海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:スパイダーウィックの謎/The Spiderwick Chronicles
2008年08月24日 (日) | 編集 |
スパイダーウィックの謎 スペシャル・コレクターズ・エディションスパイダーウィックの謎 スペシャル・コレクターズ・エディション
(2008/09/26)
フレディ・ハイモアメアリー・ルイーズ・パーカー

商品詳細を見る


The Field Guide (The Spiderwick Chronicles)The Field Guide (The Spiderwick Chronicles)
(2008/01)
Tony DiTerlizziHolly Black

商品詳細を見る


The Seeing Stone (The Spiderwick Chronicles)The Seeing Stone (The Spiderwick Chronicles)
(2008/01)
Holly BlackTony DiTerlizzi

商品詳細を見る


Lucinda's Secret (The Spiderwick Chronicles)Lucinda's Secret (The Spiderwick Chronicles)
(2008/01)
Tony DiTerlizziHolly Black

商品詳細を見る


Spiderwick Collector's Trunk (Spiderwick Chronicles)Spiderwick Collector's Trunk (Spiderwick Chronicles)
(2007/11/05)
Tony DiTerlizziHolly Black

商品詳細を見る


監督:マーク・ウォーターズ
原作:ホリー・ブラック
出演:フレディ・ハイモア、サラ・ボルジャー、ニック・ノルティ,ジョーン・プロウライト他
 
両親が別居することになり、マロリー、サイモン、ジャレットの3人の姉弟はニューヨークを去り母親と共に森深い大叔母様の屋敷に引っ越してきた。
そして好奇心旺盛なジャレット(フレディ・ハイモア)は屋根裏部屋で「決して読んではいけない」とメモ書きされた一冊の本を発見してしまった。
その本は妖精たちを調べた内容が書かれており、そこから姉弟らのアドベンチャーの始まりとなるのでした。

お決まりの子供向けの作品と言ってしまえば終わりだが、この物語に登場する妖精ってのがユニークで面白い。ジャレットたちの見方となってくれる妖精といえば蜂蜜大好きでなんだか憎めない存在。(笑)
妖精たちのユニークさも楽しめるが、なんといってもあのフレディ・ハイモア君が全く正反対の性格の双子という二役を演じているのも見物。「ネバーランド」「チャーリーとチョコレート工場」で名演技を見せてくれたフレディ君だけに流石の演技でした。素晴らしい!そうそう、ちょっとおじいちゃん度進行中のニック・ノルティも笑えちゃいました。
この作品は機内上映にて鑑賞なので小さな画面でしたが、なかなか楽しめました。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
フレディ・ハイモア君が二役だったとはお見事でした。すっかり騙されて違う役者さんだとばかり。
いや~子供向けの作品にしてはあんな怖いシーンがあるんですね。
蜂蜜好きな妖精は愛らしいかったです。
2009/04/06(Mon) 23:15 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
モリーさんは妖精たちちょっぴり苦手だったようですね。蜂蜜好きの妖精は大丈夫でしたか。(笑)
もしかしてハリポタシリーズやリングシリーズの同様の生き物達も苦手かしら?
確かにモリーさんの好きなジャンルの宇宙人のほうが愛らしいかもしれませんね。
2009/04/07(Tue) 00:33 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
劇場の予告で観たいと思った作品です。上映期間が短くて劇場へは行けなかったのでDVD化を待っていました。
2009/04/06(Mon) 23:09:08 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。