FC2ブログ
地面に半分ほど埋まった状態の宇宙船のようなカプセルが見つかった。中には双子の兄弟の遺体があった。墓堀人と呼ばれる連続誘拐犯の犯行で、6回の犯行うち4件は身代金を払って助かっており払わなかったうちの1件だった。払わなかったら埋めた場所は謎のままだったのだが、今回発見されたことで犯人特定の手がかりが得られるのではないかと期待を持ち鑑定に挑むブレナンたちであった。

犯人の手口、拉致現場などが次々に分かりかけてきた矢先に、同じ手口でブレナンとホッジンズが拉致されてしまった。そして車ごと地中に埋められブースに脅迫電話がかかってきた。

スタンガンで意識を失っていたブレナンは車の中で意識を取り戻しホッジンズと協力して何とか生き延びるのだが、犯人は今回はどうやってそこまで調べて犯行に及んだのかと思えるのだが、ホッジンズが大企業の相続人だと言うことまで知って大金を要求してきた。しかし、会社は生存の証拠がなければ身代金を払わない方針で身代金が払われないことになる。
こうなれば時間内に救い出すしかないわけだが、閉じ込められた車の中でもふたりは必死で携帯とラジオを使って6秒という時間で8文字のメッセージを送った。ブースたちがそれを受け取って助けに来てくれるのを待つだけではなく酸素を作ったり、スペアタイヤの空気を吸ったり、最後にはエアバックを使って一か八かの脱出まで試みる。
車の中という不幸中の幸いだったにせよこれはブレナンとホッジンズだったからいろいろ考えることが出来たであろうし、一般人だったらきっと間に合わなかったであろう。
ラボでもホッジンズの送った短いメッセージを必死で解読。原子番号だとザックなら気づいてくれると信頼する仲間へ向けたこれも一か八かの短いメッセージ。
酸素はもうない。みんなの必死振りが伝わりとってもハラハラした。

救出後、ブレナンは神を信じる気になったのかブースと教会に。ホッジンズは死ぬほど怖い思いをしたけれどもアンジェラの愛はGETできたのかな。
今回ホッジンズは本気でアンジェラのことを想っていたこと、そしてブレナンのこともとっても尊敬しているんだと分かりました。最後はアンジェラに宛てた手紙みたいですが、ブレナンは誰宛だったのかな?お兄さんかな?それともブース?
犯人は分からないままだが、あの誘拐犯の専門家ってなんだか怪しいなぁ。今後この犯人を捕まえるエピソードがでてくるのだろうか?

コメント

NoTitle

ブレナンはきっとお兄さんに書いたのでしょうね。ブースには言わなくても判るかな。
ブースの「誰一人欠けても助からなかった」という言葉が本当に心に響いて、良いチームになったな~と思いました。
CSIの5シーズンも「生き埋め」でしたけど、こちらは2人だし自分たちでがんばる余地が多くて頼もしかったですね。

ホッジよかったですね。

josetangelさん、こんにちは!
>ブレナンはきっとお兄さんに書いた
やっぱりそうですよね。あれだけ信頼しあっている相棒なら手紙なんて必要ないですね。素敵な関係です。

>ブースの「誰一人欠けても助からなかった」という言葉
本当にそうでしたよね。緊迫した連携暗号解読。車内のふたり。とってもよかったです。

CSIは2話にわたってニック救出作戦でハラハラでしたが、&エイリアスもシドニーが棺に生き埋めでしたがこちらはふたりで車内ってのが不幸中の幸いでしたが、車内での頑張りようがとっても頼もしかったですね。
TBありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック

BONES 2-9 「届かぬ地中の叫び」

多分、これまでで最高のエピソード。ということを何度も言っているような気がしますが(笑)、「だからこのドラマを見ている」というエピソードですね。BONESは犯罪捜査(だけじゃないですが)のドラマなのに、泣かせてくれます。それはなぜなのか?まず頭に浮かぶのは「

プロフィール

あまざけ

Author:あまざけ
好きなものは海外ドラマと洋楽と旅

趣旨を変えてブログ再開。でもやっぱり海外ドラマ大好きという根本は変わらない!!

amazon

カテゴリー

ブログ内検索

関東地方雨の様子

eiga.com