海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ユニット 第12話「死へのカウントダウン」/Morale,welface and Recreation
2008年04月09日 (水) | 編集 |
Unit: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Dol Sen)Unit: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Dol Sen)
(2006/09/19)
Dennis HaysbertScott Foley

商品詳細を見る


ジョナス、ヘクター、グレイは爆弾処理の相談役に、そしてボブは前回の件で奥様孝行かと思ったら・・・・・。そしてマックはいないじゃないですか。あと1話しか残っていないのにマックの姿がないのは寂しいです。(涙)
アトランタの銀行に爆弾が仕掛けられた。銀行の管轄はFBIなのでユニットチームは相談役として出向いた。しかしその爆弾は核爆弾の可能性が出てきたことでユニットチームの指揮下に移る。

避難すれば爆破をするという脅迫文も残されていた。おまけに500万ドルを要求する文書も残されていた。ビル内には650人の人がいる。ジョナスは爆弾の解除と避難を同時に行う。避難と言っても犯人に見られないようにビルの壁をぶち抜いて隣のショッピングモールに逃げるというもの。ヘクターは避難用に壁に穴を開ける作業に。
爆弾の方はFBIの爆弾処理エキスパートとグレイで確認作業をするが入り組んでいてなかなかなかの様子が分からない。グレイの判断は解除不能。核爆弾ではないと早くから気づいていたが、それを言ってしまうと管轄がFBIに戻ってしまい、彼らは解除をしようとするので黙っていたらしい。
グレイは犯人の目的は金を確実に奪うこと。そのために核爆弾に見えるように偽装したと言うのだ。
核爆弾ではなく解除不能の仕組みということでユニットチーム達も非難。そしてあとの処理は遠隔操作でするようにとFBIに引き継いでビルを出ようとしたら爆破が起こった。FBIの爆弾処理エキスパートが犠牲に。

そしてなかなか進展しない状況から銀行の会長は金を払って解除方法を犯人に聞くと言って勝手な行動を取り悲惨な最期を迎えることになる。

ジョナスは全員が死亡した時にまで備えていたし、いつも本当に命がけで任務をこなしているというのがヒシヒシと伝わってきた。今回は犯人は大金を手に入れ被害者も出てしまった。ジョナスは、グレイとヘクターに来る核爆弾の処理について勉強しておけと厳しい表情で言う。



ボブは娘を母親に預けてメキシコにキムとふたりで夫婦の絆を深めに旅行にやってきたのかと思ったら、なんとこれ任務だったのです。キムには事前に知らせていなかったので来てから気づいたキムはおかんむり。空軍研究所から盗まれた機密情報を中国に漏らしている容疑者夫婦の隣に部屋を借りて取引現場を押さえて逮捕するのがボブの任務だというのだ。
バカンス気分だったキムなのにいきなりそんなこと言われたら一気に冷めちゃう。行く前から言って欲しかったかも。でも最初っから言っていたらキムは来たかな?
とにかく上からボブへの命令だからと一歩も引かないボブにキムは怒りを抑えて容疑者夫婦に近づくことに。容疑者の妻から夫の情報を探るように向かわせたボブだが、キムの体を考えると見ているだけでとってもヒヤヒヤした。
キムの協力もあり容疑者を逮捕してボブの任務は終了だったのだが、容疑者の妻は本当に無関係だったのか?キムは母親の入れ知恵で彼女は知らぬふりをしているだけかもというのだが、ボブの任務は容疑者逮捕だったので妻まで追及しないってことなんだろうけれどもキムにとっては釈然としないものが残った。こんな風にユニットの妻まで巻き込んでの任務もあるんですね。ちょっとビックリでしたが、キムは頑張っていたよね。ボブは一生懸命頑張ってくれたキムに本当のリフレッシュをプレゼントしないといけないですね。だってキムは軍人の妻って言ったって素人ですからね。キムよく頑張りました。そしてキムにとっては夫の仕事がどれだけ危険なものかをさらに理解するいい勉強になったかも。ボブのことも大切にしてねキム。っとこう考えるとある意味で夫婦の絆が深まったかな。まあとりあえずほんとにリフレッシュは必要だよね。
ところでマックは何してるんでしょうかね?彼こそほんとにリフレッシュ中なのかな?それともまた単独任務中かな?
コメント
この記事へのコメント
りり・かさん、こんにちは。
今回はあちらもこちらも、判然としない終わり方でした。
FBIエージェントは結局爆弾の解体ができずなくなりましたが、
WOWOWのHPには、なぜそう言うことが起きたのかが、
書いてあり、納得しました。ジョナスたちの受けた任務は、
被害者なしに安全に避難する(させる)ことだったのですが、
FBIの受けた任務は爆弾の除去と犯人の逮捕だったため、
避難するのは命令違反になってしまうということでした。
お互いに自分たちの任務にプライドを持って、
服務していたと言うことですね。彼らが生きて帰れなかったのは、
とても残念なことですけれど…。
TBさせていただきます。
2008/04/10(Thu) 08:20 | URL  | Anne #s9q1IrwY[ 編集]
Anneさん、こんにちは!
しかしWOWOWとFOXってことごとくタイトルが違っていましたね。まあそれなりに意味は分かりますけれどもね。なんだか面白いです。

今回のお話、ユニットとFBIはそれぞれ自分達の仕事をしただけなのですが、犯人はもしかして軍やFBIなどの特殊機関の者なんではないでしょうかね。爆弾のことやいろいろ考えるとそんな気が。ジョナスの核爆弾の解除に備えておけという言葉はずしんと来ました。
TBありがとうございました。
2008/04/10(Thu) 22:40 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
The Unit #12 Morale, Welfare and Recreation Unit: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Dol Sen) ジョナスはチャーリーとヘクターを連れて、アトランタにある銀行に仕掛けられた、 爆弾処理のためにチームで出かけていく。FBIの爆弾処理班と一緒に同行し、 チャーリーは
2008/04/10(Thu) 12:47:28 |  Comedy Show
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。