海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミッション・インポッシブル3/ 『M:i:3』
2006年07月23日 (日) | 編集 |
M:i:IIIM:i:III
(2007/06/22)
トム・クルーズ

商品詳細を見る


アメリカのテレビドラマ「スパイ大作戦」の映画化作品「ミッション・インポッシブル」の第3弾。シリーズ最高傑作と言われる。監督にはアメリカテレビドラマ「エイリアス」・「LOST」などで脚本・演出・監督を手掛けるJ・J・エイブラムスが。
「エイリアス」を気に入ったトム・クルーズが今回の作品の監督に彼を大抜擢した。どうやらドラマ「エイリアス」のファンにとってはこの作品は「エイリアス」を連想させられるようなシーンが多いとか・・・?なら、面白いに違いない!!

監督:J・J・エイブラムス
出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント役)
   :フィリップ・シーモア・ホフマン(オーウェン・デイヴィアン役)
   :ヴィング・レイムス(ルーサー・スティッケル役)
   :ローレンス・フィッシュバーン(ブラッセル役)
   :マギー・Q(ゼーン役)
   :ジョナサン・リス=マイヤーズ(デクラン役)
   :ミシェル・モナハン(ジュリア・ハント役)etc

~ストーリー~
 スクリーンは、いきなり銃声のような音とイーサンのうめき声で始まる。目の前でフィアンセのジュリアに銃を突きつけられて、デイヴィアンに尋問されるイーサン。そしてイーサンの頭には爆弾を仕掛けたと言う。「ラビットフット」のありかを吐けと。だが吐かないイーサンの前で銃声が。フィアンセが撃ち殺されたのか?ここで、シーンが変わる・・・。

 イーサンとジュリアの婚約披露パーティーが行なわれている。そこへ一本の電話が鳴る。その電話はイーサン宛であった。氷を買いに行くという口実で、電話の詳しい情報を得るためにパーティーを抜け出したイーサン。情報の受け渡しはコンビニ。そして、さらに詳しい情報はなんと使い捨てカメラに・・・。
 現役を引退し教官になったイーサンに課せられたミッションは、1番の教え子リンジーをデイヴィアンの元から救出することであった。自分がスパイであったことを隠していたイーサンはジュリアに出張だと嘘を言ってリンジーを救出することに・・・。チームワークでうまくリンジーを救出しヘリで脱出することに。しかしリンジーの頭の中には爆弾が仕掛けられていた。敵のヘリの攻撃をかわすヘリの中で何とかリンジーの頭の中に埋め込まれた爆弾の爆破を食い止めようとするイーサンであったが・・・。っと教え子リンジー救出作戦からストーリーは始まった。
 次なる作戦は、デイヴィアン誘拐と「ラビットフット」の回収のためにバチカンに向かうことだった。(この作戦の前にイーサンとジュリアは簡単な結婚式を挙げ夫婦に)バチカンでの作戦はみごと成功した。しかし、捕虜デイヴィアンを護送中に襲撃に遭う。(CMで流れている橋の上でのすごいアクションシーンがこれ)
 自由の身になったデイヴィアンとイーサンの立場が逆転してしまう。そう、妻ジュリアがデイヴィアンにさらわれてしまうのだ。イーサンは妻ジュリアを助け出すためにデイヴィアンの指示に従うことに。そしてストーリーの冒頭のシーンへ。イーサンは妻ジュリアを助け出すことが出来るのだろうか・・・?

後はご自分の目で・・・
~感想~
 海外ドラマ「LOST」・「エイリアス」の監督であるJ・J・エイブラムスがこの映画の監督であるということですご~く、すご~く観たい映画でした。この映画の感想を短い言葉で表すとしたら「ミッション・インポッシブル」のシリーズだなってことかしら?1作目に近いようなエイブラムスの映画のようなって感じでしょうか?3作品を観て1番面白かったのは私的には1作目のような気が・・・。もちろん、3作品のなかで1番アクションがすごかったのは確かですが・・・。どうも「エイリアス」をずっと見てきた私にとってはなんだか「エイリアス」でのシーンが重なってしまってストーリーの3分の2ぐらいまでこの映画って「エイリアス」の映画版みたいって思ってしまって。変装マスクがでてきたあたりや、いったい誰が裏切り者って所ら辺りや上海のアパートでの作戦会議辺りでなんとか「ミッション・インポッシブル」らしく思えてきた感じでした。教え子リンジー救出作戦は、どうもこの間「エイリアス3」でやっていた第52話「シドニーの弱点」でのシドニーのパパとヴォーンとスローン達のシドニー救出作戦と重なってしまって・・・。もちろん、映画の方が派手なアクションで迫力はあったのですが。それからバチカンでの潜入シーンでゼーンがコンパクトでデイヴィアンの顔の画像を撮るシーンは「エイリアス」でのシドニーとダブってしまって。この人(上海を走るイーサンを電話でナビしていた人)はマーシャル的存在で、そしてローレンス・フィッシュバーンはディクソンでなんて感じで観てしまって。ローレンス・フィッシュバーンは特に「地獄の黙示録」での水から顔を出すシーンが私の脳裏に焼きついてしまっていて「マトリックス」のようにサングラスをかけていてくれればよかったのですが・・・。1作目はジョン・ボイドやジャン・レノと俳優人もよかったかな。もちろんこの作品もDVDが出たらゆっくりもう一度観てみたい映画ですがね。きっと「エイリアス」をまだ見たことのない人は、この映画を観て「エイリアス」を観たくるような作品だと思う。

