海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/CHARLIE WILSON'S WAR
2009年05月27日 (水) | 編集 |
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー [DVD]チャーリー・ウィルソンズ・ウォー [DVD]
(2008/10/24)
トム・ハンクスジュリア・ロバーツ

商品詳細を見る


監督:マイク・ニコルズ
製作:トム・ハンクス他
出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス他

テキサスの下院議員チャーリー・ウィルソンは、ある日、友人でもある富豪の女性からアフガニスタンを救って欲しいと頼まれる。あまり気乗りはしなかったもののさっそくアフガニスタンを訪問したチャーリーが見たものは・・・・・。
アメリカに戻った彼はすぐさまCIAのアフガニスタン担当者?の協力を得ながら秘密作戦を開始する。

ソ連軍のアフガニスタン侵攻を食い止めるにはヘリを撃退するのが一番と武器を供給。そして見事にソ連軍の侵攻を食い止めたのだが・・・・・・。


映画のCMではコメディ色の作品と紹介されていたので、どうコメディっぽく描くのだろうと思っていましたが、やはりそれほどコメディって感じではありませんでした。
この戦争においてはチャールズ・ウィルソン氏が重要な役割を果たしたと描かれているのですが、皮肉にもその後をひねくった言葉で締めくくっていたのがとても印象的でした。
武器を与えてしまったのはアメリカ・・・・、復興支援にこれまで以上に力を注いでいれば・・・・。


フィリップ・シーモア・ホフマンさんが出演しているってのでちょっと楽しみにしていたのですが、いつもと全然違うイメージでなんだか驚いてしまった。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。