海外ドラマ,映画,洋楽が好き。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BONES2 第7話「幼きクイーンの悲劇」
2007年11月20日 (火) | 編集 |
BONES-骨は語る- シーズン2 DVDコレクターズBOX 1BONES-骨は語る- シーズン2 DVDコレクターズBOX 1
(2008/09/17)
エミリー・デシャネルデイビッド・ボレアナズ

商品詳細を見る


今回のお話は浄水場で少女の遺体が見つかった事件でした。そしてあのジョンベネちゃん事件が頭に浮かんでしまった。
腐敗は進んでいたが鑑定の結果、髪は脱色し顔はお化粧をしており、抜けた乳歯の代わりに義歯がそしてラミネートが施されていており、失踪者検索をかけるとコンテスト中に失踪した美少女コンテストの女王、ブリアナ・スワンソン9歳と判明。

さっそく母親から事情を聞くと、別居中の夫が怪しいと、そして検査が進みやはり父親が怪しい存在として浮上。しかし父親から事情を聞くと娘が普通の娘でいて欲しかったと言い、愛する娘を取り戻すために殺害してしまうような人物には思えない。

更に、ブリアナはコルセットをし大人のようにくびれたウエストを作っていたり、2年以上のカロリー制限を受けていたり、また医師の処方なしにいろいろな薬を飲んでいたことが分かってきた。これが美少女の実態なのか?

ダンス教室の先生、そして生徒達から話を聞き怪しい青年が浮かぶが彼も白。他にも疑わしき母親まで出てくるがこちらも白。結局ブリアナを蹴った角度からおしりの骨、胸腰部が湾曲した側湾症のおしりの持ち主が犯人ということがわかった。
ブースがちょうど取調べ中のライバルの母親を触診しろってまじめに電話するブレナンが可笑しかった。そんなことブースが出来るわけないでしょう。まあすぐに録画映像からブレナンが診断することになりましたがね。(笑)

ホッジンズの調べて蹴ったのはタップシューズを履いていた人物と言うことが分かり、至急大会参加者を調べに向かったブレナンとブース。ブレナンにっとっては骨なのかもしれないがいきなり少女達のおしりを触って調べだしたから、騒ぎになり警備員に止められちゃったブレナンでした。も~、相変わらずのブレナンに笑ってしまった。そしてコンテストを見て犯人見つけてしまったブレナンでした。
犯人はブリアナと同じコンテスト出場の少女。彼女はブリアナに醜いと侮辱されブリアナを蹴り、その勢いで彼女が倒れあごの骨を強打し亡くなってしまった。殺意はなく事故だったわけだが大会が始まってしまったので死体を隠してそのままにしてしまったと言うことらしい。彼女は大会で勝ちたかったと泣き崩れていたが、なんだかまだまだほんの子供だというのに美を勝ち取るための影の部分が恐ろしかった。表面の美だけの評価の美少女コンテストって本当の美しさといえるのだろうか?子供は子供らしい可愛さが一番に思えるのだが・・・。だって子供でいられるのは子供時代しかないんだよ。嫌でも歳を重ねていくんだから。でも、母親も美少女コンテストの輝かしき時を過ごしたとしたら、娘にもって思うものなのな?
美少女コンテストっと聞いてあのジョンベネちゃん事件を思い出してしまったのですが、ドラマの中のお話といえども被害者が蹴られた骨の角度から犯人を割り出すなんてやはり技術の進歩なんでしょうか。

そして研究所メンバーの間では、アンジェラとホッジンズに恋の発展があるのかと思ったのですが、どうやらアンジェラは同僚との恋は避けたいようでちょっぴりかわいそうなホッジンズでしたが、その方が仕事はしやすいかな。一度デートしたら以後やりにくいって一番理解したのはブースのほうだったのかな。(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
※管理者の判断により不適切と思えるコメント・TBは削除させいただくことがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。