海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:シルク/SILK
2009年04月26日 (日) | 編集 |
シルク スペシャル・エディション [DVD]シルク スペシャル・エディション [DVD]
(2008/05/23)
マイケル・ピットキーラ・ナイトレイ

商品詳細を見る


Silk (Movie Tie-in Edition) (Vintage International)Silk (Movie Tie-in Edition) (Vintage International)
(2007/08/28)
Alessandro Baricco

商品詳細を見る


監督:フランソワ・ジラール
出演:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、中谷美紀他
1860年フランス。エルヴェは帰還しエレーヌと結婚し幸せな時を過ごしていた。そんな頃、村の製糸工場は蚕の疫病が発生し、新しい蚕の卵が必要となった。エルヴェに兵として再び戦地に向かう代わりに最高の絹糸を吐く蚕の卵を求めて日本へ向かって欲しいと言う話が来た。
エルヴェは妻エレーヌを残し危険な使命に就いた。無事日本にたどり着いたエルヴェは異国の国の美しい女性と出会う。蚕の卵を買い付け無事フランスの妻の元に戻ったエルヴェだったがあの美しい女性のことが頭から離れないでいた。
再び日本へ卵を買い付けに向かったが、あの女性には会うことができなかった。それだけでない。持ち帰った卵は腐敗し使い物にならなかった。そしてその村の製糸工場は閉鎖となってしまった。
エルヴェはあの女性の想いを断ち切り、妻エレーヌと向き合っていこうとした矢先にエレーヌは病に倒れ亡くなってしまう。

一人残されてたエルヴェは日本語で書かれた恋文、それを書いた本当の人を知ることになるのだった。


あれだけの恋文をあの時代の日本女性が、そしてあの状況で異国から来た男性にそれだけ惹かれるのだろうかという思いで見ていましたがやはりそうでした。
エレーヌは異国の国から帰ってきた夫エルヴェの様子から、すぐに彼の思いに気づいたのでしょうね。これこそ女の勘ってやつですかね。エレーヌの夫への深い想い、エレーヌを亡くした今、エルヴェの悲しみは尚深いものとなったことでしょう・・・・・。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。