海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ユニット 第8話「特別訓練」/SERE
2008年03月12日 (水) | 編集 |
Unit: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Dol Sen)Unit: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Dol Sen)
(2006/09/19)
Dennis HaysbertScott Foley

商品詳細を見る


ジョナスチームはシーレ教練所の訓練に向かった。その訓練というのは・・・・・。
シーレは捕虜となった場合の訓練を行う場所で、今回は看守役ということだったので風邪をひいて体調の悪いボブも看守役なら何とかなるということで参加することになる。しかし実際は捕虜役として訓練を受けることになっていたと門をくぐって初めて知ったジョナスチームだった。そこにはシーレの新所長としてロンがいた。

ジョナス達は建物の1室に入れられる。こんな状況下になった場合を想定してどう行動するかは決まっているようで、監視カメラを見つけたチームナンバー2のマックはすぐさまカメラに向かって歌を歌いだす。そしてマックの陰でジョナスがみんなに指示を出す。わ~すごい!っと思ったのだがそんな彼らでさえ人格破壊を招きそうな厳しい訓練だった。


チームみんなで体調の悪いボブを守るのだが、相手はそのボブを利用して落とそうとする。ボブの体調は悪化し体温39.5度という高熱。意識もうろう。医者に見せるために訓練から抜ける書類へのサインと見せかけ、書類をすり替え“敵に協力する”という書類にサインさせた。おまけにこの書類を楯にユニットから追放させるなんていう。国防総省から改革に来たというあの医者の女性ってどうみても楽しんでやっているようにしか見えない。あの嬉しそうな勝ち誇ったような顔。ロンや大佐でさえ辛そうな顔を見せる時だって楽しそうな顔なんだもの。人間の心を持つものには思えない。

ボブの体調は更に悪化。大佐が中止するように言っても止めようとしない。ロンはジョナスに賭けてみた。何とかボブを救うために手を貸すように勧めもう一歩のところだったが・・・。

その頃、マックたちは少しずつ集めたもの、ボブからマックに手渡された弾倉などを利用して武器を造る。仲間達からボブは裏切り者なのかと疑いをかけられ高熱で意識もうろうするボブはボブなりに必死に抵抗している。そんなボブを最後まで信じていたのがマックだったのかな。
看守役を殴り倒してマックたちを助けに来たボブ。疑う仲間に向かってまず「私はアメリカの戦士だ」と言うボブ。
檻の柵を焼ききって発電機をショートさせ脱出。そしてジョナスを救出。訓練は終了。


基地では
シーレに出発前にボブはキムのお腹の子が男の子だと仲間に発表する。ユニットには男の子が初めて生まれるという。ボブは大喜びだった。洗礼を受けるようにみんなに勧められたキムは流産した経験から信仰心を失くしていて、ボブが発表したので周りからいろいろ言われあまりいい気分ではなかった。それに加え娘のセリーナまでパパが無事帰ってきますようにとお祈りを捧げていた。セリーナはマックとティフィーの娘達の影響を受けて祈っていたのだった。信仰心を失くしているキムはティフィーにまで娘セリーナに影響を与えないでと文句を言いに行く。


訓練が終わってボブは入院。知らせを聞いて駆けつけたキムは来る途中ずっと祈っていたとボブに話すのだった。まだ信仰心が残っていたわと。

大佐はキムに“度が過ぎた”ととだけ報告したが、訓練とはいえ夫がどんな状況に置かれていたかをキムが知ることがあったらどんな説明をするつもりなのだろうか。ロンとジョナスの関係もなんだか微妙な感じになるのだろうか?
みんなすごい精神力だったが、やはり体調不良のボブの「私はアメリカの戦士だ」の言葉がすごく印象的だった。
ボブが仲間を殴るように言われてボスであるジョナスだけを殴ったのは、あれもボブなりに敵を欺くためだったのだろうか。最初の役割分担でボブは戦士役と言っていたので、敵に回ったかのように見せかけ何か行動しようとしていたってことなんだろうか。だから“OK”のサインを送っていたんだよね。ジョナスは意識もうろうとしたボブが寝返ってしまったと思ったみたいだけれども。弾倉をマックに渡すことが出来なかったらマックも疑ったのかな?
外野で見ていた私には意識もうろうとする中で必死に戦っていたボブの精神力の強さに敬意を表したい気持ちでいっぱいだった。だからこそ病院のベットでキムの声に目を覚ましたボブは子供のように愛らしく映った。キム、あなたの夫はすごい人だよ。




PS.マック役のマックス・マーティーニさんの他の出演作品には「24」「CSI科学捜査班」「CSI:マイアミ」「FBI失踪者を追え!」などなどがありますが、私はこの作品のマック役が一番素敵に見えますです。「CSI:マイアミ」のホレイショの弟レイモンドを撃った男(実は麻薬潜入捜査官)の役もなかなか印象的でした。役が違えば表情も違う。さすが俳優さんですね。
コメント
この記事へのコメント
りり・かさん、こんにちは。
このエピ、見てるだけで息が苦しくなるほど、
すごいきつい特訓でしたよね。こういうことの積み重ねが、
土壇場で生きてくるのだと思いますが、兵士の人たちって、
本当にすごいなと感心してしまいます。
あとでTBさせていただきますね。
2008/03/13(Thu) 08:41 | URL  | Anne #s9q1IrwY[ 編集]
Anneさん、こんにちは!
すごいチームワークだとしょっぱなから感心しましたが、やっぱり人間性を破壊しかねないような状況下に置かれると疑う気持ちも出てきたりと外野で見ていてもとってもきつかったです。高熱のボブの精神力の強さに感服しました。
こんな厳しい訓練を受けても実際には裏方としてその活躍さえ極秘になるなんて。給料だけでも高給なら納得ですが、国への忠誠心からとはいえみんなもう尊敬ものです。今一番気に入って見ているかもです。
TBありがとうございました。
2008/03/13(Thu) 23:49 | URL  | りり・か #wHhvrTWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
The Unit #8 SERE Unit: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Dol Sen) ジョナスたちのチームは、ユニットメンバーが捕虜となった場合の拷問に対する訓練に、 看守の役割として参加するように言われて教練所に向かうが、実際に教練所につくと、 自分たちが拷問に対する訓練を受...
2008/03/13(Thu) 12:08:36 |  Comedy Show
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。