海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:愛してる、愛してない・・・・/ A´ la folie... pas du tout
2009年04月04日 (土) | 編集 |
HE LOVES ME... HE LOVES ME NOT

愛してる、愛してない... [DVD]愛してる、愛してない... [DVD]
(2003/09/26)
オドレイ・トトゥサミュエル・ル・ビアン

商品詳細を見る


ナット・キング・コール・ベストナット・キング・コール・ベスト
(2002/02/20)
ナット・キング・コール

商品詳細を見る


He Loves Me He Loves Me Not (Sub) [VHS] [Import]He Loves Me He Loves Me Not (Sub) [VHS] [Import]
(2003/08/12)
Audrey TautouSamuel Le Bihan

商品詳細を見る


「アメリ」のオドレイ・トトゥが主演、そしてこの邦題にこのジャケット。
ドロドロのラブストーリーはちょいと苦手なわたしなもので見る機会を伸ばし伸ばしにしていたのですが、なんのなんの見応え十分でした。
出だしは想像通りのお洒落なフランス映画、ちょっと切ないラブストーリーかと思いきや・・・・・。
きゃ~、怖い!ものすご~く怖かったです。

美術学校に通う学生アンジェリク(オドレイ・トトゥ)には心臓外科医の恋人ロイックがいた。問題はロイックは既婚者。弁護士の妻がいて、彼女は妊娠している。けれども離婚は時間の問題。
彼との出会いは一本のバラ。幸せいっぱいのアンジェリク・・・・・。
でも、でもそれはアンジェリクの妄想だったのだ。
次第に明らかになっていくアンジェリクの異常な行動にとんでもない恐怖を覚える。そしてラストもやっぱり身の毛もよだつ恐怖を残して終わるのでした。


既婚者との恋、不倫関係にある恋のドロドロ、ゴタゴタ。恐ろしい女の執念。そんな恐怖をあの愛らしい表情で恋する乙女の狂おしいまでの想いを見せてくれるのかと思いきや、なんとなんとこれ彼女の恐怖の恋愛妄想ストーリー。恐ろし~い(汗)

アンジェリクは、ロイックの隣の家のベビーシッターをしていて出会ったのだ。
ロイックの診療所に妻から嬉しい知らせが入る。妻の妊娠だ。ロイックはパパになる。喜んだロイックは花束を持って家に向かう。家先で隣の家から仕事を終え帰ろうとするアンジェリクとすれ違う。幸せのおすそ分けのつもりでロイックはアンジェリクにバラの花を一本手渡す。それが妄想アンジェリクのきっかけになってしまうとは思いもよらないことだっただろう・・・・。

ラスト病院を退院するアンジェリクの部屋を掃除するおじさんが家具の後ろの壁に見たものは、ぞ~!!ですよ。
何も知らないおじさんは呆れて剥がしてしまいますが、ちょっと頭をひねればわかるじゃないの、この部屋の患者は薬を飲んでいなかったと。


恋する女性の狂おしいまでの想いを描いた作品は他にもあるだろうけれども、あの愛らしいオドレイ・トトゥが、そしてお洒落な雰囲気たっぷりのフレンチテイストで始まる前半。そのギャップが返って恐怖をそそるものでした。ひや~、ほんと見応え十分の作品でしたね。

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
怖いけど面白かったです!
こういう怖いのは平気なので面白かったです。
タイトルからしてコテコテのラブストーリーとばかり思いますが、とんでもない結末でしたね。
彼女にとってはコテコテのラブストーリーだったわけでしょうけど。
2009/04/04(Sat) 22:39 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
素敵なフランス・ボルドーの街並みに可愛らしいオドレイ・ツトゥの仕草、そしてそれらを盛り立てる素敵な音楽。あらあらちょっとほろ苦い素敵なラブストーリーかしらっと最初は喜んでみていたら・・・・。恐ろしや~、追い詰められていくロイックの心理状態が上手く表現されていましたね。
でも「LーOーVーE」は私の大好きな曲で、ドロドロ嫌味な作品にならなかったのは音楽効果が大きいのではないかしらと思うくらい、この作品の音楽プロジューサーに感心しました。今でも曲を耳にし口ずさむと、うきうきした気持ちになれるのにこの作品のいろんなシーンが浮かんできます。
なので私の心に残る一作品となりました。
TBありがとうございました。
2009/04/06(Mon) 17:21 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
「アメリ」よりもある意味オドレイ・トトゥのイメージに合っているような、恐ろしい映画でした。
りり・かさんは、この映画を見たとき、どの時点で真実に気がつきましたか?私は結局「ロイックの視点編」に入るまで判らなかったです。アンジェリク編でもときどき「どうも変だな」とは思いましたが、そのたびに一応納得させるような展開があって。
2009/04/08(Wed) 18:35 | URL  | X^2 #CypyILE6[ 編集]
X^2さん、お久しぶりです。
X^2さんもご覧になられたのですね。
私はチラッと空想癖のある女性の恋って情報だけを仕入れてから見たのでまた「アメリ」のように可愛いそしてほろ苦い恋かと思って見始めました。なんか変だなあっと思いつつそれでもあのガス栓をひねったシーンでやっと気づきましたよ。
音楽効果も手伝ってすっかり惑わされていたようです。(作品に使われていた「LーOーVーE」が大好きなもので)(笑)
単純なラブストーリーではなくよく出来た作品でしたね。
2009/04/08(Wed) 20:51 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フランス映画の2本目はAXNで放映されたもので、単なるラブストーリーではなく、ひねりの利いた面白い作品です。「アメリ」のオドレイ・トトゥ主演。
2009/04/04(Sat) 22:27:40 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。