海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:チェ 39歳 別れの手紙/che Part Two
2009年02月12日 (木) | 編集 |
チェ 39歳 別れの手紙 (ベニチオ・デル・トロ 主演) [DVD]チェ 39歳 別れの手紙 (ベニチオ・デル・トロ 主演) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る


チェ・ゲバラ 人々のために [DVD]チェ・ゲバラ 人々のために [DVD]
(2003/10/24)
不明

商品詳細を見る


チェ・ゲバラ―フォト・バイオグラフィチェ・ゲバラ―フォト・バイオグラフィ
(2003/11)
イルダ バリオギャレス ジェンキンズ

商品詳細を見る


Che: A MemoirChe: A Memoir
(2006/05/15)
Fidel Castro

商品詳細を見る


わが夫、チェ・ゲバラ 愛と革命の追憶わが夫、チェ・ゲバラ 愛と革命の追憶
(2008/05/07)
アレイダ・マルチ

商品詳細を見る


監督:スティーヴン・ソダーバーグ
製作:ベニチオ・デル・トロ
出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、マット・デイモン他

「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見てしまったらやっぱりチェの半生を描いた第2部となるこの作品もみないとね・・・・。
マット・デイモンが友情出演している姿がまた印象的でした。
29歳のゲバラ演じるデル・トロさんには少々文句言いましたが、こちらのデル・トロさんはまずまず満足でした。だってあの濃い顔のデル・トロさんですものね。(笑)


キューバ革命を成し遂げたゲバラは、キューバでの地位や市民権を捨てコンゴ入り。表向きはカストロにキューバを託し、手紙を残して姿を消したと発表するカストロ。だが1年後変装し秘密裏にキューバに帰国し妻や子供達に最後の別れを告げ、ボリビア入り。
変装したゲバラを妻のアレイダはお友達のラモンさんと子供達に紹介しなければならないなんて・・・・。

ラモンという男としてボリビア入りしたゲバラ。大統領の独裁政権で貧困を余儀なくされる農民らを救おうと同士を集めゲリラ部隊の指揮を執る。だがキューバと同じようには上手く行かなかったのだ。
ボリビア共産党の協力が得られず、キューバのようにはさせまいとアメリカが政府軍に手を貸し、さらに農民らの裏切りに遭いゲバラのゲリラ部隊は苦戦を強いられとうとう壊滅状態。
そしてイゲラ村の小学校に収容されたゲバラは、ボリビア大統領の命令で処刑されてしまう。


この時代はまだまだ武力を持って革命をするしかなかったのでしょう。知的で心の優しいゲバラがゲリラ部隊を指揮いて革命をなさなければならかかったのですから・・・。
ヘリでゲバラの遺体が運ばれていくシーン、無音のエンドロール。すごくすごく悲しかった・・・。

「モーターサイクル・ダイアリーズ」のゲバラ青年のあまりにもピュアで優しく、そして芯の強い姿に心が動かされこの作品まで見るに至ったが、わかっている結末と言えどもあまりにも悲しい最後だった。
ゲバラ青年のあのハンセン病療養所でのスピーチに、そして子供達に宛てた手紙に、人々に接する姿に・・・彼の優しさを感じぜざるを得ませんでした。

ゲバラが子供達にあてた手紙の一部は「この手紙を読まねばならないとき、お父さんはそばにいられないでしょう。世界のどこかで誰かが不正な目にあっているとき、いたみを感じることができるようになりなさい。・・・・・・・・・」と続くのです。すごく暖かくって優しい父の言葉。
最後の最後まで優しく凛々しいゲバラの姿。
彼の思いはゲバラを演じたガエル・ガルシア・ベルナルさんとベニチオ・デル・トロさんを通して心に沁みました。いい作品をありがとう。でもやっぱりデル・トロさんは顔濃いっす。私にとってはデル・トロさんはやっぱりデル・トロさんなんだわなぁ~。デル・トロさんのこの作品に懸ける思いは十分通じたので許しておくれやす~。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
やっと後編みれました。
パート1を見てから2週間程時間を置いて、パート2見る事が出来ました。前編を見てからで無いと、本作の魅力(と作品の理解)は半減しますね。表裏一体となっていると感じました。
余計な説明は一切廃し、敷居の高い作品ではありましたが、なかなか面白かったです。
2009/02/15(Sun) 15:02 | URL  | HAN #zDjm6c4Y[ 編集]
HANさん、こんにちは!
2部に分けたのは納得でしたね。
私は「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見たのがこの2部作を見るきっかけとなりました。優しくピュアで強い精神力のゲバラ青年がこの2部作にも随所に表現されていて、ゲバラという人物にグイグイ引き込まれていきました。さすが、デル・トロさんが7年もゲバラと言う人物を研究しただけあると思いました。でも「モーターサイクル・ダイアリーズ」が一番好きかなぁ。
2009/02/16(Mon) 19:25 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
監督のインタビューには「モーターサイクル・ダイアリーズ」には影響を受けて、合わせて3部作と見ても良いかもしれない! というようなことを言われていました。キャラを掘り下げるには「モーターサイクル・ダイアリーズ」も一緒に見るのも良いかもしれませんね!
2009/02/17(Tue) 21:22 | URL  | HAN #zDjm6c4Y[ 編集]
HANさん、こんにちは!
私は3作をあまり間を空けずに見たので、ゲバラの一番のイメージは優しい人です。
最初にモーター・・を見たのですごく入りやすかったです。私には3作で1つの作品に思えました。
そして「モーターサイクル・ダイアリーズ」は私のお薦めの1作品となりましたね。
そしてPart oneの感想にも書きましたが、ガエル・ガルシア・ベルナルの他のゲバラ作品も見たくなりました。
2009/02/18(Wed) 08:29 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。