海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームレス中学生
2008年07月31日 (木) | 編集 |
ホームレス中学生ホームレス中学生
(2007/08/31)
麒麟・田村裕

商品詳細を見る


児童書版 ホームレス中学生児童書版 ホームレス中学生
(2008/07/24)
田村 裕

商品詳細を見る



吉本の芸人、麒麟の田村裕さんの話題の自叙伝がドラマ化されたのを見ました。この作品映画にもなるんですよね。映画では裕役を小池徹平さんが演じることで知られていますが、小池徹平さんが演じればまた違った雰囲気を感じられることでしょうが、ドラマの方もなかなか面白かったです。


中学二年生の夏を通称バキューム公園で過ごした裕さん。ダンボールや草を食べたこと、持ち前の明るさで頑張る裕さん。裕役の黒木君の演技もなかなかなもので笑えるところも多々ありなのですが、実は目頭が熱くなるところもたくさんありました。

なぜに公園での生活をすることになったのか。その不幸は母親の死から始まり、父親の「解散!」宣言で。いや~、この父親の言葉、すごく耳に残ってしまったのですが、やっぱり父親ってものはあんな状況に立たされてしまうとそうなっちゃうかもしれないなんて思えたし、あれが逆で母親ならこんな風にはならなかっただろうって思えた。

裕の母親への想い。途中、何を甘ったれたこと言ってる、しっかりしろ!なんていいたくなりましたが、しっかり母親の死を乗り越えた裕を見た時にはすごく立派に思えました。
中学時代のホームレス生活を面白おかしく描いているだけではなく、彼の兄姉の絆、両親への想い、ご近所さんのご好意、彼の成長する姿などなど、感動できるなかなかいいドラマに仕上がっていました。

テーマ:ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。