海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・センチネル 陰謀の星条旗
2006年10月12日 (木) | 編集 |
ザ・センチネル 陰謀の星条旗ザ・センチネル 陰謀の星条旗
(2008/04/16)
キーファー・サザーランドマイケル・ダグラス

商品詳細を見る


巧妙に仕組まれた大統領暗殺計画。
大統領警護にあたるシークレットサービスの職員の中に裏切り者がいるのか?141年間裏切り者を出したことがないシークレットサービスの面々に大激震が走った。

豪華キャストが勢ぞろいでとても面白かった。そして男と男の戦い、映画「ヒート」を思い出すかっこよさでした。

★マイケル・ダグラス→ビート・ギャリソン役(シークレットサービスベテランエージェント)

★キーファー・サザーランド→デヴィッド・ブレキンリッジ役(シークレットサービス敏腕調査員)

★キム・ベイシンガー→サラ・バランタイン役(ファースト・レディ)

★エヴァ・ロンゴリア→ジル・マリン役(優秀な成績でアカデミーを卒業した新人シークレットサービス調査員) 
※エヴァって誰?っと思ったら、海外ドラマファンなら、「デスパレートな妻たち」のガブリエル・ソリスと言ったほうが分かりやすいかな。彼女の銃の腕前はピカイチだったそうです。小さい頃から農場で父と射撃練習していたからだとか・・・。


大統領警護にあたるシークレットサービス。大統領の動きはすべて管理されてる。しかし、ギャリソンはひそかにファースト・レディと不倫をしていたのだ。このあたりは、マイケル・ダグラスはまり役って感じです。そして、ブレキンリッジの妻とも関係があったとか・・・?

 ある日、シークレットサービスの職員が自宅前で何者かによって殺害されてしまう。新人のジルを連れて調査に乗り出したブレキンリッジ。地元警察は物取りだろうと片付けようとするが、敏腕調査員のブレキンリッジはサイレンサーを使った銃の痕跡、そして彼の銃が安全バーが解除されない状態で落ちていることへ疑問を持つ。ここで勉強になったことは、シークレットサービスは、銃を向けたら必ず相手を撃ち殺すということ。警官は構えて威嚇して安全バーを外して撃つ。の違い。
殺された職員の妻に質問するブレキンリッジ。彼女の口から彼は最近悩んでいたようだと。そして、ギャリソンに女がいるようだと。
 彼の殺害は、ギャリソンの垂れ込み屋の話によると大統領暗殺計画と関係する。そして、内部に内通者がいるという。そしてシークレットサービスの全職員が嘘発見器を受けることになった。もちろんギャリソンも。

また、タレこみ屋からギャリソンに情報と引き換えにお金の要求する電話が入る。そして、指定された場所に職員を配置して待ち構えるが銃撃戦の末、容疑者らしき男を取り逃がしてしまう。

そんな頃、ギャリソンにファースト・レディとの密会写真が送りつけられた。指定の場所に行っても送り主は現れない。ギャリソンの浮気が事件に関係しているのか?

捜査が進展しないなか、大統領専用へリが撃墜される。大統領とファースト・レディは乗っておらず無事ではあったが、これは犯人グループの手違いによるものだった。

そして、嘘発見器の結果が出てギャリソンに疑いがかかる。ギャリソンの自宅に彼を拘束に行ったブレキンリッジ達だが、誰かにはめられたと言うギャルソン。無実を信じてもらえそうにないギャルソンは逃走する。ギャルソンは自分の無実を証明するために1人で行動を起こした。ブレキンリッジは部下達にギャルソン拘束には心してかかるように伝える。ここからがベテラン同士熱い戦いとなる。ギャルソンがシークレットサービスの肩書きを利用して警察に侵入して採取した指紋を調べたりするのはおもしろい。

ブレキンリッジは途中で、ギャルソンが裏切り者でないことが分かり二人で真犯人を拘束に、そして銃撃戦の中、大統領を警護する。内通者は意外な人物だった。
事件は無事解決。ギャルソンは、シークレットサービスを去っていくのだった。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。