海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:こわれゆく世界の中で/breaking and Entering
2009年04月30日 (木) | 編集 |
こわれゆく世界の中で [DVD]こわれゆく世界の中で [DVD]
(2007/09/19)
ジュード・ロウ.ジュリエット・ビノシュ.ロビン・ライト・ペン.マーティン・フリーマン.レイ・ウィンストン.ヴェラ・ファーミガ.ラフィ・ガヴロン.ポピー・ロジャース.ジュリエット・スティーヴンソン

商品詳細を見る


監督:アンソニー・ミンゲラ
出演:ジュード・ロウ、ロビン・ライト・ペン、ジュリエット・ピノシュ、ヴェラ・ファーミガ他
ウィルとリヴは結婚はしていないが7年もの間同棲生活を送っているので夫婦同然。そしてリヴの連れ子ビーはちょっと問題を抱えた子。そんな2人に最近は冷たい空気が流れていた。

ウィルは建築家で都市再開発のプロジェクトに取り組んでいた。その彼の事務所で立て続けに窃盗事件が起こった。そして張り込みをしていたウィルは侵入しようとしている少年を見つけ後を追い、彼の家を突き止める。だがウィルは警察に通報するのではなく奇妙な行動に出るのだった。それは少年の母親に近づくことだ。

終盤までウィルの行動が理解できなかったが、彼は愛を捜し求めていたんですね。ビーはリヴの連れ子。リヴの目はいつもビーに向いていたのでしょう。そんな心の隙間を埋めるかのように外に愛を求めてウィルは少年の母親アミラに惹かれていったようだ。
リヴも自分を支えてくれるウィルの確かな愛、結婚を望んでいたのでしょう。
ちょっと「こわれゆく世界の中で」ってタイトルは大げさな気もしなくはないが、今にもこわれそうな愛、壁にぶち当たって乗り越え2人はよき夫婦となるのでしょうか・・・・。それとも・・・・・・。

娼婦役で登場のヴェラ・ファーミガさん、とってもいい味だしていましたね。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。