海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ユニット 第13話「背信」/The Wall
2008年04月15日 (火) | 編集 |
Unit: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Dol Sen)Unit: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Dol Sen)
(2006/09/19)
Dennis HaysbertScott Foley

商品詳細を見る


シーズンフィナーレとなってしまった。最終話もいろいろありました。キムの一本気なところ結構気に入ったかも。チョッと気になるところで終わっちゃいましたね。FOXではシーズン2は秋からの放送らしいです。
モリーは詐欺に遭って一文無しになってしまっていたことがジョナスにバレちゃいました。モリーはこの状態を乗り切るにはユニットを辞めてシンシアの紹介で警備会社の傭兵に就くことを奨める。そのほうがずっと収入があるし夫の身の危険を案じることがないというのだ。でもジョナスはこのユニットでの仕事に誇りを持っている。“危険と引き換えに養ってきた”このジョナスの言葉は結構重い。普通でさえ世帯を持って家族を養っていくと言うことは男の人にとって生半可なことではない。ジョナスの仕事はまさに危険と引き換えですからね。

ティフィーはマックがユニットの契約更新をしユニットを抜けると言う約束を破ったので離婚し、大佐とその後結婚すると言い出す。でも大佐は別の女性との結婚を決めていた。えっ?どういうお知り合い??とにかくそのお相手の女性はティフィーのこともすべて承知でした。
その後も、このティフィーと大佐の不倫はティフィーの娘リジーも知ることになり彼女を傷つけ、更にキムにもばれてしまう。キムはモリーとティフィーを自分をだましたと言って責める。もう顔も見たくないとカンカンのキム。


今回のユニットの任務はバルカン紛争の戦犯で指名手配中のドラゴヴィッチを逮捕するためにボスニアとセルビアの国境沿いの町へ向かい、仏軍で構成された国連軍に加勢することだった。だがチョッと問題あり。国連軍のルクレール大佐は悪賢い面も持っていて信用できないところもある。そしてドラゴヴィッチも脱出の名人で国連軍は0勝2敗。国連軍との衝突をさけ、手柄はルクレールに譲ってやると言うのが大佐の命令。

ルクレール大佐はドラゴヴィッチに降伏を促すだけだと言っていたので、ユニットメンバーはその指示に従うことに。だが突然国連軍が攻撃を始め、ドラゴヴィッチの妻が弾に当たって亡くなってしまう。マックも流れ弾が当たり足を負傷する。
ジョナスはルクレールを信用して失敗したと言う。ユニットメンバーでドラゴヴィッチならこの後どうするかを推測しドラゴヴィッチ拘束の罠を仕掛け、見事に拘束するのだが身柄はルクレール大佐の国連軍に託す。

帰国したユニットメンバー達は大佐の結婚披露パティーに出席の準備。マックもティフィーの誕生日に間に合うように帰国したと言うのに、ティフィーは不機嫌。どうやらティフィーはマックに届いた書類をきちんと最後まで読んでいなかったのだ。マックはティフィーの希望通りユニットを抜けるつもりでいたのだ。ティフィーはコロッと態度を変えてマックにハグ。なんなのよ~。大佐にも捨てられたしもうマックに向き合うしかないってか?ひどいよなティフィー。おまけに“キムに転勤になったから離婚は取りやめよ”なんて軽く言うんですからね。キムが“どうぞご勝手に”って言うのも納得。
怒っているキムやすべて知っている大佐の妻。ティフィーはもうすべて話すしかないかと思ったのかベラベラしゃべり始めたが、それってマックをとっても傷つけるだろうし大佐も闇に葬られるだろうし、ここは大人なキムに変身しちゃいました。なんだかキムってストレートで好きだわ。ってな具合でパーティーは楽しく進行していたのだが、ルクレールの元から脱出したドラゴヴィッチが会場に乱入。会場は銃撃戦に。
チョッと驚いたのが結婚披露宴の席でもユニットメンバー達は銃を携帯しているんですね。やっぱり仕事柄こんなことも想定しているのだろうか。杖をついていたマックもしっかり銃を持って反撃していましたしね。敵を倒し妻達は無事だったようだがジョナスが撃たれている。ジョナスはこれを機にモリーの話に乗るのだろうか?そしてマックはユニットチームを抜けても出演あるのかな?気になるところで終わってしまった。

ところでひとつ不思議に思ったのが、ティフィーと大佐のあのツーショット写真。あれってポラロイド写真ですよね。誰かに撮ってもらったわけ?ポラロイド写真機にもタイマーセットの機能が付いているのがあるのかしら?それに何の目的で撮ったわけなんでしょうか??
マックとはこれからもやっていくつもりのティフィーですが、娘のリジーも知ってしまったしマックの耳に入らないで済むのかしら?リジーだってママを軽蔑するだろうし、マックもそれに気がつくだろうしね。
とにかく秋までおあずけ。
コメント
この記事へのコメント
りり・かさん、こんにちは。
ユニット、S1お疲れ様でした~。
FOXでは半年後に放送なのですね。WOWOWのS3は、
放映はするそうですが、いつかは未定なんですよ。
気になるんですけど…。

大佐の奥さん、わたしもどこから出てきたの?と、
かなりびっくりでした。もともとの知り合いだったのかしら。
その辺はよくわからないのですが、結婚してすぐに、
あの銃撃戦。ユニットの妻は大変ですよね。
そして大佐とティフィーの写真の謎、わたしは考えもしませんでした。
言われてみればどうなんだろう?高校生とかみたいに、
手を伸ばして自分たちで撮ったようには見えなかったけど…。
S2も楽しみですね。秋にはPBも始まるかもしれないし、
まだまだ先だけど、楽しみに待ちたいです。
TBさせていただきます。
2008/04/16(Wed) 12:05 | URL  | Anne #s9q1IrwY[ 編集]
Anneさん、こんにちは!
AnneさんのおかげでS1をとっても楽しく観ることができました。ありがとうございました。
秋にはS2が始まるようです。WOWOWは次はS3ですか。速いなぁ。

大佐の奥様って突然でしたよね。お付き合いがあったらなぜにティフィーとあんな関係を続けていたのかしら?不思議???ティフィーも寝耳に水でしたしね。

>大佐とティフィーの写真の謎
謎でしょう??タイマー機能が付いたポラロイド機が存在するのかしら??それともモリーが撮ったとか。(爆)

秋のPB!きゃ~、待ちきれない。マイケルどうしてるかしら?待ち遠しいですね。
TBありがとうございました。
2008/04/16(Wed) 19:52 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
The Unit #13 The Wall Unit: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Dol Sen) ジョナスたちチームは国連軍に協力して、戦犯のドラゴヴィッチ(ヤセン・ペヤニコフ)を 捕える任務につく。どうにかジョナスたちはドラゴヴィッチの捕獲には成功するが、 国連軍のルクレーク(セバスチ...
2008/04/16(Wed) 12:10:41 |  Comedy Show
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。