海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:西の魔女が死んだ
2009年05月20日 (水) | 編集 |
西の魔女が死んだ [DVD]西の魔女が死んだ [DVD]
(2008/11/21)
サチ・パーカー高橋真悠

商品詳細を見る


西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る

中学に進学してすぐ、まいは学校に行くのが辛くなった。母親にその気持ちを伝えるとすんなりと受け入れてくれてしばらく学校をお休みすることになった。そして母親の実家、まいのおばあちゃんの家でおばあちゃんと2人でしばらく過ごすことになった。おばあちゃんはイギリス人で日本人で理科の教師をしていたおじいちゃんと出会い結婚、そしてママが生まれまいがここにいる。今はおじいちゃんは亡くなりおばあちゃん一人で田舎暮らしをしていた。

おばあちゃんとまいの田舎暮らしが始まった。大好きなおばあちゃんと周りに広がる自然はまいの疲れた心を癒してくれた。順調順調。まいの心に突き刺す棘などなにもない。

ある日、おばあちゃんは魔女の家系だと聞いたまいは、自分も魔女の素質があるかもしれないと思いおばあちゃんの言う魔女修行を始めた。それはいたって当たり前に規則正しく毎日を過ごすことだった。まいは魔女修行や、裏山の憩いの場所を見つけ心を開き始めた。そしてここに来ることになった経緯をおばあちゃんに話し始めた。それは女の子の付き合い方の複雑さ。大人数で遊ぶ男の子と違って女の子の付き合いは難しい。そんな女の子の世界にまいは疲れてしまったのだった。おばあちゃんに素直に気持ちを吐き出したまいはその後も順調に回復を見せる。

だがそんなまいにとって隣家の住人ゲンジは最初の出会いから受け入れがたい存在だった。
ある朝ニワトリが殺されてしまい、それは隣家のゲンジの仕業だと疑いを抱きおばあちゃんに訴える。だがおばあちゃんはそんな気持ちを持ってはいけないという。順調に回復を見せていたまいにとっては相当なショックな出来事だった。ショックで落ち込み死について悩むまい。そんな彼女をおばあちゃんの言葉は暖かく包み込む。

そしてとうとうパパとママとの暮らしに戻ることを決心するのだった。だがある日、裏山のまいの憩いの場所近くでゲンジが土を掘っていた。まいはそんなゲンジを許せない。自分の心に土足で踏み込まれたような気持ちになりおばあちゃんに激しく訴える。だがおばあちゃんはまいの口から出た言葉に驚き頬をぶつ。このことにわだかまりを持ったまま、まいはおばあちゃんの家を去って2年が過ぎた。

学校には普通に通えるようになっていたまいに訃報が届いた。急いでママとおばあちゃんの家に向かった。おばあちゃんは亡くなっていて、あのゲンジがいろいろ世話をしてくれていた。
そしておばあちゃんからまいに約束のメッセージが残されていた・・・・・。



揺れ動き今にも壊れそうな思春期の女の子の気持ちをうまく表現した作品でした。まいの学校へ行けなくなった気持ちを聞いてドキッとした人がどれだけいたことでしょう。まいのようにこの年頃に生きることや死について考えた人はどれだけいたことでしょう。
まいの気持ちを責めたり突き詰めたりせずにすんなり受け入れ見守った両親やおばあちゃんはとても立派でした。心が疲れてしまった時はあせらず休憩する時間と場所はとても大切。
あれから2年が過ぎたまい、まだまだ成長過程だろうがおばあちゃんの家で過ごした日々、そしておばあちゃんからのメッセージは生きていく糧となることでしょう。そしていつしかゲンジを受け入れる強い心に成長することでしょう。

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。