海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ハンティング・パーティ CIAの陰謀/THE HUNTING PARTY
2009年04月18日 (土) | 編集 |
ハンティング・パーティ -CIAの陰謀- [DVD]ハンティング・パーティ -CIAの陰謀- [DVD]
(2008/10/24)
リチャード・ギアテレンス・ハワード

商品詳細を見る


監督:リチャード・シェパード
出演:リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ジェシー・アイゼンバーグ他
雑誌に掲載された記事を基にして描いた作品。
ボスニア紛争の賞金がかかった大物戦犯フォックスを追う、アメリカ人ジャーナリストのサイモン、カメラマンのダック、そして新米のベンの3人。彼らは何を見たのか・・・・・。

途中、ダックがベンに報道されている内容と真実とは違いがあるってなことを言っていました、すごく印象深い言葉でした。
そしてなぜに「CIAの陰謀」という邦題がくっついているのか後半まで不思議でしたが、なんとな~くわかったような気がしました。
CIAも、国際司法裁判所、国連、NATOでさえ捕まえることが出来ない大物戦犯を3人は2日で後一歩のところまで迫ったっという事実。そして3人の救出に来たCIAの人が言っていたCIAのグレーゾンって。ふふ~ん、これは何か裏で諸事情がありそっと考えてしまう。
エンディングではこれらの国際機関をひねくったようなこと内容が軽快な曲と一緒に流れる。
う~ん・・・・・・。

そして私はラブストーリーのリチャード・ギアさんよりもこの作品のようにワイルドなギアさんのほうがやっぱり好きですね。リチャード・ギアさんとブルース・ウィリスさんの「ジャッカル」は面白かったしね。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。