海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラスベガス 第9話「美人姉妹の悪巧み?」/Year of the Tiger
2008年02月02日 (土) | 編集 |
今日サムが招いた顧客は中国人の大富豪ザオとその2人の娘。あら!ザオって「クローザー」の・・・・じゃないですか!ちょっと老けた役でしたが声で気がついちゃった。
マイクは自分が手配したストリップ・バスに危うくひかれそうになった女性を助けてヒーローに。でもその助けた女性は首を痛めて仕事が出来ないとマイクを訴える。その女性の目的はモンテシートを訴えて金儲け。マイクについたのは頼りにならない弁護士でマイクは本気で仕事を辞めようとまで考えちゃったり。でもでもエドが手を回し無事に解決。儲かってるんだったらもっとましなお抱え弁護士でも雇えばいいのに。

そしてサムが招いた中国人の大富豪のザオ。娘達とあまり会えないというので一緒に招いたとか。これが大騒動の元。
このザオ役が「クローザー」のIT担当のタオ(マイケル・ポール・チャン)ではないですか!クローザーのほうが若造りなのかこっちのドラマでは大きな娘を二人も持つ大富豪の老けた父親役でした。この娘達がザオ曰く悪魔みたいでもう大変。ダニーも誘惑に負けずに頑張っていますがね??
ダニーはこの父娘をペントハウスまでご案内しようとしていたらザオが何者かによって襲撃されてしまう。ダニーの反撃で何とか切り抜ける。しかし襲撃犯人を突き止めようとしたダニーは中国人の知人を頼って探り始めるが、逆に中国人達に取り囲まれてボコボコにされ拘束されてしまう。
エドは知らせを受けてダニーを救出に向かう。どうやらダニーを拘束した中国人はエドの知り合いだったようでダニーを無事救出。
とにかくいろいろ調べたら父親の財産を狙ったふたりの娘の犯行だった。なんて娘達なんでしょうかね。タオいやザオ無事でよかったね。

そして、マリーは集団結婚式の準備で大変。カップル達もいろいろやってくれますし、も~はちゃめちゃ。でもなんとか結婚式は無事行われハッピーエンド。

ま~、今日のモンテシートもほんとにいろいろありすぎて大変大変でした。ストリップ・バスがあったり集団結婚式だのラスベガスならではのお話でしょうね。(笑)

とにかくお話はラスベガスらしく派手に進んでおりますが、クローサーのタオの登場に、レギュラー陣のネッサってそう言えば「LOST」のヘリから島に落ちてきたナオミ、サムって私の大好き映画「ザ・ロック」のグッドスピードの恋人カーラだったりとエド役のジェームズ・カーンやダニー役のジョシュ・デュアメルに加え見所ありの俳優陣の登場でお話よりも俳優陣を楽しめるドラマかも?まあこのあともどんどんビックなゲストの登場ありらしいし気楽に楽しむことにしましょ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。