海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
華氏911
2006年09月26日 (火) | 編集 |
華氏 911 コレクターズ・エディション華氏 911 コレクターズ・エディション
(2004/11/12)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る


ずいぶん前にテレビで放送され録画したままになっていたものをようやく見終わりました。
先日「ユナイテッド93」を観て10月公開予定の「ワールド・トレード・センター」も観たくなってしまい、その前にこの「華氏911」も観ておいた方がいいかなって思ってやっと視聴しました。

「ユナイテッド93」の感想はこちらからどうぞ
「ワールド・トレード・センター」の感想はこちらから



 劇場上映されていた時から気になっていた作品でしたが、う~ん、劇場で2時間見るのはちょっと厳しいものがあるなっと言うのが正直な感想です。映画というよりはドキュメンタリーなので、大画面で楽しむというよりはテレビ画面で十分ではないかと思いました。
 
 当時のブッシュ政権がどのようなものであったかニュースでは伝わってこない部分が描かれていたように思います。ビン・ラディン一族とブッシュ一族の古くからのかかわりがあったこと、そして航空状態が麻痺しているなかビン・ラディン一族が911以降アメリカ脱出するのを手助けしたのも分かりました。そして大統領当選の疑惑も・・・。
 
 当時、誰もがこぞってイラクに志願して行き、ブッシュ政権に多くの国民から支持を受けているのかと思っていたらちょっと違っていました。日本で放送されているニュースを見た限りではアメリカが一丸となって自由のためにテロに対抗して立ち上がったっというように思えました。日本だったら?って。

 イラクに派遣され帰らぬ人となった息子からの手紙を読む母親の姿はとても辛いものでした。そして、マイケル・ムーア監督自らが、議員達に自分の子供にイラクに志願するよう言えますかってパンフ配りながら行っているシーンはびっくりでした。だれも、「YES」なんて即答する人いなかったですね。困っていた様子。それに、入隊しイラクに行くとお金が稼げるよって勧誘するのにもびっくりでした。
 
 イラクに派遣されたくさんの尊い命が犠牲になった。あの戦争は911で犠牲になった多くの人達、それなのに更に多くの犠牲者を出しただけではなかったのか?そんなことを、マイケル・ムーア監督は映画という道具を使って皆に訴えたかったのではないでしょうか。ブッシュ政権って?

 この映画を観てからブッシュ大統領を見る目が変わってしまったかもしれません。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
アメリカ
訴えようとしているメッセージは強烈なものがあり、
この映画が上映されることもアメリカって凄いなと思いましたが、ちょっと2時間は辛いものがありますね。録画したのですが途中で断念しちゃいました(汗)。
ドラマでよくプロパガンダなんてありますが、地でいっているようなものですものね。
大統領を見る目は、モチロン変わりましたよ。
2006/10/01(Sun) 18:42 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
大統領を見る目・・・
モリーさん、こんばんは!
モリーさんも、お家で鑑賞でしたか。私も劇場上映していた時、気になっていたのですが見過ごしてしまい家で鑑賞になってしまったのですが、これ劇場じゃなくって良かったと思いました。私も実は、一部2倍速で観たところもあるのですが、でも最後まで見てよかったと思いました。途中は、ほんとインタビューばかりで、これって映画かい?ドキュメンタリードラマでテレビ放送で十分じゃんって思っちゃうような箇所ありでしたから。でも、映画にして訴えようとする監督のエネルギーには恐れ入るしだいです。強烈なメッセージでしたよね。
2006/10/01(Sun) 20:40 | URL  | りりか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。