海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ザ・シーカー 光の六つのしるし/THE SEEKER: THE DARK IS RISING
2009年06月11日 (木) | 編集 |
ザ・シーカー 光の六つのしるし [DVD]ザ・シーカー 光の六つのしるし [DVD]
(2008/08/02)
アレクサンダー・ルドウィグイアン・マクシェーン

商品詳細を見る


監督:デヴィッド・L・カニンガム
出演:イアン・マクシューン、クリストファー・エクルストン、アレクサンダー・ルドウィグ他

1000年前、光と闇の戦いで光が勝利し地球を救った。たが闇は消滅していなかった。そして今、闇はまた力を強め闇の世界で支配しようとしていた。
そして、14歳のウィルには光の最後の古老としての任務が待っていた。彼は選ばれし者、光の6つのしるしを探すシーカーだ。

光の力を奪われないように6つのしるしを異なった場所に隠したウィルの先祖。それを見つけ出し力を強める闇と対決するのがウィルに与えられた使命だ。


この作品が第1作目だからこんなものかもしれないが、ややスケールが小さかったような気もしなくもない。赤ん坊の時に闇にさらわれ封じ込められていたウィルの双子の兄トムを救い、闇を封じ込めた今回のウィルの戦いでしたがこれで終わったわけではない。せっかく7兄弟と妹一人の8人兄弟妹なのだから、ナルニア国のようにそれぞれに使命があっても良いような感じもある。おまけにご先祖からの血筋なんですから、このスタントン家全員がなんらか絡んでいてほしい。その辺は2作目以降に期待できるのだろうか?
闇のライダー、クリストファー・エクルストンさんも楽しみたいし次に期待したい作品。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
ちょっと期待はずれでした。
原作のシリーズ(スーザン・クーパー作)に一時期狂っていたので、楽しみにしていたのですが…ゲームぽい感じがしてちょっとがっかり。役者は豪華なのに(ドラマでお目にかかる人がわんさか!)もったいない使われ方。
とりあえず原作本を揃えておこうかなという気にはなりました。
2009/06/13(Sat) 10:41 | URL  | atsumi #Xlf.8pIU[ 編集]
Re: ちょっと期待はずれでした。
atsumiさん、こんにちは!
光と闇というスケールの大きな闘いの割りにはこじんまりとしていたように思いました。1作目だからでしょうか?たくさん出演者いるし、物語的には面白い要素を含んでいるのでもったいないないですね。2作目となるともう少し期待していいかしら?
本で読むほうが空想膨らんでおもしろいかもしれませんね。
2009/06/13(Sat) 17:43 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。