海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時空刑事1973 LIFE ON MARS
2008年10月02日 (木) | 編集 |
"Life on Mars" (Calendars)
(2007/09/01)
不明

商品詳細を見る


"Life on Mars"
(2006/11/20)
Guy AdamsLee Thompson

商品詳細を見る

先月のプレミア放送分、第1話を観たところなのだがなかなかおもしろい。今月から放送が始まる。そして主人公サム・タイラー警部役のジョン・シムさんは今月からBS2で始まる「ステート・オブ・ブレイ」にも出演。ってことでジョン・シムさんを2倍楽しめるってことみたい。

時は2006年、ある殺人事件を追っていたタイラー警部は恋人で同僚のマヤが容疑者と思われる人物にさらわれてしまう。そして交通事故に遭い病院に運ばれたと思われるサムだったが、目を覚ますとそこは1973年。それはこん睡状態の彼の創造の世界なのか果たして時空を超えタイムトリップしてしまったのか?
1973年であればサムはまだ4歳だったと言う。戸惑いながらもその時代の同僚らと事件を解決していくサム。だがここで解決した事件が2006年に起きている事件と関連性もあるようだ。

サムは元の時代に戻れるのだろうか?デッド・ゾーンのジョニー・スミスのようにこん睡状態の中での創造の世界なのか?

なかなか面白そう。そして第1話では1970年代の曲として「CSI:NY」の主題歌にもなっているザ・フー(The Who)のBaba O'Rileyが流れていた。マックやダニーらの顔が浮かんでなんだかちょっと嬉しくなってしまった。

どうやら衝撃の最終話ってことなので全16話をマイペースで楽しむことにしました。
テーマ:★海外ドラマ★
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
これからUKドラマのオンパレードになりそうですが、アメリカドラマに慣れてしまうとイギリス英語が聞き取れなくてちょっと辛いです。
でも音楽は最高。大好きな曲が次々に流れて嬉しくなってしまいました。Baba O'Reilyも実はこの時代の曲だったんですよね。
今後の展開も楽気になるし、音楽ともども楽しもうと思っています。
2008/10/02(Thu) 20:25 | URL  | Garoto #-[ 編集]
Garotoさん、こんにちは!
>イギリス英語
UKドラマが増えてきたので、私も頑張って耳慣れしていこうと思っています。

このドラマはBBCHPによると1話ごとにたくさん曲が含まれているようですね。
「Baba O'Reily」はCSI:NYで知った曲だったのですが、流れた時はなんだかとっても嬉しかったです。音楽とストーリーの両方を楽しめる楽しみなドラマなのですが、音楽好きと一緒に見ると「コールド・ケース」同様に横からうるさくってお話の筋が分からなくなってしまうと言う難点もありなんです。(笑)
2008/10/03(Fri) 18:40 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。