海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CSI:NY2 第24話「守るべきもの」/Charge of this Post
2008年05月17日 (土) | 編集 |
CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-2CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-2
(2008/06/27)
エディ・ケイヒル: ヒル・ハーパーアンナ・ベルナップ

商品詳細を見る


CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-1CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-1
(2008/05/23)
エディ・ケイヒル: ヒル・ハーパーアンナ・ベルナップ

商品詳細を見る


シーズン最終話。市警の管轄を超えたビックリするような事件。1時間ほどで無事収まるのかと思えるような内容でしたが、上手くまとめられていました。
日曜日のブロックパーティーで人が集まる中、証券会社のビルで警備員の死体が発見される。マック、リンジー、フラックは現場に到着。リンジーは足りない道具を取りに車に一旦戻る。マックとフラックは害者の血痕をたどってビル内を捜索。そして争ったと思われる場所の天井を見るマックは驚きの顔。なんとC4爆弾が!!
急いでビル内の人を避難させ、外にいるリンジーも付近の人達を避難させる。だが、マックとフラックがビルを出る前に爆弾が爆破してしまった。リンジーはマックの携帯に連絡するが連絡が取れない。マックは!フラックは!
ホークスとダニーがビル内の捜索に向かう。マックが不在でステラが現場指揮を執っている。そこへ国土安全保障省の人たちもやってきてた。ビル内に残っていた人はマックたちを入れて10人ほど。犯人の狙いは?

ビル内はグチャグチャ。いつ崩れ落ちてきてもおかしくない状態だが、マックはどうやら動きが取れる様子。フラックの名前を呼ぶが返事なし。マックたちと一緒に逃げようとしていた男性スミスさんも何とか無事。だが、フラックが大変!!胸に大きな傷。マックはフラックの大きく開いた胸の傷の応急処置をする。スミスさんの手を借り、彼の靴紐で止血し、ひゃ~気絶しそう。マックは海兵隊員時代にこのような傷は見たことがあるかもしれませんがスミスさんは初めてでしょうによく頑張ったです。冷静な人でほんとよかったです。そして付近のものを叩いて音を出し救出を待つ。その音を聞いたのかダニーが救出に来る。
マックは海兵隊時代の記憶が蘇る。

ビル内に閉じ込められていた他の人たちはみんな無事。マックとスミスさんも軽症。フラックは病院に搬送された。ステラはマックに変わってテキパキと指示をだしている。やっぱりステラはマックの右腕ですね。

ビル内をの写真を撮るダニー。回りで作業する人はみんなマスクにヘルメット着用なのにダニーはつけてなくって大丈夫なんですか?

現場を隅から隅まで探しても起爆装置が見つからないってことはフラックの胸にめり込んだのか?病院でフラックの胸から取り出した破片を調べると携帯電話だとわかる。
犯人からマックに電話が入った。16:00にもう一度爆破すると爆破予告をしてきたのだ。
起爆装置となった携帯のシムカードを調べると国土安全保障省の者が使う番号が残っていた。コールバックを求めるコードだったのでかけ直したら爆弾にスイッチが入るという仕組みだった。保障省の内部のものしか知らないコード、そして2週間前にノートパソコンが盗まれているという事実。国土安全保障省ともあろうところがこりゃぁなんとお粗末なんだ。
誰もが電話を使う。どうすれば次の爆破を防げるのか?マックにも何度も犯人から2コールで切れる電話が入る。2コールなので逆探知無理。表示される番号に思い当たる節ありのマック。海兵隊時代ベイルートで兵舎が爆破され日と同じ。マックがあの場にいたことを知るものの犯行。犯人の目的は爆破ではない?マックは携帯のリモート信号を追い次なる爆弾の設置場所を見つけた。大学の図書館。
マックが起爆装置を解除。爆弾処理班は軍が使うC4爆弾の処理は不慣れってことなのか?
マックが解除した途端に犯人からまた連絡がある。狙いは何だというマックの問いに、叶いつつあると言って切れた。

回収した爆弾の部品類から州兵駐屯地が浮かぶ。州兵駐屯地に問い合わせると期限切れのC4を業者に回収依頼したが、業者が行くと誰かが持ち去った後だったそうだ。どうやら犯人は業者に成りすまして盗んだらしい。その業者のバンが空き家で見つかったという情報が入ったのでマックとステラがその空き家に向かう。
犯人はマックの軍の履歴を調べ抜いている。そして自身は海兵隊に3回志願して3回とも心理評価ではねられている。犯人は爆弾を造れる軍隊狂信者。夢は海兵隊員になること。そしてマックにご執心。現場にマックが落とした警察バッチが部屋にあったのだ。“NCIS”にこんなお話しなかった??

