海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デッド・ゾーン6 第77話「ドリフト」/Drift
2008年10月21日 (火) | 編集 |
デッド・ゾーン シーズン6 コンプリートBOX [DVD]デッド・ゾーン シーズン6 コンプリートBOX [DVD]
(2009/09/11)
アンソニー・マイケル・ホールニコール・デ・ボア

商品詳細を見る


久々のブルース登場!
ジョニーはウォルトのことを隠してた件でサラに2人に未来はないと言われてしまいどうしていいかわからない。そこで親友のブルースに相談するためにブルースの元へやって来る。
ブルースは騎手のフランキーのトレーナーをしており、その娘マリアがブルースの恋人。マリアは調教師。サラのことを相談に来たジョニーだったがブルースの幸せな姿を見ることに。

彼らの馬ドリフトは明日大きなレースを控えていた。だがドリフトに触れたジョニーは、ドリフトがさらわれるヴィジョンを見る。その夜ジョニーとブルースが馬舎を見張るのだが、何者かに2人は頭を殴られ意識が戻った時はドリフトではなくブルースの恋人マリアがさらわれていた。犯人からのメッセージは明日のレースに負けないとマリアの命はないというもの。馬主親子の元にも脅迫電話がかかってきたと言う。マリアの父フランキーはマリアのためレースで負けるつもりで参加すると言う。だが、ジョニーはフランキーとドリフトの不運なヴィジョンを見てしまう。時間の限りマリアを探し出そうとブルースと奮闘。そしてドラフトの馬主親子が怪しいことを知り、息子の方をつけたジョニーはマリアの監禁場所を見つける。
マリア救出、ドラフトは見事レースに勝ち賞金を手に入れるのだった。そしてブルースはとうとうマリアにプロポーズ。返事はOK。2人のことを父フランキーは誰よりも喜んでいた。

で、ジョニーはマリアに恋のアドバイスをもらって手遅れになる前にと思って帰宅するのだが、スティルソンが訪問したことをヴィジョンで知るのだった。
スティルソンはマルコムがいなくなってなんだか人が変わったように見えるのだが信じていいのだろうか?サラに気に入られるには、先ず息子と仲良くした方がいいと持ったのかJJにとっても親切にするスティルソン。そんな彼を見たサラはスティルソンに気持ちを開き始めた。ウォルトの疑惑捜査のことやウォルトが所有していた山小屋のことまでスティルソンに話すのだった。そしてジョニーの家を出ようと思っていることも。今までのスティルソンを見ているのでこのサラへの接触は何が狙い?なんて考えてしまうのだが、スティルソンも独身、ただサラへの恋心からなのか??

スティルソンを操っていたマルコムは単独ではなく、何か組織的な思惑で動いているってなことだったような気がするのだが、マルコム亡き後は解散でもしたんですか?どうなっちゃったんでしょう?
あと残り3話でデッド・ゾーンが終わってしまう。ウォルトの疑惑はきっとスティルソンも手を回すと言っていたしそれは明らかになりそうな気がするがマルコムの組織のことは???のままなのかしら?そしてバーディー牧師は?ホープちゃんの洗礼式はてっきりバーディー牧師かと思ったのに別の牧師様でしたしね。あのウォルトの事件で精神を病んで療養中なのかしら?ってことならスミス家の資金を資本に大きく有名になった聖ヘリテージ教会はどうなっちゃったの?っといくつか疑問が残ったままだ。う~ん、スッキリしない終わり方は嫌だなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。