海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MI-5/Spooks S5 第6話&第7話「サウジアラビア公館占拠 前編&後編」
2008年08月04日 (月) | 編集 |
Mi-5: Volume 5 (5pc) (Full Ws Dub Sub Ac3 Dol)Mi-5: Volume 5 (5pc) (Full Ws Dub Sub Ac3 Dol)
(2008/01/08)
不明

商品詳細を見る


"Spooks"
(2007/09/06)
"Kudos"

商品詳細を見る


ルースが去った寂しいMI5ですが(ハリーもとっても寂しそう)、悲しがってばかりいられない。石油供給を巡って・・・・・。


イギリスはアラブへ核技術を売り今後の石油供給の保証を買うという取引を成立させようとしていた。この取引の仕上げにアラブの王子4人をイギリスに招いていた。だがこの王子の中の一人がアルカイダの資金源。この重要な取引を成立させるためにも王子らの警備orアルカイダに繋がる王子を特定するのが今回のMI5の任務。現地MI6のニールがこの任務に派遣されてきた。

でもMI5はコンテナで密入国した人物ら追っていたので王子の件の任務はロスとニールがあたる。ロスは王子らに接近し情報収集する。だがこれといった収穫なし。そこで貿易センター歓迎会に上手くもぐりこんだと思ったのだが、これが大変。武装テロリストによって占拠されてしまった。人質となってしまったロスだがさすが冷静。本部へこの情報を伝えるのだが・・・・。

犯人らはアルカイダを名乗り、400人近い投獄中の同志を解放しろと犯行声明を出してきた。

一方、自爆テロを警戒してコンテナによる密入国者らを追っていたアダムらは、それは偽自爆テロであって貿易センターを占拠するためにハメられたのだと気づく。MI5の動きが敵に漏れているとしか考えられない。内部にモグラが!こんな時にルースの後任の女性サリーが自宅で殺害された。疑いは真っ先にサリーに向けられたが、調べていくうちにMI6から来たニールがモグラだと分かる。だがばれたと悟ったニールは自殺を図ってしまい彼から何も情報を引き出せないままだった。

アルカイダを名乗るテロリストグループのやり口にはいくつか納得できない点があり、考えを整理したアダムとザファーは、この取引を妨害したいイスラエルの仕業ではないかと考えた。


占拠された貿易センター内では、一人目の人質が容赦なく・・・。そしてアルカイダに繋がる王子までもが・・・・・。

SASがこれ以上犠牲を出さないためにセンター内に突入。人質は救出。そしてアラブとの取引も成立しMI5の今回の任務は終了。



突然人質の一人にになってしまったロスですが、彼女の気丈さそして命がけの行動はさすがエージェントと思わせるものでしたね。
そしてジュリエットは車椅子ですが復活。歩けるようになる日が来ますように。
それからルースのいない寂しさをこれからどう紛らわすのかなハリー。そして、まだまだフィオナを失った悲しみから立ち直れないアダム。夜な夜なうなされているよう。ウェズのパパだぞ、頑張れ。ニールのような道をたどって欲しくない。いや、それは大丈夫そうだがウェズのベビーシッターとそれでいいわけ?
テーマ:★海外ドラマ★
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
ベビーシッターで寂しさ(その他もろもろの感情)を紛らすアダム、すっごく気に入らないです。あまりにもお手軽だーっっ!彼女もかわいそうだよ。このベビーシッターとの関係が早く終わることを切に望んでおります。
エピソード自体は…私は地道な捜査話が好きなので、だんだん大仕掛けになってくるのが寂しいです。シリーズが進むにつれて仕方ないことなのですが。
2008/08/05(Tue) 07:32 | URL  | atsumi #Xlf.8pIU[ 編集]
atsumiさん、こんにちは!
次回放送はまだ未見ですがアダムとベビーシッターの続きは見たくない気分です。まあ、今回のロスを見ても分かるように、人間どん底に落ちたら女の方が強いのかもしれませんね。アダム(男)の弱い一面ってことでしょうかね。(笑)

エピの方ですが、私は中東問題にあまり詳しくないのですが、アメリカドラマ「24」なんかだと、悪いのはテロリスト、そしてヒーローはジャック・バウアーって感じで描かれてしまっているので、ヒーローものとして楽しむ分には特に中東問題を頭に入れていなくっても楽しめますが、こちらはそのテロの背景を学ぶには映画「キングダム」や「シリアナ」なんかのようによく出来ていたように思います。それゆえに2話にわたってのエピソードとなってしまったのではないでしょうかね。いや2話では表現しきれなかったかも。

>地道な捜査話が好きなので、だんだん大仕掛けになってくるのが寂しいです
国を預かる機関を描いたドラマなだけにやはり大仕掛けになってしまうのかもしれませんね。
2008/08/05(Tue) 18:15 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
政府要人があれだけ集まる貿易センターの警備が手薄ってのも、ちょっとどうかと思ったのですが・・・(爆)、まぁロス姐さんが孤軍奮闘してくれましたよね。
そして、ルースの後任サリー、あまりも短命で気の毒デシタ。
次エピも見ましたが、アダム、やはり心配ですねーーー。
TBしました♪
2008/08/07(Thu) 15:30 | URL  | BIBI #wyffVNu2[ 編集]
BIBIさん、こんにちは!
お返事遅くなってしまってすみませんでした。

>貿易センターの警備が手薄
そういえば手薄でしたね。大事な取引のための接待ですよね。意外とこのドラマMI5も突っ込みたくなるところあったのですね。(笑)

私、今回のエピでロスの株が少し上がりました。やっぱ、強い女はいいですわ~。

このドラマは出演者の入れ替わり激しいですけれども、サリーはこれだけだったのですね。ちょっとかわいそう。
TBありがとうございました。
2008/08/13(Wed) 17:40 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
射殺されたハーンらの自爆テロのほうはかく乱目当ての全くの偽物爆弾で、本物は全てケータリング業者に紛れて貿易センターに集結していた。...
2008/08/07(Thu) 15:24:56 |  Drama Blog
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。