海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:魔法にかけられて/ENCHANTED
2009年05月07日 (木) | 編集 |
魔法にかけられて [Blu-ray]魔法にかけられて [Blu-ray]
(2008/07/18)
エイミー・アダムスパトリック・デンプシー

商品詳細を見る


出演:スーザン・サランドン、エイミー・アダムス、ジェームズ・マースデン、パトリック・デンプシー他
おとぎ話の魔法の国、アンダレーシアの森に住むジゼル。彼女は素敵な人との出会いを夢見て森の動物達と楽しく暮らししていた。
ある日、ジゼルはエドワード王子と出会い、一瞬で恋に堕ちて結婚することになった。心うきうき結婚式のため真っ白なドレスに身を包んで城を訪れたジゼル。だが城の庭で老婆に出会い、願い事がかなう泉があるといわれその場所に向かった。その老婆は実はナリッサ女王だった。ジゼルとエドワード王子の結婚により女王の座を奪われると考えたナリッサ女王の策略だった。願い事をしているジゼルを泉に突き落としアンダレーシアから追放した。そしてジゼルがたどり着いたのは現実の世界、現代のニューヨーク。とまどうジゼルは弁護士ロバート親子に助けられるのだが・・・・。

ジゼルを助けるためにエドワード王子とジゼルの親友のシマリスも現実の世界へやってきた。そして王子とジゼルが出会うのを妨げるために女王の家来も送られた。だがマヌケな家来のおかげで王子とジゼルは現実の世界で再会を果たしてしまう。役立たずの家来ではどうしようもなくなりナリッサ女王までもが現実の世界ニューヨークにやってきた。
そしてとうとうジゼルに毒りんご食べさせたナリッサ女王だったが・・・・・。



なんと物語と現実の世界を繋ぐのはマンホール。これには笑える。そして物語の中ではエドワード王子とジゼルは出会って一瞬で恋に落ち結婚を決めてしまう。これまたちょっと笑えてしまう。とにかく現実の世界に突然現れた物語の中の登場人物たちがくりなす可笑しな行動(当人らはいたって普通のつもり)までもが面白くって笑える。
そしてセントラルパークでのジゼルの歌って踊るシーンは、まるでディズニーのパレードを見ているようで、しっかりディズニーの世界に浸れる。
ジゼルの親友リス君もとっても可愛くって、笑えて夢見て十分にディズニーファンタジーの世界へ連れてってくれる楽しい作品でした。
でもね、私的にはおとぎの国の人はおとぎの国へ帰って幸せに暮らしましたってラストがよかったかなぁ。だってハンサムなジェームズ・マースデン扮する王子が迎えに来てくれたのですよ。そのほうがとってもロマンチックな気がするんですけれどもね。相手が入れ替わっちゃうってのはなぁ・・・・。っとちょっぴり思っちゃった。シェパード先生(グレイズ・アナトミーの)がジゼルの運命の人だったなんて・・・・・。まあこれも現代風のラブストーリーっということなんでしょうかね。(笑)
そうそう、スーザン・サランドンさんの女王(魔女)も素敵でした。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
面白い作品でしたね。
公開当時、ディズニーがディズニーをパロディにしてしまうなんてホントに驚きました。自分が一番気に入っているところは現実世界で動物たちが部屋の掃除をするシーンです。劇場で大笑いしてしまいました。結構ブラックなんですけど(笑)
2009/05/08(Fri) 10:23 | URL  | HAN #lFDqzLvk[ 編集]
HANさん、こんにちは!
見る前は子供向けだろうしこんなに面白い作品だとは思わなかったです。十分大人でも楽しめる作品でしたね。ディズニーのいろんな物語が含まれていて、尚且つありえないところがいいですね。(笑)

>現実世界で動物たちが部屋の掃除をするシーン
ゴキブリ?ですよね。あれって。そして鳩にネズミ。ぎゃ~、でしたよ。でもジゼルはいたって普通。それが可笑しかったですね。
笑いあり夢ありで素敵な作品でした。
2009/05/08(Fri) 11:59 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。