海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CSI科学捜査班3 #47「ギャンブラーの切り札」を観て
2006年10月05日 (木) | 編集 |
LOSTのブーン(イアン・サマーホルダー)大好きな皆様!!再放送、1話目ご覧になられましたか?既にご覧になられた方も始めてご覧の方もブーンが出演の貴重なエピでしたね。LOSTではもう出番ないのかしら・・・。


★グリッソム・ウォリック・サラの担当事件
ポーカーの世界チャンピョンのドイル・ファイファーが18時間前テーブルに着き30分前に座ったまま死んだ。っとブラス警部の説明。心臓発作なのか?殺人なのか?

★キャサリン・ニックの担当事件(こちらにイアン君出演)
西ベガス大の鳥類学の学生がヒメコンドルを見つけ近づいてみたら死体を発見。そこは、60年代に閉鎖されてから使われていない滑走路。その死体は、頬骨の下を銃で撃たれていた。殺されてこの場所へ運ばれたのか?

 ここでビックリしたのがポーカーではトイレに立つことも弱点と見られるって事。え~、18時間座りっぱなしでトイレは垂れ流し??女性も?ひえっ~。そんな世界なの!
 それからウォリックの方がポーカー詳しいのかと思ったらグリッソムの方が詳しかった。なんでも、大学時代、死体農場のお金を稼ぐためにポーカーをやっていたと言う。グリッソム論としてはポーカーは人を観察するゲームらしい。グリッソムらしい。
 検視の結果爪に白い線、口はミルクみたいな嘔吐物、歯茎沿って青い線が走っているから鉛中毒と判明。太ももに弾が残っていて体内に浸透したよう。それが死因か?ゲーム中の録画ビデオを見たり、被害者の飲み物を調べたりして目薬が原因の可能性が出て来た。目薬は血管収縮剤の働きをする。
 一方、検視も更に進み死体から脳を取り出して検視、そして脳ヘルニアを見つけた。血圧が急上昇したため脳卒中を引き起こしたらしい。ウォリックじゃないけれど“キモ悪”でした。

 ゲーム参加女性を調べたが彼女の目薬ではなかった。カジノの中は目が煙たくって皆目薬を持っているというウィエイトレスを見つけた。そのウエイトレスの目薬を調べたら被害者が飲んでいた飲み物の成分が残っていた。証拠の接触による逆吸引。そのウィエトレスを調べると、動機は「けちやろうだから」嫌がらせのつもりで、殺意はなかったみたい。で、命取りになったのはけちだったことと足に残っていた鉛か?っと思いきや、毒物検査の結果は大量の鉛を摂取しないと出ない数値だった。一体、鉛をどうやって摂取したのか?またまた、ゲーム中の録画ビデオから探ることに。グリッソムは、ドイルがチョコを食べているのに注目し調べることに。そして解ったことは、チョコの7割が西アフリカで製造されているということ、そして、西アフリカではまだ有鉛ガソリンが使われていて,車の排気ガスが空気中に排出されチョコの原料カカオが雨が降ると鉛入りの雨を浴び、土に吸い込んだ雨をカカオが吸い上げる。酸性雨の原理そして毛管引力。カカオが収穫され商品となって店頭に並んだ一つがチョコレート。ドイルは“キャンディーマン”と言うあだ名が優勝した年に付いた。優勝のお守りとして毎晩500グラムをチョコを食べ続けていた。大量の鉛を食べていたことになる。
引き金になったのは目薬に入っていた成分だが、本当の死因はチョコの食べすぎ。
 
 1日500グラムのチョコって相当の量だと思うけれど、やっぱり何でも片寄らないでいろんなものを食べないとね。好きもほどほどにって言うしね。



 キャサリン達の方の死体の死因は胸骨を貫通し、右こめかみから出ている。鼓膜はずたずた。着衣はガソリン臭い。胸にはハーネスかシートベルトのような痕が残っている。トップガンなのか?
現場を調べたらサイドミラーが落ちていて2台分のタイヤ痕があった。ドラッグレースかストリートレースか?
ストリートレースが行なわれる場所へ聞き込みへ言ったキャサリンとニック。このストリートレースは映画「ワイルド・スピード」シリーズを観たことある人には解り易い。(ちょっと余談「ワイルド・スピードX3」もポール・ウォーカーが主演だったら見に行ったんだけれど今回はパス)そこで、改造担当のミケランジェロから突然やって来て小切手で改造車を買っていった男の情報を得た。小切手は生命保険会社の裏書小切手だった。裏書小切手で買い物?すぐ身元が分かるのにって思っていたらやっぱりすぐ身元が割れた。トニー・デル・ネグロ(イアン君)。そしてキャサリンとニックは彼の家に向かった。車を調べたニックはガラスが張り替えられているのと車内には発射残渣を発見。トニーの母親は2年前に車2台の衝突事故によるひき逃げで殺されていた。この時の被疑者が今回の被害者のジェイス・フェルダー。母親の復讐のため、ストリートレーサーになって機会をうかがっていたトニー。チャンピョンのタイトルと命を奪ったのは母の命を奪ったお返しだと・・・。

 母親思いの優しい青年なんだけれども、なんだかこんな復讐をしようとまで思いつめていたなんて考えると悲しい。母の命と引き換えに保険会社から支払われたのは小切手。トニーにはただの紙にしか思えなかっただろう。だからこそ、その小切手で車を購入し、殺害を考えたんだろう。母の命はこの紙切れかよって・・・。
コメント
この記事へのコメント
観ましたよ!
前半の事件は、なんだか身近な酸性雨の話が登場してぞぞっとしたり、あのヘルニア脳が気持ち悪かった。と、気もそぞろ。ブーンはどこ?待ち遠しくてしかたなかった。ブーン君じゃなかったトニー、ホンダって日本車に乗ってたじゃない(笑)。
久々にみた青い瞳にボッーとなっちゃいました。
2006/10/08(Sun) 23:57 | URL  | モリー #-[ 編集]
う・ふ・ふ!!
モリーさん、こんばんは!
ご覧になられましたか。グリッソムチームのお話は、そそ、身近で気になる話なんですよね~。検視もウォリック同様キモ悪でしたよね。
そっか、ブーンを待ってみていたら長かったかもしれませんね。そして日本車でしたね。澄んだ青い瞳いいですよね。残りはマイアミで楽しみましょうね。
TBありがとうございました。
2006/10/09(Mon) 01:36 | URL  | りり・か #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
LOSTに出演していたブーン、イアン・サマーホルダーがゲスト出演したエピソードでした。もうLOSTでは観られないので、こういったゲスト出演エピソードを楽しむしかありません。こんなところに出演していたなどの情報がありましたらご一報ください。
2006/10/08(Sun) 23:59:09 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。