海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリズン ブレイク #3「協力者」/Cell Test
2006年10月22日 (日) | 編集 |
前回の続き、マイケルの足の指をアブルッチ達の拷問で切り落とされるかどうかってシーンからスタート。
ひょえ~、やっぱり切り落としてしまったです。左足小指と薬指ですよね。冒頭から強烈シーン。ある意味「24」より強烈かもしれない。ジャック・バウアーは、死んで生き返らせられたりとか薬中とかいろいろ大変な目に遭ってはいるもの、絶対死なないよなって思ってみてしまうし、指を切り落とされるってなことは今のところない。マイケルは3話目ですでに、足の指が・・・。ああっ、このままマイケルの計画は続行できるのか?生きて塀の外へ兄と共に脱出できるのだろうか?刑務所と言う極悪人ぞろいの中、次から次へとこんな恐ろしいことが待ち受けているのか?

プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1 プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1
ウェントワース・ミラー (2006/06/16)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る
 マイケルは、足の指を切り落とされてしまい、看守達が気づいた時にはすでに遅かった。マイケルをアブルッチに手渡す手引きをした看守長もこんなことまでするとは思っていなかった様子。アブルッチは、「話をするつもりがちょっとばかりエスカレートしてしまって・・・」なんて言い訳しているが、最初っからそのつもりでしょう、まったく。
 マイケルは、医務室に運ばれ治療を受ける。痛みで涙を流すマイケル、しかし医師には何があったか絶対に言わない。医師は、看守長に何があったか説明するようにつめ寄るが、彼は「床に置きっぱなしになっていた植木バサミを踏んだ」なんて言い訳。これには自分も絡んでいるから困るものね。「もう解決した」で済ませて終わり。
 しかし、治療も回復のシーンもすごく吹っ飛ばして進んでいるって感じ。これって序の口ってこと?今後もこんなこといっぱいありってことなのかしら?
 少し回復し、庭仕事をしながら兄リンカーンと話すマイケル。兄はマイケルが消されてしまうと心配する。しかし、マイケルはあんなことがあってもめげていない。トップフライトチャーターの親会社はアブルッチの架空会社。アブルッチを引き入れ、そして計画段階では分からなかった鍵を握る男スクレを引き入れることを兄に話す。兄は、スクレに話すと皆に伝わるという。そこでマイケルはスクレを引き入れるためにあるテストをすることに・・・。

 スクレは、懲罰房に入れられてから恋人と連絡が取れなくなってしまってイライラ気味。

 ティーバックは、暴動の末、彼女を失ってしまいマイケルに更なる嫌悪感を募らせ凶器を調達している。

 リンカーンの息子LJは、父、それに叔父のマイケルまで刑務所に入ってちょっと荒れ気味。麻薬を売ろうとして逮捕。弁護士?orカウンセラー?の女性に刑務所に毎週行って更生プログラムを受けるように言われる。プログラムで話す相手は父親。リンカーンのことを父親と思いたくなく毛嫌いしていたLJだが、話すうちに少しずつ心が通うようになってきたよう。そして、リンカーンは最後に日に立ち会って欲しいと頼む。(LJの母親役を「NIP/TUCK」のジーナが)

 ベロニカは、リンカーンの真相に一番近い情報を持っていると思われる女性ルティシアに会いに行き、オフィスまで来てもらい証言を取り、彼女が身を隠すために空港まで送る約束をした。しかし、証言をタイプする合間に彼女は姿を消し、代わりにシークレットサービスの人間が現れた。これは彼女をさらう時間稼ぎ。シークレットサービスの人間にさらわれた彼女の運命は・・・。
 シークレットサービスの二人にさらわれたルティシアは人里離れた場所まで連れて行かれ殺害されてしまう。一瞬の隙を見て逃げようとする彼女。「お願い、助けて」の言葉に一瞬迷う一人のシークレットサービスの男。しかし、脇からもう1人のシークレットサービスの男が撃ち殺してしまった。(ここでちょっと予断だが、先日見た映画「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」ではシークレットサービスは銃を向けたら迷うことなく向けた相手を撃ち殺すように訓練されているっといっていた。それが大統領を守るシークレットサービスの使命だから。でも、ここで彼はルティシアを撃つかどうか迷いがある。っということは大統領を守ることとは関係ないところでなにやら恐ろしいことが政府内でひそかに行われそれをリンカーンの仕業としようとすしているってことなのか?)
 また、ベロニカの婚約者は彼女に愛想をつかして去ってしまうことに。
ベロニカが思っているよりは恐ろしいことが起きているって事を早く彼女気づくといいけれど・・・。

