海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:フェイク シティ ある男のルール/Street Kings
2009年02月21日 (土) | 編集 |
フェイク シティ ある男のルール (特別編) [DVD]フェイク シティ ある男のルール (特別編) [DVD]
(2010/06/25)
キアヌ・リーブスフォレスト・ウィテカー

商品詳細を見る


監督:デヴィッド・エアー
脚本:ジェームズ・エルロイ
出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、アマウリー・ノラスコ他


映画「スピード」のLAPDで大活躍したキアヌが再びLAPDに帰ってきた!!
っと喜びたいところなんですがキアヌの脇を固める俳優陣を楽しみました。だって「スピード」のジャックのようにキアヌ元気ないんだもん。まあ、妻を亡くして酒におぼれる辛い過去を背負った刑事って設定ですからねぇ。(笑)

LAPDのワンダー(フォレスト・ウィッテカー)のチームでLAの街を守る刑事ラドロー(キアヌ・リーヴス)は双子の姉妹失踪事件を追っていた。強引で手段を選ばないラドローは今回も姉妹を発見しお手柄を挙げた。だが元相棒のワシントンがそんなラドローのやり口を内務捜査官に密告したと仲間達から知らされる。ラドローはワシントンに真相を聞きだそうと尾行するのだが、コンビニで強盗に巻き込まれワシントンはラドローの目の前で亡くなってしまう。ラドローはワシントンを殺害した犯人を追ううちに・・・・・。


っとお話は目新しいものではなく警察内部の悪を暴くってお話。見ている側はすぐにその悪はわかってしまうのだがラドローは仲間を心底信頼していたって言っておきましょう。悪く言うとなんか一人だけ蚊帳の外でマヌケっぽく思えてしまうのだが、ラドロー刑事は頑張っちゃいました。(笑)

「Dr.HOUSE」では憎まれ口ばかりのハウスのこの作品の登場の仕方がまたまたドクターかと思わせて内務捜査官でした。でもピッタリのはまり役で面白かったです。
そしていつも熱い演技のフォレスト・ウィッテカーもよかったですね。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。