海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:シューテム・アップ/SHOOT 'EM UP
2009年04月11日 (土) | 編集 |
シューテム・アップシューテム・アップ
(2008/10/08)
クライヴ・オーウェンモニカ・ベルッチ

商品詳細を見る


監督:マイケル・デイヴィス
出演:クライヴ・オーウェン、モニカ・ベルッチ、ポール・ジアマッティ、グレッグ・ブリック他
ベンチに座ってニンジンかじるスミス。その前を妊婦が叫びながら走っていった。そして彼女の後を追う男。手には銃を持っている。こんな光景を見てしまったスミスは妊婦を助けるしかないと後を追う。男をニンジンの一撃でやっつけ彼女を救ったかと思えば大量の殺し屋が送られてきて銃撃戦。その銃撃戦の最中、彼女は産気づいて出産。元気な男の子を生んだ。それでも殺し屋たちはようしゃない。彼女らを安全な場所へ移そうとするスミスだが、母親は流れ弾が当たって死んでしまっていた。赤ん坊を置いて逃げるわけにいかずスミスは赤ん坊を抱いて銃撃戦から逃げ切る。

赤ん坊を連れて逃げるスミスをまだまだ殺し屋達は追ってくる。どうやら奴らの狙いは赤ん坊。赤ん坊を守るためにスミスと殺し屋達の戦いはまだまだ続くのだった・・・・。
なぜにその赤ん坊は狙われるのか???
殺し屋から逃げながらもスミスは赤ん坊が狙われるわけを探る。そしてオリバーと名づけたその赤ん坊は・・・・・・・・。


実を言うとクライヴ・オーウェンさんが、こんなガンアクションに出演するとはビックリでした。これってジェイソン・ステイサムさんの領域でしょうなんて思って見始めたのですが、銃を撃ちまくって悪い奴らをやっつけニンジンかじって、時にはニンジン武器に赤ん坊を守りながら闘うオーウェンさんがカッコいいやら可笑しいやら。いっぱい笑ってしまいました。そしてすっかりこんなオーウェンさんもいいかもと思ってしまいましたね。ポイントはニンジンと赤ん坊ですね。(笑)

汚い靴下を帽子にされたオリバー、紙袋に入れられたオリバー、防弾チョッキを着せられたオリバー、スポーツバックに入ったオリバー・・・・。可哀想だけれども可笑しい。とんでもない災難でしたが、きっとあんなに強いパパがいたら彼の未来は楽しみですね。(笑)
面白かった・・・・・。

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。