海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ブラッド・ワーク/BLOOD WORK
2009年05月05日 (火) | 編集 |
ブラッド・ワーク 特別版 [DVD]ブラッド・ワーク 特別版 [DVD]
(2009/04/22)
クリント・イーストウッドジェフ・ダニエルズ

商品詳細を見る


監督・製作:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド、ジェフ・ダニエルズ、ティナ・リフォード、ディラン・ウォルシュ、ポール・ロドリゲス、グレン・モシャワー他

クリント・イーストウッドさんが監督・製作・主演をこなすサスペンスストーリー。
そしてまたまた監督・製作・主演の「グラン・トリノ」が楽しみ・・・・。
連続殺人鬼コード・キラーの犯行と思われる犯行現場で犯人らしき男を見つけ追跡するFBI犯罪心理分析官のマッケイレブ。だが追跡中に心臓発作を起して倒れてしまった。犯人は一旦マッケイレブの様子を見に戻るがそのまま逃走。
それから2年後、退職したマッケイレブは心臓移植を受けてクルーザーで隠居生活を送るつもりだった。そんな彼を一人の女性が訪ねてきた。1枚の写真を見せて、“あなたの心臓は妹のものだった・・・・・・”と、そして妹を殺害した犯人を捜して欲しいと語る。一旦断ったマッケイレブだったが、心臓をくれた女性への感謝の気持ちから再び単独で捜査を始めるのだった。
そして見えてきた犯人は・・・・・・。

LAPDの担当刑事らはいったい何を捜査しているのか?っと思えるほど元FBI犯罪心理分析官マッケイレブの着眼点の素晴らしさ。
2件の連続殺人事件を追ううちにあのコード・キラーを名乗る犯人に繋がりが。そして意外な人物が犯人だった。

2件の殺人事件が同一犯による犯行で、被害者にどんな共通点があるのかを追う元FBI捜査官の勘と着眼点。次第にストーリーにのめりこみマッケイレブと共に謎を追っている。さすがクリント・イーストウッド作品って感じ。そして心臓移植を受けたばかり&老体にやや無理感も漂うがさらりとロマンスまで盛り込んだのは、やはり現役に戻った精神力を強調するために必要な部分であったと解釈することに。
しかし、この2件の殺人事件の犯人の目的を知ったマッケイレブは心臓が止まる思いだったことだろう。犯人は注目を浴びて追われるスリルに酔いしれる人物。そのために・・・・。


口の悪いアラゴン刑事を強調するかのように相棒のウォーラー刑事役のディラン・ウォルシュさんの台詞の少なかったこと。(笑)
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。