 ところで、イーサンがパーティーを抜け出してコンビにで情報を得るシーンは、たしか「セブンイレブン」だったように思うのですが、And使い捨てカメラは日本のマーケットを意識してのことでしょうか?
 それから、婚約パーティーでのシーンで「エイリアス」のワイス役(グレッグ・グランバーグ)が出演していたではないですか。いやぁ、「セブンイレブン」とワイスにはびっくりしたな。いやー、ワイスが冒頭に出てきたおかげもあって私の頭の中は「エイリアス」とごちゃごちゃになってしまったのかもしれない・・・。
 それからイーサンのデイヴィアンを飛行機で尋問するシーンは「24」のジャック・バウアーを思わせるほどの異常振りだったなあ。
 それから、疑問点は「ラビット・フット」はいったいなんだったのか次回作につながるのでしょうか?もう一つの疑問は上海の3つのビルを振り子の原理を使ってのイーサンのアクションシーンは何か意味があったのでしょうか?アクションシーンを見せるためだったのでしょうか?
 それから、辛口評価になってしまいますが、最後のシーンはちょっとものたりなかったかな。せめて、ハネムーンでビーチで楽しむ二人で終わって欲しかったかな。それと、デイヴィアンの終わり方はちょっとあっけなかったな。でもでも、全体的には楽しめましたよ。
J・J・エイブラムス、映画初監督おめでとう!!
ってなところが映画を観た私の勝手な感想です。



PS.私が見に行った日はレディースでにもかかわらず男性の方が多かったのが印象的でしたね。このシリーズは、やはり男性ファンが多いのですね。終わり。

J・J・エイブラムスってどんな人って思う人は・・・・・。
監督のことちょこっとだけ・・・

本名:Jeffrey Jacob Abrams
生年月日:1966年6月27日
出身地:アメリカ ニューヨーク 

映画大ヒット作「アルマゲドン」や「ロード・キラー」の脚本やテレビドラマ人気シリーズの「エイリアス」・「LOST」の製作・脚本・監督を務める。両作品ともエミー賞・ゴールデングローブ賞を受賞。「LOST」では監督賞も受賞している。そんな彼の活躍がトム・クルーズの目に留まり、「エイリアス」の人間味あるストーリー作りを気に入ったトム・クルーズに映画「ミッション・インポッシブル3 『M:i:3』」の監督に大抜擢され、映画監督デビューを果たした。今回の作品は前回まで見られなかったイーサンの人間模様も描かれた作品になっている。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
おーJJ
過去の記事にお邪魔します。

いやホント売れっ子って感じですね。撮り方がスマートでしつこくないんですよね。
ただ僕は「エイリアス」よりは「24」の雰囲気をかなり感じました。やっぱり時代ですかね。

TBさせていただきました。前回「デッド・ゾーン」の記事もTBさせていただいたんですが届かなかったのかどうか確認が出来ないんですけど、もしご迷惑でしたら申し訳ないです。
2007/02/03(Sat) 05:06 | URL  | たかが #-[ 編集]
JJワールド
たかがさん、こんにちは!
JJの映画作品、娯楽バンサイで楽しめましたね。言われて見れば「24」色も含くまれていましたよね。私は丁度「エイリアス3」を視聴中の鑑賞だったので頭の中がもう派手なアクションがプラスされた「トムさん版エイリアス」でした。

「デッド・ゾーン」の記事のTB届いていないみたいです。時々、FC2or回線orプロバイダーなのかよくわかりませんがTB送っていただいたの届かなかったり、ネットワーク障害みたいなので私自身が自分のブログにアクセスできなくなってしまったりすることがあります。ご迷惑お掛けしますが、もしよろしければお暇な時でも結構ですので再度送って見ていただけますでしょうか。
2007/02/04(Sun) 12:19 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。