採取された毛根からDNAは無理だったが、統合失調症の薬が検出された。2週間は薬を飲んでいないらしい。

臨時対策本部に戻ったマックとステラは「あらゆる助けが要る」とつぶやきながら出かける国土安全保証省のレッシングとすれ違う。彼の靴跡は青い。あの現場のコピーのトナーだ。彼は現場に入ってないはずなのに。次の爆破予告の劇場に向かったマック達。そこには銃を手にするレッシングが。レッシングの様子を見てマックは軍人を扱うように命令する。上手くいきました。ほ~。

事件が解決しフラックの病院に駆けつけるマック。レッシングはやり方は間違っていたが「我々は無防備だ」と言うことを訴えたかったとマックはステラに説明する。殺害目的ではないにしろやっぱり危険人物ですよね。ステラはそんなマックに「味方するわけじゃあないわよね」と言うが、やり方は間違っているがマックは元海兵隊員だからレッシングの気持ちが分からくもないのだろう。
そしてホークス、ダニー、リンジーも駆けつける。24時間看護で慎重ながら順調な回復をしているフラックだと言うことでダニーはリンジーを送って帰ることに。ホークスはドクターの説明を聞きに。
そして海兵隊時代のこととフラックの今回のことが重なり辛くて重い気持ちのマックにステラは付き合うのだった。
フラックは微かながらマックの手を握り返した。いいぞ、頑張れフラック。


マックが元海兵隊員という設定からか前回のお話といい海兵隊がらみのストーリーが続いたのでしょうかね。NYとNCISのコラボストーリーなんてあれば面白かも。
たぶんフラックはマックの応急処置がよかったから回復するだろうし、歯切れの良い最終話でした。
ダニーはエイデンの次はリンジーに興味深深なのかな?時々彼女がいるような会話が織り込まれていたがダニーって女性に熱心なようですね。嫌味ない程度にS3に織り込まれていればよしですが。
テーマ:CSIシリーズ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
海兵隊というとNCISを思い出しますよね。
マックが元海兵隊であるというのが生かされたエピソードだったと思います。しかし、このシリーズのキャラたちはCSIシリーズで一番、体張ってるという感じがしました。
ラストはフラックが重体だったし、エイデンに関してもびっくりな最期でした。

>マスクにヘルメット着用なのにダニーはつけてなくって大丈夫なんですか?
仲間のために必死な姿だったということにしましょう。そして、こういうシーンは歓迎ですが、ダニーさんの彼女関連はほどほどにしてほしいですね。

>爆弾処理班は軍が使うC4爆弾の処理は不慣れってことなのか?
そうなのでしょうね。軍関係だとC4ってよく登場する爆弾ですよね。確かNCISでもこのC4が出てきましたよね。
NYとNCISのコラボも面白そうですが実現は難しいでしょうね。

2008/09/24(Wed) 18:16 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
エイデンの事件は驚きでしたよね。何も丸焦げの最期じゃなくってもっと思ったほどです。フラックは回復しそうですよね。

>ダニーさんの彼女関連はほどほどに
事件に関係なくチョコチョコ織り込まれているから尚更いらないかもって思えてしまいます。ステラの彼のように事件絡みならいいですがね。

>軍関係だとC4
そっか、やっぱりそうなんですね。なんだか「ザ・ユニット」のS2が見たくなってきたです。

>NYとNCISのコラボ
チームカラーが全然違うし、ちょっと難しそうですよね。でもおふざけディノッゾをマックに睨んでもらいたいです。(笑)
TBありがとうございました。
2008/09/24(Wed) 19:20 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
グロイグロイと言いながらシーズン2も無事に見終えました(笑)。
2008/09/24(Wed) 18:18:15 |  海外ドラマ☆SFワールド
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。