海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CSI:NY2 第9話「シークレット・ドール」/City of the Dolls
2008年03月17日 (月) | 編集 |
CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-2CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-2
(2008/06/27)
エディ・ケイヒル: ヒル・ハーパーアンナ・ベルナップ

商品詳細を見る


CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-1CSI:NY2 コンプリートDVD BOX-1
(2008/05/23)
エディ・ケイヒル: ヒル・ハーパーアンナ・ベルナップ

商品詳細を見る


雪が降るニューヨーク。ロマンチックなんてほど遠く人形病院で起きた事件と見晴らしのいいマンションの一室で起きた事件でした。何でこうなっちゃうのかなぁ・・・・・。
ニューヨークプレミア人形病院で男が死んでいるのが発見された。人形だらけでなんだが不気味な感じ。人形に囲まれ指の付け根をザックリ切られて死んでいたのは病院のオーナー。現場の状況から強盗ではないと判断するマック。死んでも放さなかった人形シークレット・ソフィーをラボへ持ち帰り調べることに。
オーナーは子供達が安心して壊れた人形を預けられるように病院システムのような手続きを取っていた。店の女性もナースのような服装。それがなんだか逆に変な趣味のように見えてしまう。子供達には受けが好かったのかな?
オーナーの女性関係のもつれか?それとも乱暴な取り扱いをする宅配業者とのいざこざが原因か?

宅配業者の担当の女性に話を聞くマック。担当の女性は人形病院の閉店後に荷物を届けて、ちょっと言い争いはしたがすぐに裏口から出て帰ったと言い、オーナーが死んだことを驚いていた。

リンジーとダニーはシークレット・ソフィーをくまなく調べたが壊れたボイスレコーダー以外収穫なし。マックは現場に落ちていた粉々の人形の破片を繋ぎ合わせ、凶器が人形の手だと断定する。

リンジーとダニーは人形の持ち主である少女アビーの母親から話を聞く。母親は高校の美術の先生。母親はソフィーがおしゃべりしなくなったと娘が言うのでで修理に出したという。

ラボに戻って人形の分析を進めたリンジーは、内緒話を録音・再生できることを見つける。そしてそこに残されていたメッセージは誰かの秘密の情事を見てしまった内容だった。そして録音した本人に確かめるリンジーだったがなかなか手ごわい。話してくれなのだ。だから証拠から攻めるしかない。ダニーは凶器の指紋の付着物から母親の美術の授業で使われるものであると突き止め話を聞きに行く。話しは用意されていたような内容。だが玄関マットに血痕が付いた人形の目を発見。ラボに持ち帰り調べるリンジー。血痕は被害者のものだと分かるが、マンションの廊下で見つけた人形の目では母親が犯人であるという証拠にはならない。そこで部屋を徹底的に調べることに。ベットは情事の痕跡あり。もうここまでくればソフィーの持ち主アビーが誰と誰の何を見たのか明らか。先生とある生徒の補習授業。

その後、人形病院の侵入経路を見つけ、犯人も断定。ボイスレコーダーにアビーが録音していたのを知らずに修理に出した母親は、人形病院のオーナーから録音の内容を知らせる連絡を受け、禁断の恋がばれるのを恐れ生徒に人形を取り戻しに行かせてこんな結果となってしまった。ダニーが言うように録音は誰と誰のこととは分からない内容。罪の意識?ゆえにはやまったのが命取り。
「彼を愛したのが罪?」と最後に強がる母親だったが、返す言葉が見つからないダニーだった。

最初は人形病院のシステムや店の雰囲気がなんだか変な趣味の臭いプンプンに思え、オーナー側が原因なのかと思えたのだが、いやいや人形を修理に出したお客の趣味が原因の事件であってオーナーは本当にまじめに子供達のことを思って運営していたってことなんですよね。なんだかとってもいたたまれない最後に思えた。


そしてもうひとつの事件・・・・
見晴らし最高のマンションの一室で女性がベットで死んでいるのが発見された。
目だった外傷なし、擦過傷も、銃弾も・・・なし。ベットの脇には薬と水。翌日のスケジュールまでメモってる。ってことで自殺の線は消してもいいかもとステラ。衣類などからウエイトレスと思われるがこんな一等地に住めるを不思議がるホークス。女性の死顔は微笑んでいるように美しい。部屋にはガンに効く健康食品やサプリメントが山ほど置いてあった。

通報した隣人の夫婦から昨日、ローレンの部屋から女性と争うような声がしたと聞く。別の隣人の男はフラッグに部屋が売り出されるのは何時頃になりそうだと、人がひとり死んだというのに平然と聞いてくる。この男がローレンの死に関係あるのか?

