海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:プライドと偏見/PRIDE & PREJUDICE
2008年06月21日 (土) | 編集 |
プライドと偏見プライドと偏見
(2006/11/30)
キーラ・ナイトレイジェーン・オースティン

商品詳細を見る


高慢と偏見 上   ちくま文庫 お 42-1高慢と偏見 上 ちくま文庫 お 42-1
(2003/08)
ジェイン オースティン

商品詳細を見る

高慢と偏見 下   ちくま文庫 お 42-2高慢と偏見 下 ちくま文庫 お 42-2
(2003/08)
ジェイン オースティン

商品詳細を見る


atsumiさんよりご紹介作品・・・・。
監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ジュディ・デンチ、トム・ホランダー他
原作:高慢と偏見(ジェーン・オースティン)

18世紀のイギリス。中流階級のベネット家を中心にお話は展開。ベネット家は5人姉妹。当時の女性は結婚こそが人生の幸せ。母親は娘達の嫁入り先を見つけなければと、舞踏会での素敵な出会いに期待する。

このお話はベネット家の次女のエリザベス(キーラ・ナイトレイ)と古くからの名家で1万ポンドの財産を誇る上流階級のダーシー(マシュー・マクファディン)とのラブストーリーを描いたもの。
上流階級を意識するダーシーのプライド、そしてエリザベスの彼に対する偏見が邪魔をしてお互い惹かれるものがありつつも上手くことは運ばない。だがある日、自分の気持ちを押し殺すことが出来なくなったダーシーは・・・・・。

もちろん、そのエリザベスの周りでも長女のジェーンとヒングリー恋、妹と軍人ウィッカム、父方の従兄弟コリンズとエリザベスの友人シャーロットとそれぞれの仲が進展してゆくのだが、ダーシーがやっぱりどこかに関わりがあるんですよね。エリザベスとダーシーはやっぱり出会うべくして出会い、結ばれる運命にあったのでしょうかね。
主人公のエリザベスにすごく感情移入しやすいので、とても分かりやすいし女性が好むお話でしたね。もちろん現代に生まれてよかったと思えるのですが、舞踏会での素敵な出会いなんてやっぱり憧れですものね。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
キーラちゃん。
人が言うほどキーラ・ナイトレイを良いとは思いませんが、この映画のキーラは好きです。もう役柄にぴったり!
しかし彼女よりも素敵なのは、やっぱりマクファデン君!初々しいし、いじらしいし…(感涙)。
ジョー・ライトの演出もよくて、この人は「つぐない」よりこっちのほうが絶対いいと思います。
2008/06/24(Tue) 21:42 | URL  | atsumi #Xlf.8pIU[ 編集]
atsumiさん、こんにちは!
題名からしてすごく硬そうな印象を持っていたのでatsumiさんに教えていただかなければ手を出さなかった作品だったかもしれません。マシュー・マクファディンさんの演技見たさで見ましたがお話もすごくよかったです。なんとなんと主役のキーラにすっかり自分を置き換えて見れたのですごく入りやすかったです。ドロドロラブストーリー系はダメですがこれなら全然OKでした。

atsumiさんはマシュー・マクファディンさんがお気に入りなんですね。確かにこの作品の彼、とても素敵でした。MI5でも見てみたくなりました。s1~s3も放送してほしいですね。でも、やっぱりジョン・キューザックに似ているなんて言っちゃったらダメかな?もちろんジョンよりもう少しワイルドでカッコよいですよ。(笑)
そうそう、この作品を見て「つぐない」も見てみたくなりました。こちらの作品の方が良かったですか。でもやっぱりそのうち見てみます。実は時間の関係上あまり普段見ないDVDのおまけの特典映像やらハリウッド的ラストなんてのやら全部を見てしまったくらいこの作品気に入ったのです。
2008/06/24(Tue) 22:46 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。