海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MI-5/Spooks S6 第1話~第4話
2008年09月16日 (火) | 編集 |
Mi-5: Volume 6 (5pc) (Ws Sub Dig)Mi-5: Volume 6 (5pc) (Ws Sub Dig)
(2009/01/20)
不明

商品詳細を見る


"Spooks"
(2007/09/06)
"Kudos"

商品詳細を見る



シーズン6から構成が変わったのでしょうか?1話or2話では終わらないではないですか。MI5イギリス紳士の捜査官もとうとうジャック・バウアー化してしまったのかと思えるような迫力&ザファーが気になって気になって貯めていた4話分を一気に見てしまったではないですか。それでもザファーのことがスッキリしない。ってことで
第1話「ウィルスの恐怖 前編」、第2話「ウィルスの恐怖 後編」、第3話「アメリカの陰謀」、第4話「ターゲットは誰だ」をまとめて。

イランのテロリストが明日列車でロンドン入りし、爆破テロ決行の情報が情報源よりMI5に入る。内相はそのテロリストがロンドン入りする前に片付けるようにハリーに言う。
先にザファーはイランに派遣され動きを探っていたよう。そのザファーの元へアダムが爆薬を届け男が乗る列車を爆破することになった。ザファーは爆薬を列車に無事設置。多くの民間人を巻き添えに男が乗った列車爆破の指示がザファーに入った。ザファーは爆破スイッチをオン。多くの犠牲者が出たが男は生きていた。イギリス大使館に亡命を求めてやってきたのだ。アダム、ザファーらはこの男から黒幕を探ろうと男を連れイギリスに向かう途中に襲われてしまう。ザファーと男は拉致されてしまう。
男が持っていたものは生物兵器で列車爆破によりペスト菌を広げてしまったのである。

男はロンドン街中にグループに放り出されさ迷い、ロンドンは感染者が増えてしまった。ザファーは依然解放されず捕らえられたままの中、MI5捜査官らはこれ以上の感染者を増やさないためにジャック・バウアー並みの作戦に出た。生物兵器を保有していればワクチンも保有しているはずと考え、イギリス国内にいるロシア、フランスの諜報員、CIAエージェントなどを拉致しワクチンのありかを白状させることにした。そしてロシアの諜報員からワクチンの情報を聞き出した。ジョー、アダムがロシアの諜報員からワクチンを入手する。裏では内相がロシアからワクチン入手を値切って話が進んでいなかったのだ。
一方、ロスはフランスの諜報員がザファーが拉致されるのを見たとの情報を聞き、ザファー救出に単独で動き出す。
ワクチンが病院に運ばれ患者は回復へと向かい、先ずはロンドンペストの蔓延の危機は乗り越えた。

丸焦げ死体はザファーではない、ザファーは生きていると信じるロス。そんなロスと対照的なのがアダム。ちょっとS6になってからのアダムは違う、変だぞ。ザファーは死んだんだとケロッと言ってのける上にロスにお腹が空いたから食事しないかって、まるで事態が収拾したかのようにホッとしているではないか。ザファーのこと気にならないのか!ザファーを見捨ててきたんだと言う気はないのか。おまけに、イラン特別領事の妻アナと不倫中。いくらイランから情報を探るためと言えどもフィオナ亡き後はお色気作戦まで使って情報収集するとは!ロスとの関係はまあこれ仕方ないかと思えるが、アダムどうしちゃったんだ!?ウェズは寄宿学校にでも転校させたのか?どうなってしまったんだアダム?


その後、米空軍基地に輸送機が墜落。この墜落事故の真相を調べていくうちに、MI5に列車爆破をさせるために操っていたのはアメリカだったということがわかった。そしてザファーもCIAの手によって消されたのではないかと。
ザファーの行方を追うつもりでフランス側に近づいたロスだったが、逆に拉致され拷問を受けた。感情1つ出さない冷静なロスニ圧巻。だがそれは“ヤルタ”という組織への入団テストだった。ロスの冷血振りは気に入られ、入団を誘われる。そして食事の席でザファーの最後に着ていた血だらけ衣類を受け取るロスだった。この時、まだまだザファーは死んだと思えなかった私。でもロスがハリーにそのザファーの衣類を手渡しながら家族にどう報告するかと言うではないか。それでも信じられない。手当てを受けどこかで拘束され生きていると信じたい。こんな去り方ってあまりにもあっけないではないか。おまけにあれだけフィオナの死を受け入れられなかったアダムがケロッとザファーは死んだと受け入れちゃってるし、そんなの嫌だ~。


まだまだザファーの拉致にどうCIAが関与していたのかがつかめない中、アルジェリアの過激派がロンドンでテロを計画していると言う情報がザファーの情報源から入る。テロの標的はアメリカ人ではないかとの推測からCIAと合同捜査となる。だがハリーはロスにこの合同捜査を利用してザファーの情報を探るようにロスに単独任務を与える。そりゃ、そうしてもらわなければすっきりしないです。ザファーはどうなっちゃったのかアダムのように簡単に死んだと受け入れられないです。
アダムはこのテロにイランも関与していると考え、イラン特別領事の妻を情報源に利用する。だがテロの本当の標的はアメリカ人ではなくイラン特別領事であることがわかり領事を無事保護。
そして、今回ザファーに関する情報はCIAから得ることは出来なかったが、別の情報を掴んだハリーだった。それはあの救った領事が絡んでいる内容のようだ。

領事は妻がイギリス側のスパイをしていたことを知ったし、アダムとの関係も気づいたかな?CIAから掴んだ情報にはイラン特別領事も絡んでいそうだしまだまだ話は続きそう。


これまでビックリするようなレギュラー陣の入れ替わりがあったので、次はアダムの番かしらと思ったら以外にもザファーだったなんて。信じられずにちょっと調べてみたらやっぱりS6は・・・・・なんだよね。悲しすぎる。もやもやのままザファーがいなくなった気がしてならない。ザファーの行方の真相もう少し明らかにして欲しい。
そして、S6になってからのアダムはなんだか好きになれない。なぜに?フィオナを失ってあんなに苦しんでいたと言うのにどういう展開だ?息子ウェズの影もなく、領事の妻とのことは信じられない。ロスの支えがあったってのは分かる気がするが、色仕掛け作戦を取り入れるとは。MI5の皆さんそれも承知の上ですからね。おまけにジョーにも元彼に色仕掛け作戦勧めてみたり。ロスに甘える傍ら領事の妻とも関係を続けたいと言うアダム。今後はこんなアダムが続くのか?
そして、ジョー。4話にして危機直面2回。これって酷すぎ。ずいぶん成長したんだろうけれども危険な任務が多すぎないか?人手不足なのか?
それから、マルコム。コリンを失いまた技術屋さんを失ってしまって、この後どうなるのかお思えたが、死を覚悟したマルコムは強かった。


テーマ:★海外ドラマ★
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。