海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:あるスキャンダルの覚え書き/NOTES ON A SCANDAL
2009年05月18日 (月) | 編集 |
あるスキャンダルの覚え書き [DVD]あるスキャンダルの覚え書き [DVD]
(2008/09/17)
ジュディ・デンチケイト・ブランシェット

商品詳細を見る


監督:リチャード・エアー
出演:ジョディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ他
ロンドン郊外のおもに労働階級の子どもたちが通う学校に勤めるベテラン教師のバーバラ。バーバラは同僚らも距離を起きたいちょっととっつきにくい存在。
そんな頃、美術の新任教師としてシーバが赴任してきた。バーバラは美しく、男子生徒からも注目の的のシーバに注目する。そしてシーバを観察し日記に書き綴っていく。
ある日、バーバラがシーバのことで喧嘩する男子生徒らを仲裁してくれた。そのことがきっかけでシーラとバーバラは親しく付き合うようになっていく。友達も恋人も家族もいない孤独な初老のバーバラにとってはシーバの存在は大切なものだった。だが、ある日シーバと15歳の教え子の情事を目撃してしまったバーバラは大変なショックを受ける。シーバを呼び出し話しを聞くうちにバーバラはこれはシーバの弱みを握る大きなチャンスと思い始めたのだ。秘密を握っていればシーバは自分のもの。そんなシーバとバーバラの関係に。

バーバラが可愛がっていた猫を安楽死させなければならない日が来てしまった。バーバラはシーバに遺体の引き取りに付き添って欲しいと懇願するが、シーバは息子の始めての発表会に家族揃って観に行くところだったので断る。だが、そんなシーバがバーバラは許せなかった。
たまたまバーバラの自宅を訪ねてきたシーバに好意を寄せる男性教諭にシーバの秘密をそれとなく暴露した。秘密は瞬く間に広がりシーバは窮地に追い込まれてしまう。そんなシーバを優しくかばうバーバラに見えるのだが・・・・・。

そしてシーバを失ったバーバラは次のターゲットを見つけた。



老教師バーバラ目線でストーリーは進んでいくのだが、これがいくつになっても女だわって思わせるほどのジェラシーたっぷり怖い女を見せてくれました。
一見対照的な女性に見えましたが、二人とも心に満たされない孤独を感じていたのでしょう。それゆえに親しくなっっていったのだが、バーバラは独占欲が強すぎる。そして二人の関係は崩れてしまった。束縛心が強すぎるバーバラ。次の彼女を見つけたようですが、また同じことを繰り返してしまうのだろうか・・・・。


テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。