海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CSI:NY2 第11話「悲しき罠」/Trapped
2008年04月13日 (日) | 編集 |
CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-2CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-2
(2008/06/27)
エディ・ケイヒル: ヒル・ハーパーアンナ・ベルナップ

商品詳細を見る


CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-1CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-1
(2008/05/23)
エディ・ケイヒル: ヒル・ハーパーアンナ・ベルナップ

商品詳細を見る

ローション・レスリングを行う店のストリッパーが大型照明の上で焼け死んでいた事件。ローション・レスリング?そんなのを行う店があるんだとビックリ。さすがNY。
店のマネージャーが犯人?レスリングに参加した客の男が犯人?どいつも怪しげだったけれども・・・・。


もうひとつの事件は、大富豪が自宅パニックルームで死体となって発見された事件。
大富豪のハドソンは過去の弟の事件でPTSDと脅迫障害に苦しんでいて立派なパニックルームで毎夜眠っていた。
現場捜査中にダニーが誤ってボタンを押してしまいパニックルームに死体と一緒に閉じ込められちゃいました。パニックルームは密室。扉の解除は13時間もかかると錠前屋は言う。そこで証拠がダメにならないためようにステラと協力していろんなものを道具にしてダニーが奮闘。さすが科学者ですね。恐れ入りました。
そして犯人がすぐそこにいたのにも驚きでした。犯人だと気づいた物は以外にも携帯の着メロだったなんてなんだか今風ですね。メイドと錠前屋は恋人同士で共犯者だった。ハドソンの遺言書に書かれているメイドに渡る財産が目当てだったとは。

そして久々にダニーに兄のルイからビールでも一緒に飲もうと連絡があったという。金のむしんと会うのを嫌がっていたダニーだが事件が解決しルイに連絡取るのだった。パニックルームでハドソンさんの弟のことを知り、そしてステラの意見が効いたかな?やっぱり家族は大切にしなければと思ったのかな。どんな話しをしたのかな??
そして携帯の着メロが共犯者の決め手となったわけですが、ダニーも彼女からの電話は着メロでしたね。恋人の上司の子どもの誕生パーティに行かなければならないって以前ホークスに話していたけれどもその彼女からなのかな?それとも別の彼女??ダニーの彼女に関する付箋があちこちと。登場でもするのか?

今回のお話はちょっとパニックルームに目が行ってしまったかな。
テーマ:CSIシリーズ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
ダニーさんの身辺
ここのところダニーさんの彼女とか兄のこととかプライベートのことが出てきますね。お話とは関係なくても、これ出てくると気になります(笑)。
ローションレスリングもNYらしいですけど、パニックルームにやっぱり目がいっちゃいました。
ダニーさんが閉じ込められたのでよけいかしら。
でも、凄いですよね、ラボじゃなくても証拠をつかんじゃうんですから。ダニーさん撃たれちゃうかとヒヤリとさせられましたね。
2008/07/05(Sat) 16:36 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
ダニーのプライベートチラチラ出てきますよね。関係ないようなところで出すんだものやっぱり何かあるのかと期待してしまいますよね。でも私は、CSIと言うドラマではあまり恋愛モードは見たくないんです。最初っから恋愛ドラマとわかっているものは全然平気なんですけれどもね。だからなんだか複雑な気分です。

>ダニーさんが閉じ込められたのでよけいかしら。
これが、ホークスならまた違っていたでしょうね。凄く才能発揮しそうです。やっぱりダニーは女性に心配と思わせる対象なんでしょうかね。(笑)
でも、お話はなかなか面白かったですね。

お返事遅くなってしまってすみませんでした。お返事書き途中にエラーが始まってしまい、コメントもどこかへ飛んでしまい、その後管理画面もメチャクチャでやっと落ち着いたみたいです。今回のエラーは土日だったためか長かったです。
2008/07/07(Mon) 18:26 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。