 マイケルは、スクレを引き込むために計画を実行。作業中にスクレの目の前で携帯電話を隠す。そして兄リンカーンが看守長に休み時間を増やすこととタバコと引き換えにスクレが携帯電話を隠しているとチクル。
 さっそく、看守長はスクレに夫婦面会と引き換えに携帯電話のありかを吐くように言う。しかし、スクレは夫婦面会を捨てて携帯電話のありかを吐かなかった。そこで、マイケルの仕掛けたテストは合格。そして、スクレを引き込もうとするマイケルだが、彼は16ヶ月でシャバに出られるのにそんな計画に乗るのはゴメンだという。そしてスクレが房を移ってしまう。そして、マイケルの新しい同居人として精神科から移って来たヘイワイヤー。夜作業するつもりが彼は眠らない男。足の怪我やスクレを引き込めなかったことで3日の遅れをとってしまっているマイケルの計画は、更に遅れをとりそう。

 フィリーがアブルッチを面会。早くヒバナッチの情報を引き出すようにせかす。フィリーの「ガキに吐かせたのか」との問いにアルブッチは、小さな箱を手渡す。その中身はどうやらマイケルの切り落とした足の指のよう。なかなか情報を聞き出せないフィリーは、アブルッチに「肉体的苦痛より、他の手を使え」という。そして、アブルッチの娘達まで連れてきてアブルッチに圧力をかける。

 ティーバックとアブルッチが協力してまたマイケルに災難到来かっと思いきや、アルブッチはティーバックをやり込めた。そしてヒバナッチの情報を引き出すためにフィリーが言っていた別の手を使ってマイケルに近づいてきた。やっと、マイケルの計画に乗りかかって来たアルブッチ。何とかヒバナッチの情報を引き出そうとするアブルッチだがここではIQの高いマイケルの勝ち。「気まぐれなあんたにまだ情報を明かすほど信用していない」と逃げきる。


なかなか計画通りに進まないマイケルの計画。本当に彼は兄を救い出すことが出来るのか?そして、ベロニカにも危険は迫るのか?そして計画段階では気づかなかった鍵を握る男スクレは、もう抜きで計画を進めるのか?はらはらドキドキの展開。マイケルの次なる危機は?
 
コメント
この記事へのコメント
ひゃ~びっくり。
あんなに簡単に指を切り落としてしまうなんて。血だらけのシーンが気持ち悪い。マイケルも汗びっしょりで痛々しい。
ルティシアを襲ったシークレットサービスの2人は怪しいですよ。もっと訓練されて洗礼されているはずなのに。やっぱり何かの裏組織では?と思います。
またマイケルの相棒に難解男が来てドキドキの展開が続きますね。
2006/10/23(Mon) 19:20 | URL  | モリー #-[ 編集]
ビックリですよね
モリーさん、こんばんは!
3話目にして強烈シーンにちょっとビックリでしたね。今後も心して見なければいけないようですね。
シークレットサービスは偽者ですかね?口元しか映っていない黒幕の女性ってもしかしてファーストレディ?そしてあのシークレットサービスの二人はファーストレディ付きの人達だったりして?そうなるとちょっと怖すぎるし違うかな?
マイケルの房に変なやつ移ってきましたね。
TBありがとうございました。
2006/10/23(Mon) 19:54 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
新スタートレック(TNG)でスペシャルゲストだったあの人がプリズン・ブレイクにサブレギュラーとして出演していてビックリ。でも、かなり風貌が変わっていて気がつかづでした。IMDbを調べていて発見。
2006/10/23(Mon) 18:54:33 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。