海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画:ミュンヘン/Munich
2007年11月28日 (水) | 編集 |
ミュンヘン スペシャル・エディションミュンヘン スペシャル・エディション
(2006/08/18)
エリック・バナ

商品詳細を見る


監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ハンス・ジジュラー、キアラン・ハインズ、マチュー・カンヴィッツ他

1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に起きたパレスチナ武装集団によるイスラエル代表選手襲撃事件に関与した者を暗殺する目的のため結成されたイスラエルの暗殺チームを中心に描いたもの。

リーダーを言い渡されたアヴナー(エリック・バナ)は、あまり顔が知れていない普通の男だった。彼は身重の妻を残し他の4人と合流し、任務を遂行していく。
任務を遂行、そして仲間が殺害と、次第にアヴナーの気持ちは変化していく。こんなことをしてもまた次には更に強い後継者が現れるだけだとアヴナーが言った言葉がすごく重い。
武力には武力で制すしかないのか。平和的解決はなかったのか。アブナーは任務終了後、家族の元へ戻るのだが自責の念にかられ苦しみから逃れることができない。妻はそんなアヴナーを受け入れ愛してるとつぶやく。どれだけの愛を注げば彼の苦しみを取り除くことが出来るというのか。
オリンピック代表選手を襲撃するということは衝撃の事件なのだが、この作品はアブナーの苦悩する姿がすごく伝わってくるものだった。
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。