海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CSIマイアミ3 第19話「モンスターの復讐」/Sex&Taxes
2007年11月21日 (水) | 編集 |
あれあれ?今日のウルフ君どうしちゃった?
ヨットで男が射殺された。ヨットの持ち主は盗まれると思って撃ったと、また彼が銃を向けて撃ってきたとも供述。さらに男が税務官だったとは知らなかったという。脚を撃たれたと傷まで見せる。でも相手の銃は見当たらない。嘘だらけの男はとりあえず拘束。その間、デルコが潜って銃を探す。っでデルコが見つけたのは銃ではなく合鍵マシーンだった。ウルフはその証拠をデルコを待たず大急ぎで、まるで自分の手柄のようにホレイショに届ける。でもって一気に事件解決。どうしたウルフ?先輩デルコに失礼じゃないか。
あっという間に事件解決なんて思っていたら、またもや税務官が射殺されたと連絡が入る。
現場に向かったホレイショ、カリー、ウルフ。現場に残っていたタイヤ痕から犯人が使用したと思われる車を割り出せるってことでカリーはデルコの専門だから彼に聞くようにウルフに勧める。しかし、今日のウルフはどうしたことかデルコに聞こうとせず、ひとりでお手柄上げようと思っているようにさえ思えた。カリーの勧めに「デルコね~」なんて嫌そうにつぶやいていました。ラボに戻ってひとりで四苦八苦してお調べ。そこへデルコがやってきてさっさと車種を言い挙げちゃいました。忙しいだろうと思って自分でやってますってなこと言うウルフ。
まったくどうしたんだろうウルフ?急に出世欲でもでたのか?それとも反抗期か?デルコは先輩だぞ。
その後、税務官は毒物を盛られていたと言うことが分かったので事務所の物を押収して調べることになる。するとデスク上のあらゆるものに殺虫剤が塗られていたことが判明し、その税務官が担当していた園芸業者が浮かんできた。
持ち帰ったシュレッダーの中身は、ウルフが今度は「暇だろうっと」なんて言ってデルコに渡す。デルコは「ゴミ当番?」なんてちょっぴり皮肉を言うがちゃんと引き受けしっかり小切手を発見。

財産を差し押さえられた園芸業者を取り調べ、税務官を撃ったのは息子かと思ったが、いやいやビックリ弟の方の犯行でした。被害者の税務官にとっては銃を向ける“ちびモンスター”に見えたかもしれませんが、小さな彼には税務官がすべてを奪うモンスターのように見えたのでしょうね。私にはこの場合はモンスターは税務官に思えました。
国税局が妻の死亡保険金を二桁多く記載、ミスを認めない国税局。その上、上司の女が納付された小切手をシュレッダーにかけて処分していたりと、この少年がこんなことをしてしまったのも国税局側にも責任ありと子供たちも酌量され、財産も戻った。

事件は解決したけれども今日のウルフの態度がとっても気になってしまった。その態度はカリーからも“また出し抜くつもり”なんて言われるし、ラボからも反感をかっていた。スピードルが亡くなってCSIに志願して来た時のウルフは自信家でなんだか嫌な奴に見えたが、その後こつこと頑張ってる姿が見れたので見直していたのに今日はいったいどうしたんだろうか?デルコに対してライバル心を抱き始めたのか?デルコはスピードルがいた頃は、弟分のようで可愛かったが最近はしっかり先輩の姿になりつつあるなぁって思っていたところ。そんなデルコをライバルに思い、出し抜き昇進を狙っていたのかな?でも、今日でもうデルコにはかなわないっと思ったかな?それとも今後もチームワークを乱してまで頑張っちゃうのかしら?とにかく今日のウルフはとっても変でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。