海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステート・オブ・プレイ 陰謀の構図 第4話「死者のプロフィール」
2008年11月01日 (土) | 編集 |
ステート・オブ・プレイ ~陰謀の構図~ [DVD]ステート・オブ・プレイ ~陰謀の構図~ [DVD]
(2009/11/27)
ジョン・シムデービッド・モリッシー

商品詳細を見る


止められないんだ・・・・・・。
カル、もういい加減にしてくださいなぁ。ハリウッド版ではこのカル役をブラット・ピット降板でラッセル・クロウが演じるんですよねぇ。ブラピやクロウさんをイメージして見ちゃってるのでガラガラとイメージが崩れていく。ハリウッド版を見るのをとっても楽しみにしているんですがね。とほほ~。
今回のお話の楽しみと言えばフォイさんですよね。(笑)どんなお話してくれるのかなぁ?

フォイさんを確保したヘラルド紙チームは、警察にびくびくするフォイさんをホテルのお部屋にご案内。隣のお部屋には盗聴・記録係がスタンバイ。この人ヘラルド紙の人だったのですね。で、名前はシド、誰がその仕事頼んだのかしら?そして趣味はなんとフォイさんと同じだった!!
ダンは脅かすの上手いね。でもなかなかフォイさんはソニアのこと話してくれない。カルが聞いてもソニアを愛していたから嫉妬でソニアとスティーブンの不倫を暴露したとしか言わない。ソニア殺害については完全に否定。そこでフォイさんをホテルのお部屋に入れておいて自宅を調べたり、口座を調べたりとヘラルド紙チームは大忙し。
そしてフォイさんの個人口座に利益団体ワーナーシュロス社から2万5千ポンド3回の振込み金を見つけた。3回目の振込みはソニアが死ぬ直前で引き出されたのは死後2日後。ワーナーシュロスは石油大手ユーエックスオイルの利益団体。そしてフォイはシドさんがゲイだと証明。
これらのことからフォイがソニアを愛していなかった証明にはならないが、ユーエックスオイルがワーナーシュロス→フォイ→ソニアでエネルギー委員会にスパイを送り込んだのか?と言う疑問が出てきた。そこでダンの大学時代のジャーナリズムの元講師で今やユーエックスオイル社の情報部ヘッドのスーザンに探りを入れることになる。ユーエックスオイルが委員会にどのような要求をし、ワーナーシュロスにどんな政治活動をさせ、そしてユーエックスオイルはどんな情報を得たのか?

ダンはユーエックスオイルのスーザンにソニアはワーナーシュロス経由でユーエックスオイルに情報を流していたことを記事にすると話すとスーザンが思わず喋ったのはユーエックスオイルがこの半年環境と地域の人々のために他社の倍のお金を賭けてきたということ。使い放題やりたい放題の石油大手ユーエックスオイル社にしては180度転換のこの態度。それ聞いてダンはまだまだ突っ込む。うわさでは委員会はルールに違反したら課税すると言う法案を提出するらしい。まるで委員会の動きを事前に知っていたようだなんて言うものだからスーザンはそそくさと逃げるように帰っていってしまいました。なんかプンプン臭いますねこのユーエックスオイル。でかしたダンって褒めたいところなんですが、これが原因かカルが言っていたように鉄のカーテンを下ろしてしまったのでしょうか、編集部長のキャメロンに圧力がかかってしまった。政府を怒らせたくないとのこと。


スティーブンは妻アンとカルの不倫を暴露する方向で動いていたが、編集部長キャメロンとデラがスティーブンの元へ出向き食い止める。そりゃ~、そのネタ暴露されたらヘラルド紙がせっかく追いかけていたソニアの死の真相が追いにくくなり闇に消えちゃいそうですものね。まったくチームの主任でもあるカルがこの時期になにやってんですか!ですよね。

その後スティーブンはソニアに手当てを払ってない証拠として警察に提出するソニアとのことで使ったレシートを探していて驚くようなものを見つけた。ソニアのおごりで止まった高級ホテルの請求の支払がワーナーシュロスだったのだ。


ヘラルド紙の追求にあまり話さないままフォイはホテルを出てしまった。でもでも、カルらがなにやら真相に迫ったのか以前にも増して怯えるフォイ。仕事をくれたワーナーシュロスに電話するもどうやらユーエックスオイルに転送されてしまうし、何者かに監視されているのを悟ったフォイはさらに怯え部屋からも出られない、どうなるこのフォイさん?



ユーエックスオイルを追い詰めると政府を怒らせる?ってことは政府と大手石油会社が手を組み委員会を潰したいのか?国民保健サービス(NHS)の資産を確保するために政府が闇で取引したのか?う~ん?なんかそんな風な感じの臭いがしてきたぞぉ?
ところでカルとアンはいつまで続けるんですかね。2人の関係にはほどほど呆れる。スティーブンもなぜにもっと強くアンを連れ戻さないんだ。アンは母親でしょう、母親よりも女を取ったのですね、まったく。子供達は誰が支えているのだ。
そしてフォイさんはちょっと儲け話を持ちかけられて大変なことに巻き込まれてしまったってことなんでしょうかね。フォイさんの存在は一番の楽しみだったりして。(笑)
そしてベル警部らは上からの圧力であまり動けないんでしょうね、登場少なしでしたね。


ハリウッド版ではヘレン・ミレンが編集長役らしいし、ドラマの結末が面白かったらやっぱりハリウッド版もぜひ見たいなぁ。あと残り2話。どんなどんでん返しが待っているのか??

テーマ:★海外ドラマ★
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
>ガラガラとイメージが崩れていく。
いや~ほんとうにそうですよね。でも、ここがあってヨケイにハリウッド版が観たい気にもなってきました(笑)。

フォイ、のらり~くらり~とカルの話をかわして、肝心なことは言いませんでしたね。
何者かに追われていたフォイ、車の中の人は誰か分かって怯えてたのでしょうか。
部屋に閉じこもったら逃げ足の速いフォイが観られないですよね(笑)。
2008/11/02(Sun) 16:43 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
カルさんの行動はとても理解できないですよね。ハリウッド版ではどのようにカルを描くのでしょうかね。ますます見たいですよね。

フォイさんはなかなか口が堅いですね。何を隠しているのかしら?フォイさんは楽しみなのでじわじわでも許しちゃいます。(笑)
TBありがとうございました。
2008/11/03(Mon) 11:44 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大きな組織が関わっているようだ。フォイはもっとペラペラ喋っちゃうのかなと思ったけど
2008/11/02(Sun) 16:33:07 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。