罪滅ぼしだと思っているハロルドはなんとも悲しい。今回はブースが彼の良き理解者であった。ブースも口にしたくないほどの辛い兵士時代を過ごしているようだ。いずれその辺が少しずつ明らかになっていくのだろうか?
ジャックは、所長にガツンと一発言われていますから、お仕事頼むのちょっと気まずそうでした。

コメント
この記事へのコメント
毎回ケースはさまざまでバリエーションがありますよね。地下に住むハロルドの苦しみを知って、驚きました。同じ軍人でも、辞めてからの生き方は
人それぞれ違うのですね。ブースにも何かあるみたいで、やはり私も気になります。ブレナンは地下でもキックが健在です。(笑)
TBさせていただきました。
2006/10/23(Mon) 01:14 | URL  | josetangel #mQop/nM.[ 編集]
軍人
josetangelさん、こんにちは!
軍人の経験は、経験したことのない人には絶対にわかりっこないくらい辛い経験なんでしょうね。ブースもブレナンに本当に聞く気があるならってマジな顔でしたしね。
ブレナンは仕事で忙しい中いつ体を鍛えているのでしょうかね?
TBありがとうございました。
2006/10/23(Mon) 08:26 | URL  | りり・か #-[ 編集]
マーニー。
こんばんは♪
ブレナンは彼女の気持ちがわかると話していましたが、
そのマーニーが結局、お宝に行ってしまったのは残念でしたよね…。
相変わらず、ブースとブレナンの銃ネタは面白いです(笑)
TBさせて頂きます。
2006/10/23(Mon) 22:52 | URL  | suubi #53A0b1AQ[ 編集]
同士
suubiさん、こんばんは!
マーニーと自分は似ていると思うブレナンをアンジェラが心配していましたね。彼女は死んだと・・・。
きっとお宝を見つけて本来の意思がぐらぐらと・・・。
ブレナンにはおもちゃの銃で十分かも?
2006/10/23(Mon) 23:02 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『BONES』 第16話 “地下の住民たち”地下水路の中で腐乱死体が発見され、冒頭はブース、ブレナン、ザックがロープで地下へ降下中…。ブースは意外に元気そうですね。遺体に集まっているネズミを銃で追い払うブレナン。
2006/10/23(Mon) 22:58:58 |  海外ドラマにハマる!
先週に引き続き、今週もエンジェル色の強いエピでニヤニヤでした。クモの巣だらけの暗いトンネルに立つDBはもう、ツボツボ!ゲストで被害者の夫フィル役で出ていたのは、やはりエンジェルでひょうきんなデーモン「スキップ」を演じていたDavid Denmanでした。あれだけのヘ..
2006/10/23(Mon) 01:03:42 |  Not Fade Away - ANGEL News
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。