FC2ブログ

映画:パリ、ジュテーム/Paris, je t'aime

パリ、ジュテーム プレミアム・エディションパリ、ジュテーム プレミアム・エディション
(2007/10/24)
ナタリー・ポートマン;イライジャ・ウッド;ジュリエット・ビノシュ;スティーヴ・ブシェミ;ウィレム・デフォー;リュディヴィーヌ・サニエ;ファニー・アルダン;ジーナ・ローランズ;ベン・ギャザラ;ミランダ・リチャードソン

商品詳細を見る


パリ、ジュテーム~オリジナル・サウンドトラックパリ、ジュテーム~オリジナル・サウンドトラック
(2007/03/07)
サントラセイドゥ・ボロ

商品詳細を見る


監督:ガス・ヴァン・サント、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、ウォルター・サレス、トム・ティグヴァ他
出演:スティーヴ・ブシュミ、ニック・ノルティ、マギー・ギレンホール、イライジャ・ウッド、ナタリー・ポートマン他

パリの20区あるうちの18区を舞台にした18人の監督による5分ほどの短編ムービーで18作品が納まって1つの作品となっているわけなんですが、これがそれぞれなかなか面白かったですね。
それぞれがお洒落なパリではなく普段着のパリで、18ものストーリーの中でこれは自分の物語かもって思える人もいるんじゃないと思えるぐらい親近感があるのに、舞台はパリですからどれもが素敵に見えるんですよね。「Paris, je t'aime」フランス語に乏しい私ですが、なんだかすごくいい響きです。

5分という短さなのにとても感動的だった作品は2区のヴィクトワール広場、諏訪敦彦監督の作品で息子を亡くして悲しみのどん底にいる母親に神からのプレゼントのお話かしら。
それから、1区のチェイルリー駅、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督の作品でガイドブックが頼りの観光客の男(スティーヴ・ブシュミ)の遭遇するカップルのお話や、7区のエッフェル塔、シルヴァン・ショメ監督の作品パントマイム夫婦のお話は面白かったですね。
そして、14区の憧れのパリへ一人でやってきた女性のお話や、20区のオスカー・ワイルドの墓を見に来たカップルのお話も素敵でしたね。13区のシャンプーのセールスマンのお話はなんかちょっと好みでないかなぁ。他の作品も短いストーリーなのにとても素敵でした。
それぞれの監督の、いろんなパリ。パリの魅力にそれぞれの普通の愛。見応え十分の素敵な作品でした。

コメント

私は最後の方の、離婚したカップルが再会するエピソードが一番好きです。というかあれを見るためにこの映画を見に行ったのよね…。あの二人は私にとって別格の存在です。
アレクサンダー・ペイン扮するオスカー・ワイルドの趣が笑っちゃうくらい楽しかった。
いつ見たのか自分でもわからなくなって過去記事検索したら(情けないですなあ)07年の3月デシタ。りり・かさんみたいに索引作って飛べるようにした方が、自分にとってもいいですね。ちょっと頑張ってみようかしら。
久しぶりにTB試してみましたが、多分無理ですよね~うーんわからんっ!

atsumiさん、こんにちは!
それぞれ短いお話なのにいいお話ぞろいでしたね。パリの想い出を楽しみたくって見た作品でしたが、違った角度からパリが見れたようで得した気分でした。
私は日本人監督の作品が一番好きですね。パントマイム夫婦の話も面白かったです。

>自分でもわからなくなって過去記事検索
あはは~、そうなんですよね。私も自分でも分からなくなってしまって昔に見た作品もう一度録画したりとかして、見てから、ありゃ、これ見たよって気づいたりです。大した感想書けてませんがとりあえず自分の見た物記録には今のところなっていますかね。atsumiさんも頑張ってみてくださいませ。
TBありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック

パリ、ジュテーム

パリの名所巡りと共に語るパリへの想い、などと言ってしまうとクサいが、実際そういう映画だからしょうがない。パリ好きにはたまらないのだ...

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com