海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MI-5/Spooks S6 第8話「ヤルタ潜入作戦」
2008年10月14日 (火) | 編集 |
Mi-5: Volume 6 (5pc) (Ws Sub Dig)Mi-5: Volume 6 (5pc) (Ws Sub Dig)
(2009/01/20)
不明

商品詳細を見る


"Spooks"
(2007/09/06)
"Kudos"

商品詳細を見る


番組放送の計画が失敗に終わり、イランと米国の関係がギクシャク。ペルシャ湾で緊張が高まっている。米国は義務としてイラン核施設の空爆を主張。この米国の動きを阻止しようとヤルタ組織も動き出した。
CIAもヤルタの存在を知り抹殺にかかり始めた。
ヤルタ側はこの米国の動きを止めるためすべての軍用機械を停止させる“沈没”作戦を計画していた。それにはロスの協力が必要だった。ヤルタに失望しかけていたロスはこの仕事を最後に組織を抜けていいと言われ引き受ける方向に向かっていた。だがこのヤルタ組織の連絡係との密会現場をCIAのホーガンとジャーナリストのキャプランに目撃されてしまう。そして彼女がヤルタとの2重スパイであったことがMI5に知れてしまった。ロスはヤルタ側に身柄の保証を依頼するが受け入れてもらえない。自分で何とかするようにはねられたのだ。そこでロスは一か八かの賭けに出るしかなかった。MI5本部に戻り、今までのヤルタとの関係を話し、この関係を利用して逆にヤルタに潜入させて欲しいと持ちかけたのだ。ハリーとアダムは疑心難儀ながらもロスの作戦に同行する。

ロスのヤルタからの命令は有効化コードの入手。どうやら殺害されたメディア王がこの有効化コードの情報を手に入れていたようで、残るメンバーがこのコードを探し出す作業に取り掛かった。
すると大ヒットゲームの作者でハッカーの男リアムが浮上。男は2週間前に自殺?していた。

ヤルタ本部に入ったロスは意外な人物を見つける。ジュリエットだ。ジュリエットにヤルタのために動いている証明をしろと言われたロスは同行していたハリーとアダムを売る。まあロスにとってはこの場合自分を守るだけで精一杯ってとこなんでしょうかね。ロスはいったいどっち側なんだと緊迫した空気がなられる中、MI5から送られてきたコードを入力するとゲームが始まった。どうやらリアムはゲームの中にコードを隠していたのだ。リアムは米国の国防データの裏口を見つけたのだ。ヤルタはそれを使ってウィルスを侵入させ衛星を停止させようとしていたのだ。そして見る見るうちに衛星はストップしていく。米国の防衛が崩れると英国も危機と化す。このウィルスを排除するにはコードが必要。マルコムの指示はヤルタ本部のパソコンが必要。ヤルタは戦争を止めようとしているだけだとの迷いがロスにはあったが、アダムと協力してこのパソコンをマルコムに手渡す作戦に出た。
パソコンは無事マルコムの手に渡りウィルスを阻止したが、ハリーを救出に向かったロスはヤルタのジュリエットに薬殺されてしまった。

衛星停止は8%で食い止められ、4~6週間で復旧するとのこと。これで米国がのさばる平和な世界が戻ったとCIAホーガンにひねくるハリーだった。たった8%復旧にこれだけの日数を要することを考えれば、ヤルタの計画が完了してしまえば相当の日数、米国の防衛が崩れるわけだし恐ろしい事態になっていたことだろう。ハリーのひねくる気持ちはもっともだがヤルタの計画を阻止できてなによりだ。少なくともこの件で今回の米国のイラン攻撃はしばらく沈静化したのだろうか?次回は米国側の動きよりもどうやらロスがヤルタのスパイだったってことでハリーチームのセクションDの停止がお話のようだ。


で、薬殺されたはずのロスですがアダムが事前にフグ毒と入れ替えていたので、葬儀のあと息を吹き返し国外へ脱出して行くのでした。

今回の衛星停止やロスねえさんの復活話は「エイリアス」のお話のようでした。でもこのMI5ストーリーはドラマの中のお話なんて軽い気持ちで見れず現実味をひしひし感じるんですよね。それがこのドラマの面白いところであってまた重く感じるところでもあるんでしょうね。
ところで、甘えん坊アダム君、どうやら次回は暴走ですかね?ウェズのパパだぞ、しっかりしてくださいな!
テーマ:★海外ドラマ★
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
ヤルタと関わってしまったがために、ロス姐さん危険の綱渡り状態でしたよね。
そして、今回は誰よりジュリエット!しばらく出てきてないと思ったら、こんなことになってたなんて。
アダムももちろんショックは大きかったでしょうが、ハリーもかなり。
ロス姐さんが仮死状態だったのは、なんとなく想像が付きましたが(私は24のジャック・バウアーが浮かびました(笑))、またルースみたいに、これで退場なんですよねぇ?なんだかねぇ。
S7は、アチラでもこれからみたいなので、もし見れるとしてもまだ当分先なんでしょうねぇ。
あと残りチョットだと思うと寂しいデス。
TBしました♪
2008/10/19(Sun) 22:05 | URL  | BIBI #wyffVNu2[ 編集]
BIBIさん、こんにちは!
私も最近のMI5は「24」に近づいてきたように思って見ていました。でもアメリカドラマと違ってちょっと重い感じはありますよね。それがリアリティーに感じるところでもあるんですがね。
ロス姉さんはとりあえずサヨナラですが墓の下でなくってよかったです。でもザファーの葬儀はどうなったんだっとちょっと不公平感を感じます。
ドラマは楽しいのですが最近のアダムはあまり好きでないのでちょっと・・・。新しい人が入ればまたガラッと雰囲気が変わることを期待して残りを楽しみたいですね。
TBありがとうございました。
2008/10/20(Mon) 17:58 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アナが居なくなったから・・・ってわけではないでしょうが、まぁ冒頭からアダムとロスのこれですか・・・なシーンでの始まりから一転、核を...
2008/10/19(Sun) 21:59:41 |  Drama Blog
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。