海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BONES #12「ヒーローの死」
2006年09月24日 (日) | 編集 |
BONES ―骨は語る― DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版)BONES ―骨は語る― DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版)
(2008/04/25)
ジョナサン・アダムズミカエラ・コンリン

商品詳細を見る


「小学生が死体を発見・・・」というマスコミ報道陣が駆けつける現場。地元警察はお手上げ状態の様子。そしてFBIに回ってきたお仕事らしい。所長は「謎のコスプレ死体、FBIに手がかりなし」てな記事を書かれたくない。そこでブースはまたブレナンに遺体の身元割出しを依頼した様子。ブースは相当ブレナンの腕を信頼しているって感じです。そして現場にブレナンとザックが駆けつけてみると・・・。(ブースのコートのごろごろした襟元なんだか気になってしまった。あわてて現場に駆けつけた様子をだしたかったのかしら?)

遺体は腐敗し劣化しており何か繊維素のようなものが付着し、うじ虫が湧いていた。おまけに頚骨が裂けている。すごい衝撃を受けたよう。飛び降りなのか?さっそく遺体を研究所に持ち帰って、調べることに。
被害者は身長160cm、17歳、ウォーレン・グレンジャー。繊維素はコミックブック。殺害後突き落とされた。自殺に見せかけるためにっと次々と判明。自宅学習で高校を終了。母親と継父が2ヶ月前に捜索願を出していた。そして自宅に向かったブースとブレナン。

 どうやらウォーレンは友達も敵もなく、一日中部屋でコミックを読み、ゲームをして過ごすコミックおたくだった。
ブースがお宝コミックを発見すると「あなたも同類?」なんて聞いているブレナン。すがさずおたくはブレナンの方だと言い返すブース。笑っちゃった、ブレナンって“骨おたく”って言っても可笑しくないですもんね。
 そして遺体が身につけていた衣装は「シチズン14」と言うコミックブックのヒーローだと言うことがわかった。自分をそのスーパーヒーローに仕立て空想の世界に生きていたということも。そして親の知らないウォーレンのおたく仲間もいた。彼らはコスチュームを身につけ本気でヒーローごっこをしているらしい。

 遺体に付着していたコミックブックをアンジェラが復元しその内容から事件の仮説を皆で立てて考える一方、ブレナンはもう一度骨を調べなおすことに。しかし、アンジェラってコミックブックまで復元してしまうんだ、凄いです。

 コミックブックを一度も読んだことのなかったザックは何冊か読んでみた。そして天才ザックなりの解釈。ベースはギリシャ神話と同じ。ヒーローはヘラクレスと同じ。スーパーヒーローと同じような能力を持ってみたいと。なんだかすっかりコミックブックのとりこになってしまったみたい。それは普通の男の子がいだく普通の感情じゃないのかな。天才らしくないってブレナン言うけれどザックは天才よりいいって。ちょっとは天才の中にも普通人が目覚めてきたみたい。なんだかぼ~っとうつろなザック君。骨の洗浄中もコミックブックを読むふける。そして、コミックといえども実は深いテーマが隠されているって。
私はコミック愛読者ではないけれど先日2本のアメコミから生まれた映画「X-MEN ファイナルディシジョン」と「スーパーマン リターンズ」を見てきたばっかりなので、ザックの言っている深いテーマが隠されているっというのはなんだか同感でした。もちろん映画なのでコミックどおりの内容ではないけれど「X-MEN」の方は差別をテーマに。「スーパーマン」の方も自分の存在・役割をテーマにしていたように思います。映画もコミックも娯楽と考えてしまえばそれまでですが、ザックが言う、人の心に深く訴えかける力も持っているってことですよね。

 骨の洗浄後、ウォーレンは白血病であったことが判明。両親は11歳の時に完治したものと思っていたが進行していた。ウォーレンは死期を悟ったのか勤務先のボーリング場の妻が夫に暴力を受けていることを知り、最後にヒーローになって悪者を倒したかったみたい。でも病を患っている彼にはかなう相手ではなかった。ブレナンは一撃でねじ伏せてしまったけれども・・・。

 葬儀の日、アンジェラが復元し完成させたウォーレンのコミック作品を母親の手渡していた。そのコミックブックからウォーレンの思いそしてザックが言う深いテーマとメッセージが母親に伝わったことでしょう。そして大事な遺品となったことでしょう。

