海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ニコラス・ケイジのウェザーマン/The Weather Man
2009年05月17日 (日) | 編集 |
ニコラス・ケイジのウェザーマン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ニコラス・ケイジのウェザーマン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2006/06/23)
ニコラス・ケイジマイケル・ケイン

商品詳細を見る


監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ケイン他
地方局のお天気キャスターのデイヴ(ニコラス・ケイジ)
デイヴの父親(マイケル・ケイン)は有名作家、妻とは「タルタルソース」?が発端で離婚。デイヴの娘と息子もそれぞれ問題を抱えていた。妻との関係を修復し息子や娘との関係も一生懸命築こうとするが上手く行かないデイヴ。父親からも天気予報士の資格も持っていないのにお天気キャスターに就いているなんてちょっと嫌味なこと言われたり。TVに出ている有名人ゆえにいいこともあるが、デイヴが通りを歩けばシェイクやホットパイが投げつけられる。
そんな自分を父親はダメ息子と思っているだろうと日々うかない表情のデイヴ。父親に認められ家族と新しい一歩を始めるためにデイヴはニューヨークの全国ネット番組「ハローアメリカ」のお天気キャスターになろうと応募する。

そんな頃、父親は検査の結果あと数ヶ月の命であると知らされる。生前葬でのデイヴのスピーチも停電と言うハプニングで中途半端で終わる。父親に自分の成功した姿を見せられずに終わるのか・・・・・。
だが、多くの応募者の中からデイヴが採用された。妻にニューヨークでもう一度やり直そうと話すが、すでに妻には新しい恋人がいて結婚するつもりだというのだ。
なにもかもが上手く行くわけではなく落ち込むデイヴに、父親は親にとって子どもはいつまでたっても可愛いもの。人生なんてクソだ!捨てなきゃいけないものいっぱいってなことを話す。


仕事では成功したものの、父親もこの世を去り、家族を取り戻すことが出来なかったデイヴだった。


立派な父親を持つ息子ゆえの悩みを抱え、今回のニックは一生懸命なのに冴えない男役。妻もそんなデイヴに日々うんざりしていたのかタルタルソースが発端で離婚。ちょっと可哀想な気がしたが、あれだけ忘れずに買ってきてねと頼まれていたのに忘れてしまった原因を見るとちょっと笑える。男の人って突然別のこと考えてしまうんですね。(笑)
そして上手くいっていないように見えてデイヴの息子は父親デイヴのことが大好きで尊敬している。これデイヴと父親ロバートの関係も同じ。
人生なんて上手くいくことばかりじゃない。切捨て割り切らなければならないことだってある。親の子を思う気持ち。そんなごく普通の人生をお天気キャスターデイヴを通して見ることが出来ました。
ストーリーはユーモア含め淡々と進んでいく。私のお気に入りはなぜだかホテルの窓に浮かぶスポンジ・ボブとスーツ姿にロビン・フッドを思わせるニックの姿かしら?(笑)
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。