検死の結果、女性ローレンは28歳という若さなのに末期の胃がんに侵されて余命わずかであったが、死因は呼吸不全だった。
ステラは現場の様子から彼女は生きるのをあきめ自殺を図ったようにはどうしても思えないという。現場に落ちていたスープカップ、手袋から店と持ち主を割り出す。手袋の持ち主の女性ナンシーは亡くなった女性の同僚のウエイトレスでシフトを代わってもらったのにローレンはその日無断欠勤した。怒ったナンシーは電話で怒鳴ったが、具合が悪かったと知り言い過ぎたと思って店のスープを持って会いに行って口論になったという。これが隣人達が聞いた争う声だったのですね。ローレンはすごく苛立っていて、農薬まみれの野菜、化学物質を多く含む発泡スチロールの容器、ホルモン注射を打たれたチキンを使ったスープは毒だと、殺す気かと突っかかってきたという。
更に検死が進み死因はヒ素中毒だと分かる。そして長期的に口から摂取したと思われる。そこで現場の部屋に戻ってもう一度徹底的に調べることに。そしてヒ素入りティーバッグを発見。そしてバスルームから採取した毛髪から過去7ヶ月にわたってヒ素にじわじわ侵されていったのが分かった。
マンション近辺のドラッグストアで簡単に手に入るティーバッグ。付近ドラッグストアのティーバッグを調べた結果ローレンの部屋にあったものひとつだけにヒ素が含まれていたのがわかり、おまけにあのフラッグに部屋が売りに出されるのは何時頃かと質問してきた隣人の男の店で売られていたものだとわかる。

見晴らし最高の部屋の前の持ち主が、マンション管理組合を無視してお気に入りのウエイトレスに譲ってしまったのがどうやら原因のよう。だが犯人は?
ホークスがまたまた見つけてきました。バイオリンの弦の音色を美しくするために使われる物質に隕石ダストが含まれていること。あのバイオリンを弾く隣人の妊婦の夫だ!犯人だという決め手はローレンの明日の予定メモ。バイオリンを弾く隣人の男“デルにティーバッグの代金を返す”と含まれていたこと、そして彼女は余命3ヶ月の末期ガンだったと一応言っておくと付け加えるステラだった。

こちらも、死と向き合って一生懸命生きようとしていた28歳の女性。あと3ヶ月も生きれたというのにやりきれない。美しい死顔で発見されたのが唯一の救いかもしれない。
テーマ:CSIシリーズ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
人形病院があるなんてNYらしいけれど分解されていて目だけがあったり、ちょっと不気味でした。
グロさだけでも充分なのに(笑)。
この回の前って肺のスライスがあったような(汗)。
末期がんの彼女の事件、奥さんが知り合いだったら話し合いで部屋を譲ってもらえばよかったんじゃない?と思わずにいられなかったですよ。
2008/06/26(Thu) 19:50 | URL  | モリー #HM8Zln4U[ 編集]
モリーさん、こんにちは!
そうそう、出だしはなんだか雪のNYで素敵って思えたのですが、あの人形病院はなんだか不気味でしたよね。ホラー映画なんかにありそうな雰囲気でしたね。(笑)
グロさはさらにUPです。モリーさん頑張って下さいませ。私がどうしようもなくグロイっと思えたお話はもうすぐですよ。(笑)

眺めがよいお部屋の取り合いは、やりきれなかったですよね。彼女があの部屋に簡単に入居出来たのが気に入らなかった気持ちもあったのでしょうかね。それにしても話し合いできますよね。
2008/06/27(Fri) 19:17 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。