海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:最高の人生の見つけ方/The bucket List
2009年04月16日 (木) | 編集 |
最高の人生の見つけ方 [Blu-ray]最高の人生の見つけ方 [Blu-ray]
(2010/04/21)
ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマン

商品詳細を見る
最高の人生の見つけ方 [DVD]最高の人生の見つけ方 [DVD]
(2008/09/25)
ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマン

商品詳細を見る


監督:ロブ・ライナー
出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ロブ・モロー他
一代で富を築き上げた男エドワード(ジャック・ニコルソン)と家族ためにやりたいこともあきらめまじめに働いてきた男カーター(モーガン・フリーマン)が癌を患って同じ病院に入院。彼らはエドワードの病院ということにもかかわらず同室となる。なぜにこの対照的な二人が同室になったかは・・・・・。

そして二人そろって余命6ヶ月から1年と医師から宣告されてしまう。

学生時代に教わった棺おけリスト(バケットリスト)を書き出してみるカーター。それをきっかけにエドワードはそのリストに二人でしたいことを追加。
金は十分にあるというエドワードの誘いを受けて、カーターは妻の反対も跳ね除け二人で旅に出ることを決意する。
まったく違う人生を生きてきた二人の男が、旅を通して得たものは・・・・・・。


愛する家族のために45年もがむしゃらに働き続けたカーターにとってその旅は、再び大切なものを気付かせてくれるものへとなった。そしてエドワードにとっては富を得るために犠牲にしてきたものの大切さを気付かせてくれるものとなった。
そして二人にとってもお互いがとても大切な存在へとなっていた。


癌の本人への告知。これはまだまだ迷うものがある。この作品の二人のようにうまくいけばいいけれども・・・。
まあそれを脇においておいて、旅というものは人にいろんなことを気付かせてくれるものだと私は思う。二人で旅した時間はエドワードにとってもカーターにとっても人生の最高の時間であったには違いないだろう。

傲慢でわがまま放題の男エドワードの秘書トマス。こんな男にいやな顔一つ見せないまっすぐな秘書トマスの存在もとても大きなものだった。この作品のラストでトマスがリストの最後を代わりに実行。なんて優しい、忠実な秘書だったのだろう。このラストのシーンが私は一番好きだ。トーマスが灰皿代わりに使っていたあのコーヒーの缶が二つ並んでいる。中身はもちろん・・・・。
あの世で二人はこの世で過ごしたそれぞれの人生を振り返って時には大笑いし、時には喧嘩し語り合っていることだろう・・・・・。

「NUMBERS~天才数学者の事件ファイル」のエップスFBI捜査官(ドン兄ちゃん)=ロブ・モローさんがこの作品ではエドワード(ジャック・ニコルソン)の担当医師として登場。ジャック・ニコルソンの担当医師って緊張しただろうなぁ。それで顔が強張っていたのか?いやシビアな宣告をしなければいけない役だから演技ですよねぇ~。(笑)
ドン兄ちゃんには笑えたがいい作品でした。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。