海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CSI:NY2 第20話「沈黙の過去」/Run Silent, Run Deep
2008年04月16日 (水) | 編集 |
CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-2CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-2
(2008/06/27)
エディ・ケイヒル: ヒル・ハーパーアンナ・ベルナップ

商品詳細を見る


CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-1CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-1
(2008/05/23)
エディ・ケイヒル: ヒル・ハーパーアンナ・ベルナップ

商品詳細を見る


過去があるから今のその人があるわけなんですが・・・・・・。でもだからと言って他人に触れられたくない過去だってあるわけで・・・・。
今回のダニーは暴走しないで成長した面を見せてくれてたような気がします。でもちょっと・・・・・。
マックのデスクの電話が鳴る。マックの直通電話を知っているってマックのお知り合い?っとちょっと疑問も残るけれども、電話の相手は男。
男は「ジャイアンツスタンドの北のエンドゾーンに昔、皆でブロンクスの男を拉致して殺し死体を埋めた。 あいつの顔がずっとちらつくんだょ。今でも銃声が聞こえる。 奴を出してやってくれ。泣き喚く声が耳について離れないんだょ。」と興奮した様子で電話で罪を告白した後、車内で銃を撃ち自殺した。
男の言葉が事実かどうかを確かめるためにマックはニュージャージーに向かった。そしてニュージャージーCSIの協力の元、マックたちは白骨化した遺体と犯行に使われたと思われる銃とタバコの吸殻を発見する。
ラボに持ち帰って遺体を調べる。年齢17・8歳位。とっても高価な最先端テクノロジーを使って顔を復元し被害者をを特定。そしてその少年の父親から、当時彼が家計を支えるためにドラックを売っていた事を聞く。
電話をかけてきた方の男は肩の消されたタトゥーをレンジで復元してタングルウッド・ボーイの元メンバーだと言うことが分かった。
自殺した電話の男サルバドル・ザボがタングルウッド・ボーイと分かったら、さっそくマックはダニーに話を聞く。ダニーはザボと同じ街で育ったのでザボのことを知っていた。ザボはダニーよりも兄貴のルイと親しかったとダニーはマックに話す。そしてマックはこの事件に関わらないようにダニーに指示する。

発見した銃は盗品のひとつで所有していた人物があのソニー・サスーンだと分かる。さっそくソニーをあたるマック。強気のソニーだが、マックも今度こそ地獄に送ってやると強い意志を見せる。

タバコの吸殻を調べたリンジーは結果に驚く。それはダニーのDNAを示すものだった。先ずダニーに結果を見せたリンジーだったが、今回のダニーは偉かったね。ちゃんとマックに自分で報告。今自分に必要なのは上司よりも友人。っとすべてをマックに話したダニー。前のように誰も信じられないとひとりで暴走しないで偉かったよダニー。マックは友人としてしっかりダニーの話を受け止めてくれたしね。

マックはさっそくダニーの兄貴のルイに会いに行く。ルイはダニーがマックに話したこと以上のことを話さない。そして今は弟ダニーを守ることがすべてだと話す。
その後、ルイは救急隊に呼吸停止で発見され病院に搬送されたとマックに知らせが入った。

マックはダニーやルイの話から、タバコの検証をする。そしてあることに気づく。

ルイは処置が終わったがあまり好ましくない状態。病院でマックはタングルウッド・ボーイとダニーの間で事態が悪化しないようにフランクにしっかり監視するように指示。これにはマックが息子を心配するよな愛情さえ感じた。前回の件もあったしね。ちょっとはみだしっ子は心配分子だけれどもとっても可愛いものだしね。

ルイの所持品をラボに持ち帰り調べていたリンジーは、殴られて壊れた隠しマイクを見つける。マックはテープを復元しソニーの犯行を裏付ける決定的な証拠を見つけた。ルイは命がけでダニーを守るってこのことだったのですね。

ルイはこん睡状態。両親がもうすぐ来る。ダニーはテープの内容を聞いてルイがどれだけダニーを愛していたかを知って辛くって涙が・・・・。病室にいるのが辛い。外へ出たダニーは訪ねてきたマックの肩で泣き崩れる。マックは優しくダニーを抱きしめる。指示に従わないダニーに厳しい顔を見せることもあったマックだが愛情ゆえのこと。親子のようなふたりのシーンだった。ルイ、意識を取り戻すといいけれども・・・。


もうひとつの事件はホテルの1室である銀行頭取がめった刺しされ、ベットで死体となって発見された事件。
彼と休暇を過ごしていたステラも呼び出されて到着。このステラと彼の関係が次回に繋がる予告みたいなものだったのですね。
該者はホテルを借りた人物と別人。バスルームの鏡にはワセリンで書かれたメッセージを発見。その後このメッセージの筆跡を特定。部屋に一緒にいた人物がスプレー式のパンストを使っていたことも分かった。メッセージを書いた男は元囚人で今は出所し女性を斡旋する職業に就いていた。店にステラとフランクが出向く。そして部屋にいた女性も判明。男を刺した凶器も特定。と次々証拠が揃う。あとは頭取を刺した犯人だけ。
顧客リストから犯人を見つけた。犯人は凶器となったカキの殻剥き用のナイフをよく使うお店のオーナーでメラニーのために部屋を借りていた男だった。メラニーを救おうとしていたとか。
休日に別口で稼いでいたメラニー。彼女の様子が変だと休日に部屋へ行って別の男がいたので衝動的に殺害してしまったようだ。

事件が解決したステラの元に彼氏のフランキーがお手製プレゼントを持って訪ねてきた。ステラはプレゼントを気に入って、後ほどその名前の由来をネットで調べると・・・・。あのステラの驚きようからどんなサイトだかは想像はつく。次回フランキーの本当の顔が露見ってことでしょうね。


テレビ東京版はハイヴィジョン放送なのでとっても鮮明に映るのでとっても嬉しいのだが、そのおかげかグロさもUPしたように思えてしまう。今回もタトゥー復元はグロかったなぁ。そしてステラがシドから死体の一部をちょうだいって言うシーンも。
テーマ:CSIシリーズ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。