海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ソニー/Sonny
2008年05月12日 (月) | 編集 |
SONNY/ソニーSONNY/ソニー
(2004/12/08)
ジェームズ・フランコ、ニコラス・ケイジ 他

商品詳細を見る


監督:ニコラス・ケイジ
出演:ジェームズ・フランコ、ミーナ・スヴァーリ、ブレンダ・ブレシン、ハリー・ディーン・スタントン、ニコラス・ケイジ他
ニコラス・ケイジの初監督作品と以前atsukoさんに教えてもらっていたので見たくて仕方がなかったのですがやっと見ることが出来ました。主演はこれまたニックと同じで目力演技が素晴らしいジェームズ・フランコ。ニックがジェームズを起用したのは納得の素晴らしい演技でした。あんなせつない思い悩んだ表情を出せるのはやっぱり彼でしょう。


軍を除隊したソニー(ジェームズ・フランコ)は故郷のニューオリンズに帰ってきた。ソニーの母親は娼婦を斡旋する仕事。軍隊に入る前のソニーは12歳の頃から母親に仕込まれて街では伝説の男娼だった。軍隊入りはそれから逃げるためだった。そして除隊後も軍で知り合った戦友の父親が経営する本屋の仕事を就くつもりで帰ってきたのだ。しかしその夢は簡単に破れ、再び元の仕事をするハメに。
ソニーはこの世界から抜け出したいが抜け出せない自分にイライラ。ソニー不在の間に母親が見つけた新入りのキャロルも同じ悩みを抱えていた。
キャロルは試してみると言って好きでもない男のプロポーズを受け入れる。そしてソニーにもこの世界から逃げるように言うのだがソニーが選んだのは・・・・・・。


ニックが若者の心の葛藤を描くために選んだのが娼婦の世界だとは知らないで見たからちょっとビックリでしたが、この悩み苦しむ青年を見事にジェームズ・フランコは演じていました。
咳止めシロップに依存する女性も出てきたしどんなことだって依存するぐらいどっぷりと浸かってしまうと、まあソニーの場合は生きていくためといえどもだけれども、そこから這い出すのは大変なことだと言うニックのメッセージだったのかな。
ヘンリーはたぶんソニーの父親だろうなとは想像つきましたが、ヘンリーが亡くなって初めて実の父親だと知ったソニーの荒れ狂う様子も上手かったですね。変なイエローおやじ扮するニックも可笑しかったなぁ。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
監督 ニコラス・ケイジ
ご覧になったんですね♪
初監督作品ということで、ワクワクして観に行きましたよ。
とっても雰囲気のある映画で、音楽なんかもこだわりあって、
なかなかやるじゃん!って思いました(^^
ジェームズ・フランコ、この役にはまってましたね~。
悩める美しき男娼・・・

DVDには監督のコメンタリーが入ってるのですが、
J・フランコがキレるシーンが出るたび、自分もやってみたかったとニック(笑)
ほんとにキレる演技が好きなんだ~って思いました。
でも、監督もいいけど、やっぱりこれからもいろんな演技見せてほしいですよねっ!
2008/05/13(Tue) 18:39 | URL  | atsuko #ncVW9ZjY[ 編集]
atsukoさん、こんにちは!
やっと観ました。atsukoさんは劇場でご覧になられたのですね。そしてDVDまでお持ちなんですか。すごい!やっぱりatsukoさんはスーパーニックファンです。
私はレンタル店で借りました。探せなくって店員さんに一緒に探してもらいました。1本だけあって嬉しかったです。

>ジェームズ・フランコ、この役にはまってましたね
この役は彼が適任でしたね。「学園天国」のラストのJ・フランコを思い出してしまいました。(笑)

>キレる演技
ニックやりたかったんですか。これはジュード・ロウが上手いかも。

>監督もいいけど、やっぱりこれからもいろんな演技見せてほしい
制作にもどんどん関わってニックらしい作品を見せてもらいたいですが俳優ニックももちろん観続けたいですね。きっと50、60代はもっと味のある感じになっているんじゃないでしょうかね?ですよね!
2008/05/14(Wed) 09:00 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。