今日は、笑えるシーンはあまりなかったけれども、ちょっと前に観た映画と同じコミックが題材だったので、興味を持って見ていました。たかが映画たかがコミックかもしれないけれどそこには大切なメッセージが・・・。
コメント
この記事へのコメント
最近の映画はコミックを原作にしたものが結構ありますよね。長い間人々から愛されてきた作品だからこそ、みんな特別の感慨を持って見るのかも知れません。日本との事情の違いなどが面白いお話だったと思います。ブレナン博士や、ザックはお勉強ばかりだったのでしょうか。共通の話題がないと友達ともお話しにくいですよね。
TBさせていただきました。
2006/09/24(Sun) 21:51 | URL  | josetangel #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは♪
自作コミック本にメッセージが込められているなんて、今回ザックやブレナンには
勉強になったのかもしれませんね。
アンジェラのコミック本復元、そして丁寧に仕上げていくあたり、
私もすごいなぁと思いました。
ウォーレン、残念な事になってしまいましたが、ヒーローでしたよね…。
TBさせてもらいます!
2006/09/24(Sun) 22:11 | URL  | suubi #53A0b1AQ[ 編集]
スーパーヒーロー
v-380josetangelさん、こんにちは!
コミックを映画にしたいと思う映画関係者がたくさんいると言うことはそれだけ、コミックってたくさんの人の心に溶け込んでいるってことですね。ウォーレンはちょっと溶け込みすぎでしたが・・・・。
ブレナンやザックはお勉強がお友達だったのかもしれませんね。(笑)
TBありがとうございました。



v-379suubiさん、こんにちは!
たかが映画、たかがコミック、たかがドラマでもいろんなメッセージが込められているってことですね。
アンジェラの技術すごいですよね。そしてそれを仕上げて手渡すなんて素敵でしたね。
TBありがとうございました。
2006/09/24(Sun) 23:54 | URL  | りりか #-[ 編集]
こんばんは~
最初はけっこう、オタク~って顔しかめた感じだったみなさんが、じょじょに彼のヒロイズムに心動かされるってのが、よかったです。

でも、果たして白血病が再発してるのを親に隠し続けられるんだろうか?って、ちょっと突っ込み。

TBさせていただきました!
2006/09/25(Mon) 01:23 | URL  | とんぼ #-[ 編集]
コミックおたく
とんぼさん、こんにちは!
みんなコミックは好きだから共感できる部分があったんでしょうね。彼の伝えたかったことがみんなに伝わったってことでしょうかね。最後の葬儀を見てると。
白血病隠してたってちょっと不思議ですよね。
TBありがとうございました。

2006/09/25(Mon) 12:10 | URL  | りりか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ヒーローの死 -The Superhero in the Alley- 奇妙な衣装を着た腐乱死体が発見される。ブレナンは別の仕事も請けていたが、死体の身元は17歳の少年ウォーレンだと判明すると、そちらを後回しにして事件に取り組む。ウォーレンは自宅学習で高校を卒業したアメリカンコミック
2006/09/25(Mon) 20:08:11 |  blog EVERGREEN
今回は思いっきりアメリカンな(?)格好したBooth君登場のエピ。・・・・・・・なんでスーツにコートに、キャンパススニーカーはいてんねん??しかもマイユニフォームにマイボール持参・・・・・・・仕事やるきあんのか?アメリカンスマイルするとファーストフード...
2006/09/25(Mon) 01:17:08 |  のりこの原宿気まま日記
『BONES』 第12話 “ヒーローの死”コミックのコスプレをした腐乱死体が発見されます。どうでもいいけど、ブースはスニーカーでしたね。今回、骨はもちろんですが、死体と一緒にあったカバンの中身─コミックの
2006/09/24(Sun) 22:12:31 |  海外ドラマにハマる!
「コミックオタクの世界」このエピソードは私としては結構、イタタな部分があります。ホジンスがザックのことをgraphic novel nut(アメコミオタク)と言いますが、Star Warは別として、彼が例に挙げたStar TrekもStargateも、Battlestar GalacticaもすべてWEBのコンテン....
2006/09/24(Sun) 21:36:57 |  Not Fade Away - ANGEL News
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。